NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

いま天心を語る 東京藝術大学創立120周年 岡倉天心展記念シンポジウム

 本書は、東京藝術大学創立120周年(2007)に、3回にわたって行なわれた岡倉天心展記念シンポジウムを全収録しました。天心がいまに残した多くの遺産に、各界の豪華メンバーが多角的、多元的に切りこんだ渾身の書です。
 3部構成の第1部は、「ルーツはみんな岡倉天心―日本美術院、美術院、東京国立博物館そして東京芸術大学」。天心の日本画、保存修復、博物館、美術教育における活動を、高階秀爾、故平山郁夫、西川杏太郎、金子啓明、宮田亮平、山根基世ら、各界のトップがその意義といまを語っています。
 第2部は「フェノロサ・天心・東京美術学校」。本学の創立期にフォーカスし、日本の高等美術教育の方向を決定づけた東京美術学校の理念、教育方法、カリキュラムについて、山口静一、上野浩道が論じています。
 第3部は「もう一つのアジア―天心の愛と友情のかなた」。インド、中国、アメリカを舞台に国際的に活動した天心の思想と人間交流に、ルストム・バルーチャ、中村愿、小泉晋弥、清水恵美子、内野儀が鋭く切りこんでいます。
 天心の世界観、アジア観について、多くの新たな知見が示された刺激的な討論となっています。近10余年に数多く行なわれてきた天心論の中でも、確実に今後の布石となるべき注目の書となっています。 

編者:「岡倉天心―芸術教育の歩み―」展実行委員会
定価:本体2,700 円+税
ISBN:978-4-904049-16-7 C3070
発行:2010年3月12日

オンライン書店で購入: amazon.co.jp
お問い合わせ:東京藝術大学出版会 TEL:050-5525-2026