NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

応挙・呉春・蘆雪 円山・四条派の画家たち

oukyo 本書は、東京藝術大学名誉教授、故山川武先生の研究著作から先生の中心的研究テーマであった円山四条派に関する論考、とくに円山応挙、呉春、長沢蘆雪の三人の画家についての論考を再編集したものです。
 山川先生は、日本美術史、とりわけ近世絵画史の専門家としてすぐれた業績をのこされました。円山四条派の研究のほかにも、琳派や南画に関する研究でも美術史のメインストリームを形成する重要な仕事をのこされたことは周知のとおりです。この度、東京藝術大学出版会から先生の論集を刊行するにあたって、あえて円山四条派に関する論考に絞って一書としたのは、先生の美術史研究が蘆雪にはじまったこと、生涯を通じてこの分野に特別の関心をもっておられたこと、そして何よりもここに採録した論文が今なお、後進の研究者たちにとってもっとも基本的な参考文献、いわばメルクマールとしての価値を失わないことなどからです。
 江戸絵画の研究者はもちろん、これから研究をはじめようとしている学生にとって必読の書といえるでしょう。

著者:山川武
編者:古田亮
定価:本体2,400円+税
ISBN:978-4-904049-21-1 C3070
発行:2010年6月18日

オンライン書店で購入: amazon.co.jp
お問い合わせ:東京藝術大学出版会 TEL:050-5525-2026