NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

美術と教育のあいだ

education 美術は本来、人間が人間らしく生きること、人間の生きる社会や生活と密接に結びついています。にもかかわらず、今日美術は美術界の論理に自足し、有用性を追求する教育は美的なものと離れていっているように見えます。「美術と教育のあいだ」をつなぐことで美術と教育それぞれについて根源的に考える、新たな美術教育が求められているのではないでしょうか。東京藝術大学美術教育研究室は、実技制作と理論研究を二つの柱として、人間形成にとって美術がもつ根源的意味や美術教育の今日的可能性について研究を進めています。本書は、本研究室に所属する15人の執筆者が、美術制作者、教育者、理論研究者というそれぞれの立場から、美術と教育の関係をあらためて見つめ直した論文集です。美術制作者が、教育への姿勢や考え方を問うことで自らの美術観を彫琢し、理論研究者は美術制作の現場を理解することで美術そのものの質を深く見つめ直すという相互作用が生まれます。こうした往還運動から、美術と教育とが一体となった教育現実の実際を創り出し、新たな美術教育のあり方を追究しようとしたものです。

編者:東京藝術大学美術教育研究室
定価:本体2,100円+税
ISBN:978-4-904049-26-6 C3070
発行:2011年8月15日

オンライン書店で購入: amazon.co.jp
お問い合わせ:東京藝術大学出版会 TEL:050-5525-2026