NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

作詩法の基本とイタリア・オペラの台本

 イタリア語で書かれた詩、特にペトラルカ、ボッカッチョ、などに代表される伝統的な韻律に基づいて書かれた詩やオペラの台本を正しく解釈するためには韻律の基礎知識を身につけなければなりません。
本書は、
 第1章 音節(LA SILLABA)
 第2章 詩行(IL VERSO)
 第3章 韻律のリズム(I RITMI DELLA METICA)
 第4章アクセントの置き場所(LA COLLOCAZIONE DEGLI ACCENTI)
 第5章 脚韻(LA RIMA)
 第6章 詩節(LE PRINCIPALI STROFE)
において基本的なイタリア語の規則を解説し、
 第7章イタリア古典詩における最も一般的な詩の型(FORME METRICHE PIÙ COMUNI NELLA POESIA CLASSICA)
 第8章 オペラ(OPERA LIRICA)
において具体的に例を挙げて詩の構造を説明し、
 補遺(APPENDICE)
として音楽とオペラに関する一般的な用語解説、詩を読んで練習するためのいくつかのアリア、古典詩やオペラの台本に見られる単語や表現などを記載するという音楽を勉強される方々には親切で丁寧な著書となっています。

著者:エルマンノ・アリエンティ Ermanno Arienti
定価:本体2,000円+税
ISBN:978-4-904049-48-8 C3073
発行:2016年1月25日

オンライン書店で購入: amazon.co.jp
お問い合わせ:東京藝術大学出版会 TEL:050-5525-2026