ピアノ三重奏 of 藝大ミュージックフェスタ公式サイト

ALCロゴ.bmp
東京藝術大学・足立区連携事業 主催:東京藝術大学アートリエゾンセンター / 共催:足立区

第5回 | 東京藝術大学 千住キャンパス


5th geidai music festa

室内楽コンサートシリーズ 各公演詳細情報

全4公演/各公演定員150名
全てのコンサートについて、未就学児不可

11月13日(日) 13:00-

ピアノ三重奏

ゼッパール・トリオ


出演:山田麻実(ヴァイオリン)
    山田幹子(チェロ)
    村田千佳(ピアノ)

プログラム

1. シューベルト ソナタ 作品28

Schubert Sonatensatz D28

2. ハイドン ピアノ三重奏曲 第43番 ハ長調

Haydn Piano Trio No.43 Hob: XV-27 C major

3. マーフィー  火の鳥の翼をください

Kelly-Marie Murphy Give Me Phoenix Wings To Fly

休憩

4. メンデルスゾーン ピアノ三重奏曲 第2番 ハ短調 作品66

Mendelssohn Piano Trio No.2 Op.66 C minor

出演者プロフィール


ゼッパール・トリオ

ゼッパール・トリオゼッパール・トリオ / 写真:榊智明          (Sakaki Tomoaki)
2008年東京芸術大学で出会った3人により結成。2009年には国際ハイドン室内楽コンクールにて審査員特別賞を受賞。オーストリアのアイゼンシュタット、東京・札幌・和歌山など各地でコンサート活動やアウトリーチ活動を展開している。その音楽は生き生きと聴くものを惹き付け、個々の作曲家に真正面から向かう演奏を高く評価されている。ゼッパールとはハイドンの小さい頃の呼び名であり、ハイドンのきらきらした音楽が大好きな3人に、ぴったりなグループ名が付けられた。岡山潔、山崎伸子、松原勝也、河野文昭、ヨハネス・マイスル、アヴォ・クユムジャンの各氏に薫陶を受ける。


山田 麻実(やまだ あさみ) ヴァイオリン

山田 麻実

東京都出身。3歳からヴァイオリンを始める。9歳でソリストオーディションに合格し、N響メンバーを中心とした室内楽団と共演。第58回全日本学生音楽コンクール全国大会高校生の部第1位。第76回日本音楽コンクール第3位、他。室内楽では、2009年 国際シューベルト&現代曲コンクール デュオ部門 ファイナリスト、国際ハイドン室内楽コンクール ピアノ・トリオ部門 特別賞。これまでに日本フィルハーモニー交響楽団、東京フィルハーモニー管弦楽団、神戸室内合奏団、ライプツィヒ弦楽四重奏団、芸大フィルハーモニア、セントラル愛知等と共演。JTや六花亭、ドイツ大使館、鳩山会館など、各地で積極的に活動を行う。東京芸術大学音楽学部付属音楽高校を経て同大学卒業、現在同大学院在学中。これまでに齋藤真知亜、ジェラール・プーレ、オレグ・クリサ、玉井菜採の各氏に師事。



山田 幹子(やまだ みきこ) チェロ

vc.jpeg

広島県出身。東京芸術大学音楽学部附属音楽高校を経て、東京芸術大学卒業。
札幌ジュニアチェロコンクール優秀賞、山藤賞受賞。第1回泉の森コンクール銅賞、第3回泉の森コンクール銀賞受賞。
サイトウキネン若い人のための室内楽勉強会、小澤征爾音楽塾、プロジェクトQなどに参加。これまでに秋津智承、森純子、安田謙一郎、山崎伸子各氏に師事。またフランス・ヘルメルソン、グスタフ・リヴィニウス、タマーシュ・ヴァルガにも薫陶を受ける。



村田 千佳(むらた ちか) ピアノ

piano.jpeg

和歌山県出身。3歳からピアノを始め、多くのコンクールで受賞を重ねる。東京藝術大学附属音楽高等学校、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業を経て同大学院音楽研究科を修了。文化庁芸術家在外研究員奨学金を得て、ウィーン国立音楽演劇大学大学院ピアノ科及びピアノ室内学科を修了、在籍中には同大学院室内楽科助手も務めた。2006 年オーストリア Thomastik-Infeld-Preis 受賞、2009 年国際シューベルト・現代曲コンクール入選、 国際ハイドン室内楽コンクール特別賞受賞。室内楽でも国内外の著名な演奏家と共演し、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のヴィオラ奏者であるダニエラ・イバノバ氏との演奏が収められたCDが発表された。帰国後も、その定評と信頼を得た演奏で精力的に活動を展開し、今年7月に東京で行われた演奏会では、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターであるライナー・ホーネック氏との共演が絶賛され、2年後の再演が決定されている。平成22年度和歌山県大桑文化奨励賞受賞。平成23年度和歌山市文化奨励賞受賞。指導者としても東京藝術大学室内楽科、聖徳大学大学院音楽文化研究科において講師を務め後進の育成にあたるなど、その幅広い活躍は今後ますます期待されている。


フェスタ全プログラム に戻る