TOPへ

 

    明治初期、西洋近代科学を総合的に導入するため、多くの学校が創立された。

    東京美術学校もその ひとつで、伝統分野以外の材料および道具類の多くが西洋から

    もたらされた。新材料・技法の習得から始まり、独自の材料・技法の開発に努力が

    注がれた。 鉄鋼業が近代化の柱となり、美術学校の鋳金 ・彫金分野も、その基礎である

    冶金学 (金属学)の影響を強く受けた。「合成金製造法」(明治30年、橋本奇策著)では

    海外の鋳物、彫金、宝飾、彫刻、楽器などの新合金と着色法などが多数紹介されている。


    美術学校でも当時の先端科学が必要とされ、創立間もない頃に工芸化学教室が創られた。

    また、応用化学の講義もあり、上原先生が担当された。内容は金属、漆が主である。

    当初の教員は不明だが、 明治後半は大築千里教授ならびに鎌田弥寿治教授、大正時代

    には小柴講師等が教育にあたられた 。工芸化学は金工講座に所属し、金属材料の講義

    と実験が主であった。彫金教室・清水亀蔵教授の著書「金工製作法」(昭和12年)が

    関連技術書として遺されている。 美術学校の資料では金属、染色 、陶磁器など

幅広い教育が行われている。


    昭和の初め頃に、工芸化学教室は金属材料研究室と名称が変わった。鋳金および彫金教室

    が密接 に関係していたためである。戦後、昭和32年に美術・工芸材料全般を担当する為

    工芸材料研究室になった。 当時は東北大学金属材料研究所から移られた蒔田宗次講師が

    金属材料の講義と実験を担当され、石川信夫実験助手、市橋敏雄助手が在籍していた。


    昭和24年に北大から小口八郎博士が音楽学校(琴と三味線の研究)に呼ばれ、一般教育の

    物理と地 学も担当され、後に美術学部の材料研究室に移った。その後、教授になられた

    新山榮先生が就任さ れた。昭和41年に材料研究室は大学院講座・保存科学研究室になり

    当時として最新鋭の電子顕微 鏡を導入し、研究に取り組んだ。また、昭和43年に

    杉下龍一郎講師が着任し、小口教授、杉下講師、 新山助手の陣容になった。


    平成7年に独立専攻の文化財保存学専攻が保存技術研究室と保存科学研究室を

  基礎に設立された保存科学研究室は拡大改組されて2講座になり、文化財測定学担当の

杉下教授ならびに美術工芸材料研究室担当の新山教授のご指導を受けた。

その後、両教授が 退官され現在に至っている。




                                     (北田記/平成18年度年報より抜粋)

                

                             TOPへ


Copyright © 東京芸術大学大学院 美術研究科 文化財保存学 保存科学研究室 .