学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

就職関連情報

申し合わせ等

平成27年度の大学等卒業予定者の就職・採用活動については、大学側(就職問題懇談会)と企業側(一般社団法人 日本経済団体連合会)において、それぞれ「大学、短期大学及び高等専門学校卒業予定者に係る就職について(申合せ)」(平成25年9月27日付)及び「採用選考に関する指針」(平成25年9月13日付)が公表され、これにより企業の選考スケジュールが変更することになりました。詳細な情報とこれまでの経緯は文部科学省のウェブサイトに掲載されています。

つきましては、就職活動を行う学生の皆さんは、これらの趣旨を踏まえ、自己の能力、適性に応じて適切な職業を選択されますようお知らせします。

新規学校卒業者の内定取り消しについて

平成20年11月12日、文部科学省より、新規学校卒業者の内定取り消しに対する適切な対応について、以下の通知がありましたのでお知らせします。
「最近、一部の企業において新規学校卒業者の内定取り消しが行われているという報道がなされています。新規学校卒業者が、卒業前に企業の業績悪化等を理由とした内定取り消しを受けた場合、学生への打撃はきわめて大きく社会全体に対しても大きな不安を与えるものです。現在、職業安定法では、事業主が新規学校卒業者に係る採用内定取り消しを行おうとする場合には、あらかじめ公共職業安定所等に対して通知することとなっており、厚生労働大臣から採用内定取り消しを行おうとする企業に対し必要な指導を行うことができることになっています。つきましては、以下の点についてご留意いただきながら対応されるようお願いいたします。
○内定取り消しを受けた場合には、速やかに所属大学等の就職支援に係る相談窓口や学生相談窓口(本学では学生課)に相談するよう、学生に周知すること。
○学校は事業主から新規学卒者の内定取り消しについて通知を受けた場合、その内容を公共職業安定所に連絡するものとされており、学生から相談を受けた場合も事業主に事実確認の上、その内容を公共職業安定所に連絡すること。
○内定取り消しを受けた学生に対しては、きめ細かな就職支援を行うこと。」
以上、本学は本通知に基づき必要な対応を行いますので、学生の皆さんにおかれましては、該当する扱いを受けた場合、速やかに学生課に相談するようお知らせします。
〜採用内定取り消し、入職時期繰下げ等に関する特別相談窓口のご案内〜〈厚生労働省リーフレット〉

就職情報コーナー(学生課前ロビー)9:00~20:00

 求人の申し込みがあった企業、学校等からの求人票を随時、開示しています。求人票は、職種ごとに分類し設置していますので自由に閲覧してください。(求人票等のコピーが必要な場合は、学生課に申し出てください。なお、資料の持ち出しは、厳禁です)また、求人やエントリーはネットで行うことが一般的となっていることから、就職情報コーナーにはパソコン6台を設置(今後増設していく予定です)してありますので併せて利用してください。

就職相談

 学生課では、就職活動において知りたいこと、紹介してほしいこと等、何でも相談に応じていますので、以下の連絡先まで気軽に問い合わせてください。
また、以下のとおり相談員による就職等の相談対応も行っております。

<ハローワークジョブサポーターによる相談対応>
新卒応援ハローワークの出張相談員(ジョブサポーター)が週に1回(木曜日の11時~17時)、大学で就職相談を受けてくれます。→《詳細》
※平成28年2月より、相談日が、金曜日→木曜日に変更になりました。
一人あたりの相談の時間は50分で、以下のようなスケジュールで予約を受け付けます。
11:00~11:50
12:00~12:50
14:00~14:50
15:00~15:50
16:00~16:50

事前予約は以下の連絡先までお願いいたします。

就職担当窓口の連絡先(9:00~17:00)
TEL:050-5525-2069 または 2071(直通)
FAX:03-5685-7763(直通)
E-mail:syusyoku[@]off.geidai.ac.jp
      メールを送る際は、@の前後の[ ]をとってご利用ください。

大学名入り履歴書

就職活動に使用する本学の「大学名入り履歴書」は、藝大生協で取り扱っていますのでご利用ください。

 

労働法に関する知識

公的機関が作成している労働法に関する本・動画等を紹介します。

1.厚生労働省
学生の皆様に役立つ労働法についてのハンドブックを作成しています。
以下のリンクから直接閲覧できますので、就職活動を始める方、アルバイト中の方はぜひ参照してください(厚生労働省のウェブサイトでも閲覧可能です)。
ハンドブックは2種類ありますが、併せて読むと、イメージが掴みやすく、より理解が深まります。

『知って役立つ労働法~働くときに必要な基礎知識~』

『これってあり?~まんが 知って役立つ労働法~』
→こちらの冊子は、学生課ロビーにも何冊か設置しています。

2.東京都労働相談情報センター
若者が気軽に労働法を学び、問題解決の手助けとなるよう、動画を作成し、インターネット配信しています。
以下のリンクから閲覧可能です。

『知らないと損する労働法』