学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

日本学生支援機構奨学金制度

 本欄では、(独)日本学生支援機構の奨学金について、新規に募集する情報および、現在貸与を受けている奨学生の手続等について随時更新していますので、定期的にチェックするようにしてください。

■制度の詳細は、日本学生支援機構公式Webサイトをご覧ください。
 >> 日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/

■奨学金を申請する際には、以下のサイトで奨学金の貸与と返還の状況を事前に把握するようにしてください。
 >>奨学金貸与・返還シミュレーション 《詳細》
 >>第二種奨学金(有利子)の利率に関する情報 《詳細》
 >>保証制度に関する説明 《詳細》

■平成29年度の奨学金の振り込み日は、以下のとおりです。
4月21日(金)・5月16日(火)・6月9日(金)・7月11日(火)・8月10日(木)・9月11日(月)・10月11日(水)・11月10日(金)・12月11日(月)・1月11日(木)・2月9日(金)・3月9日(金)

■海外留学希望者の奨学金情報についてはグローバルサポートセンターWebサイトをご覧ください。
>> グローバルサポートセンターWebサイト

【募集】
 ★は手続受付中(7月19日更新)

名称 募集内容
★定期採用奨学金

平成29年度の申請受付は終了しました。

平成29年度の奨学金の新規申込について、以下のとおり説明会を行います。奨学金の申請をされる方は必ずご出席ください。
申請書類もこの時に配布します。

開催日:平成29年4月8日(土)※土曜日の開催になります。
集合時間:
学部学生・・・10時集合(説明会は10時30分開始)
大学院生・・・13時集合(説明会は13時30分開始)
場  所:上野校地 音楽学部5号館1階 5-109講義室

※申請書類の提出期間は、4月中旬~下旬です(説明会・申請書類でご確認ください)。

※定期採用に申請する方の指導教員の推薦所見は、ここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

【採用手続と説明会への参加】

奨学生に採用された後、書類の提出が必要になります。
平成29年度の定期採用手続説明会を、以下のとおり行いますので、いずれか一回に、必ず全員ご参加ください。(手続書類はこの時に配布します。)
 

〈上野校地〉
日時: 平成29年7月7日(金)11:00~(1回目)/18:10~(2回目)
場所: 音楽学部5号館1階 5-109講義室
※時間帯を変えて同じ内容の説明を2回実施します。いずれかにご参加ください。

〈横浜校地〉
日時: 平成29年7月12日(水)16:00~
場所: 馬車道校舎 小視聴覚室

〈取手校地〉
日時: 平成29年7月14日(金)14:00~
場所: メディア教育棟 第2講義室

【採用手続書類の提出】

採用者の採用手続書類の提出期限は以下のとおりです。 書類の提出が遅れると、奨学金の貸与が停止されますので、必ず期限内にご提出ください。

採用手続書類の提出期限: 平成29年7月26日(水) 16:00 (期限厳守)

給付型奨学金

平成29年度の受付は終了しました。
 
【対象】
 社会的養護が必要な者のうち、大学等における学修に意欲があり、進学後特に優れた学習成績を収める見込みがある等として高等学校等の学校長から推薦を受けられる者(学部1年生に進学した者

 ※社会的養護が必要な者とは、18歳時点で、以下の(1)~(6)のいずれかの条件に当てはまる人
  (1)児童養護施設に入所していた人
  (2)児童心理治療施設(H29.4~「情緒障害児短期治療施設」から改称)に入所していた人
  (3)児童自立支援施設に入所していた人
  (4)児童自立生活援助事業(自立援助ホーム)を行う人に養育されていた人
  (5)小規模住居型児童養育事業(ファミリーホーム)を行う人に養育されていた人
  (6)里親に養育されていた人

奨学金に関する相談を希望する学生は、学生課奨学係(上野校地事務局棟1階)6月30日(金)までにお越しください。

予約採用奨学金

平成29年度の進学手続を以下のとおり行います。
平成29年4月の学部新入生で、高校在学時に、大学に進学したことにより採用される「予約進学(採用)者」となっている方は、以下の手順で手続を行ってください。

1.大学への書類の提出
以下(1)(2)の期間中に、日本学生支援機構が発行した「平成29年度大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)」を学生課奨学係(音楽学部側にある事務局棟の1階)へ提出してください。
(1)3月14日・15日の入学手続日に来校される場合は、手続の前後にご提出ください。

(2)入学手続書類を郵送される場合は、4月3日(月)・4日(火)のいずれかにご提出ください。

2.「進学届」の提出
1の書類提出と引き替えに、奨学係から渡す『「進学届」の提出について(お知らせ)』の手順にしたがい、インターネット入力により「進学届」の提出をおこなってください。出時期により奨学金の初回振込日が決定しますので、ご注意ください。
なお、期限内に提出されない場合、奨学金の「予約採用」が自動的に取消になりますのでご注意ください。

3.別の種類の奨学金を新規に希望する場合
現在「予約進学(採用)者」となっている奨学金とは別の種類の奨学金に追加で申請を希望する場合、または別の種類の奨学金への変更を希望する場合は、4月8日(土)開催の定期採用の奨学金新規申込説明会に参加してください。

4.採用手続と説明会への参加
正式に奨学生に採用された後、また書類の提出が必要になります。
平成29年度の採用手続説明会を、以下のとおり行いますので、必ず全員ご参加ください。(手続書類はこの時に配布します。)

日時: 平成29年6月1日(木)18:00~
場所: 上野校地 音楽学部5号館1階 5-109講義室

なお、今回の説明会は、4月24日までに進学届の提出(インターネット入力)を行い、4月・5月に奨学金の振込が開始した方を対象とします。
6月に振込開始のタイミングで手続をした方(4月25日以降に進学届を提出した方)は、採用手続書類の準備が間に合わないため、7月に開催する定期採用者向けの説明会に出席してください。こちらの日程はあらためてお知らせします。

(注1)採用手続をしなければ、奨学金の採用が取り消しとなります。
(注2)手続書類は、説明会で配付いたします。

5.採用手続書類の提出


予約採用者の採用手続書類の提出期限は以下のとおりです。

書類の提出が遅れると、奨学金の貸与が停止されますので、必ず期限内にご提出ください。

採用手続書類の提出期限: 平成29年6月15日(木) 16:00 (期限厳守)

臨時採用奨学金

平成28年度の申請受付は終了しました。

平成28年10月分から、第2種奨学金の貸与が受けられる可能性があります。
希望者数の調査を行った上で、日本学生支援機構に採用枠の申請をしますので、申請希望者は、10月5日(水)までに、学生課奨学係まで、申請書類を受け取りに来て下さい。
※今年度は、第1種奨学金(利子なし)の臨時採用募集は行いません。

●貸与始期
第2種奨学金:平成 28 年 10 月~平成 29 年 3月より希望月を選択

●振込開始時期:平成 28 年 1月 11日(水) <予定>
※10 月分~ 1月 分の奨学金が振り込まれす。
(その後は、毎月11日前後に1ヶ月分ずつ振り込まれます。)

●手続のスケジュール
(1)採用希望者の受付・申請書類の配布【奨学係】 
  9月7日(水)~10月5日(水)

(2)インターネット入力期間
  11月中旬~11月25日(金) ※入力開始時期はメールで連絡します。

(3)申請書類提出期間【奨学係・各校地窓口】
  11月24日(木)・11月25日(金) 

(4)奨学生の採用決定 1月初旬

(5)奨学金の振り込み開始 1月11日(水) 

※期間を過ぎてからの申し出は、いかなる理由でも認められません。
※(2),(3),(4),(5)の期間は、日本学生支援機構からの通知の時期によって、変更となる可能性があります。

※臨時採用に申請する方の指導教員の推薦所見は、ここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

★緊急採用・応急採用奨学金

家計支持者等の失業、破産、事故、病気もしくは死亡等または火災、風水害等の災害等により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする学生を対象とする奨学金で、随時受け付けています。
制度についての詳細な説明は《こちら》をご覧ください。

※緊急・応急採用に申請する方の指導教員の推薦所見はここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

相談窓口:学生課または各校地事務室

【お知らせ】
災害救助法適用地域の世帯の学生に対する緊急採用・応急採用奨学金の申込みを受け付けています。
(カッコ内の日付は災害救助法適用日です。)

<平成29年度の災害/緊急・応急採用対象>

平成29年7月5日からの大雨による災害に係る被害(7月5日)
→ 【福岡県】朝倉市・朝倉郡東峰村(第1報)、田川郡添田町(第2報)
【大分県】日田市・中津市(第1報)
 
<平成28年度の災害/緊急・応急採用対象>

台風第10号に係る被害(8月30日) 
→ 【北海道】帯広市・空知郡南富良野町・河東郡音更町・河東郡士幌町・河東郡上士幌町・河東郡鹿追町・上川郡新得町・上川郡清水町・河西郡芽室町・河西郡中札内村・河西郡更別村・広尾郡大樹町・広尾郡広尾町・中川郡幕別町・中川郡池田町・中川郡豊頃町・中川郡本別町・足寄郡足寄町・足寄郡陸別町・十勝郡浦幌町
【岩手県】盛岡市・宮古市・久慈市・遠野市・釜石市・上閉伊郡大槌町・下閉伊郡岩泉町・下閉伊郡田野畑村・下閉伊郡普代村・九戸郡軽米町・九戸郡野田村・二戸郡一戸町

鳥取県中部地震に係る被害(10月21日) 
→ 【鳥取県】倉吉市・東伯郡湯梨浜町・東伯郡北栄町(第1報)、東伯郡三朝町(第2報)

新潟県糸魚川市における大規模火災に係る被害(12月22日) 
→ 【新潟県】糸魚川市

優秀学生顕彰事業

1.応募資格:学部生
※日本学生支援機構の奨学生でなくても応募できます。
2.募集要項/応募書類様式: 《ダウンロード》もしくは学生課、教務係、各校地事務室
※エクセル様式の応募書類は、日本学生支援機構のウェブサイトから直接《ダウンロード》できます。
3.受付締切(学内受付):平成29年8月4日(金)16時
4.提出先:教務係、各校地事務室

特に優れた業績による返還免除制度

平成28年度の申請受付は終了しました。

本制度は大学院奨学生で第一種奨学生として採用され、平成28年度中に貸与が終了する者のうち「当該課程における論文、実技、発表会等が特に優れた業績として認められる者」に対し、貸与額の全額または半額を免除する制度です。

1.願書提出期間と提出場所
 ・美術研究科の受付(美術教務係・取手校地事務室)
  平成29年2月6日(月)~8日(水) 10:00~11:30/13:30~16:00
 ・音楽研究科の受付(音楽教務係・千住校地事務室)
  平成29年2月6日(水)~8日(水) 10:00~11:30/13:30~16:00
 ・映像研究科の受付(横浜校地事務室)
  平成29年2月6日(水)~8日(水) 10:00~11:30/13:30~16:00

2.応募書類
 以下の(1)「申請要領」の指示にしたがい、書類を準備すること。
 書類は自分でダウンロード、印刷して準備すること。
 準備にあたっては、各様式の記入例・作成例を参考にすること。

(1)「申請要領」 ダウンロード
(2)「業績優秀者返還免除申請書」(様式1-1)
  ダウンロード/Excel ダウンロード/PDF
  ※両面印刷の上、使用すること。
   「業績優秀者返還免除申請書」 記入例 ダウンロード
(3)「指導教員等の推薦理由」(様式1-2)
  ダウンロード/Excel ダウンロード/PDF
  ※片面印刷の上、使用すること。
   「指導教員等の推薦理由」 記入例 ダウンロード
(4)「業績評価書」 ダウンロード/Word  ダウンロード/PDF
  ※片面印刷の上、使用すること。
  「業績評価書」 記入例 ダウンロード
(5)「業績資料」 作成例 ダウンロード
(6)FAQ(よくある質問) ダウンロード

★JASSO支援金 当該支援金の情報は、「地方公共団体及び財団法人奨学金制度」に掲載しております。 《詳細》
三重県奨学金返還支援事業 対象:申請時に学部または大学院最終学年の1年前の学年の在学生で、就職先の内定が出ておらず、三重県内への定住を希望する者
期限:平成29年7月5日(水)~平成29年11月30日(木)
提出:【自由応募】三重県戦略企画部戦略企画総務課企画調整班
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室 
徳島県奨学金返還支援制度 対象:平成30年度までに学部または大学院を卒業・修了し、平成30年4月以降所定の時期に徳島県内の事業所に正規職員として修業を希望する者(公務員を除く)
期間:平成29年8月1日(火)~平成29年12月22日(金)
提出:【自由応募】徳島県政策創造部県立総合大学校本部
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室
福島県奨学金返還支援事業 対象:大学卒業または大学院修了後、平成30年度に対象産業の福島県内事業所に正規職員として就職を予定し、福島県内に定住する者
期間:平成28年10月17日(月)~平成28年12月22日(木)
提出:【自由応募】福島県商工労働部
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室
福井県奨学金返還支援制度 対象:平成29年3月に学部または大学院を卒業・修了し、4月に福井県内の企業等に就職する見込みの者で、対象業種に技術職として就業する者
期限:平成28年7月20日(水)
提出:【自由応募】福井県総合政策部
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室

【手続】 必須!現在、貸与を受けている奨学生は、必ず手続きをしてください。
★は手続受付中(4月3日更新)

手続 手続内容
★在学届(毎年4月) 「在学届」は、在学中の奨学金返還を猶予する手続きです。大学院に進学した時、留年したとき等、在籍しているときはすぐに提出するようにしましょう。
※他大学出身者で貸与を受けていた方も必ず提出して下さい。
※最短修業年限を超えて在籍する学生は、休学中・在学中に関わらず、1年ごと毎年4月に提出してください。

提出窓口:学生課、各校地窓口
「在学届」はこちらから《ダウンロード》ができます。
記入例はこちら→《記入例》
★異動届(随時) 休学、復学、退学等、学籍上の身分異動が生じたときは、学生課、教務係、各校地事務室に相談し「異動届」を提出するようにしてください。
提出窓口:学生課、各校地窓口
異動願(届)はこちらから《ダウンロード》ができます。

また、休学・復学の際の注意事項を読んでおいてください。→《ダウンロード》

貸与期間終了時の手続

奨学金の貸与期間が今年度中に終了する皆さんへ

平成28年度中に奨学金の貸与期間が終了する方に向けた説明会を以下のとおり実施します。
下記いずれか一回の返還説明会に、必ずご出席ください。
「特に優れた業績による返還免除制度」の概要説明もあわせて行います。

<上野校地>
開催日:平成28年11月4日(金) ①11:00~ ②18:00
※時間帯を変えて2回実施します。
場 所:音楽学部5号館1階 5-109講義室

 <横浜校地>
開催日:平成28年11月8日(火) 16:00
場 所:馬車道校舎 小視聴覚室
※横浜校地は、映像研究科の学生のみ対象です。映像研究科の学生以外で参加予定の方は、必ず事前に学生課に連絡すること。

返還に関する手続書類の提出期限は、11月29日(火)です。
必ず期限までにご提出ください。

説明会に参加していない方は、早急に学生課または各校地事務室に書類を取りに来てください。

奨学金継続手続

平成29年度への奨学金の継続貸与の手続を以下のとおり行います。

次年度も継続して奨学金の貸与を受けるためには、「継続手続」が必要です。
この手続を行わないと、平成29年3月で奨学金の貸与が打ち切られ、4月以降は貸与を受けることができません。

継続手続は、「スカラネットパーソナル」の画面を通じて行ってください。
スカラネットパーソナル」は事前登録が必要ですので、未登録の方は至急登録してください。
「スカラネットパーソナル」の詳細な説明、登録はこちらご覧ください。

<手続方法>
1.下記の期間に所定の配付場所で、「継続手続」に必要な書類を受け取ってください。
2.下記の期間にインターネットで、「継続手続」を行ってください。

<手続書類の配布>
【配付期間】
平成28年12月15日(木)~平成29年1月16日(月)
午前:10:00~12:00 午後:14:00~16:00

【配布場所】
取手校地事務室:先端芸術表現科学部2年生以上、先端芸術表現・壁画・ガラス造形・木工芸・グローバルアートプラクティス専攻の大学院生
千住校地事務室:音楽環境創造科の学部生、 応用音楽学・音楽音響創造・芸術環境創造専攻の大学院生、国際芸術創造研究科学生
横浜校地事務室:映像研究科学生
学生課(上野校地):上記以外の学生

<インターネットでの入力>
【入力期間】
平成28年12月15日(木)~平成29年1月16日(月)  8:00 ~ 25:00

奨学金の返還について                              平成28年9月

日本学生支援機構奨学金を返還する卒業生の皆様
および現在貸与中の在学生の皆様へ
                             東京藝術大学

           奨学金の返還延滞の防止について

 学生支援機構の奨学金は、在学中の皆さんの勉学の大きな支えになったことと思います。この奨学金は、滞りなく確実に返還することによって、次の奨学金の財源となり、皆さんの後輩の勉学を助けるものとなります。
 皆さんが奨学金によって得られた大きな支えを後輩にも受け渡すためにも、また、「借りたものは返す」という、社会人として当たり前のことをなすためにも、遅滞なく返還することが求められています。
 しかし、残念ながら、本学卒業・修了者の返還状況は良いとは言えません。延滞率は学部生が6.7%、大学院生が6.8%であり、それぞれ全国平均上回っており(学部生:5.7%、大学院生2.9%)、非常に憂慮されるところです。
 皆さんが今後アーティストや社会人として活躍していく上での信用を失わないためにも、是非とも一人一人が自覚をもって返還されますよう切にお願いします。

(返還について)
・平成28年3月の貸与終了者は、10月27日が第1回目の振替日です。以後、毎月27日前後に振替が行われます。
・平成28年3月以外の貸与終了者は、借用期間終了の翌月から数えて7ヶ月目の27日前後が第一回目の振替日です。以後、毎月27日前後に振替が行われます。

 なお、返還についてわからないことがあれば、日本学生支援機構までお問い合わせください。

・独立行政法人日本学生支援機構 
 0570-666-301(ナビダイヤル)または03-6743-6100