学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ
HOME News

「表現のチカラ 東京藝大セレクション」の開催について

2014年12月04日 | イベント, 全て

 東京藝術大学と香川県は、平成25年度に文化庁の「大学を活用した文化芸術推進事業」として、アーテイストの制作・展示の現場、地域とのかかわりなど、現代アートの持つ様々な側面を自ら考えるアートマネージャーの育成を目的に『藝大Am+(アートマネージメントプラス)香川』を実施しました。
 本年度はアートの「表現のチカラ」をテーマに、多様な表現を体験できる試みを企画します。史跡高松城跡玉藻公園に建つ国重要文化財の披雲閣を会場に、東京藝術大学修了者、在学者である若手アーテイストたちの作品をセレクトしました。
 また本企画の一環である香川県立高松工芸高等学校の生徒たちとのワークショップの成果も発表いたします。様々なアートの表現をこの機会にぜひご鑑賞ください。
 

<会期>

2014年12月5日(金)~12月14日(日)
10:00~16:30(初日のみ14:00~)
 
<場所>
高松城跡玉藻公園内 披雲閣(香川県)
 
<入場料>
無料(ただし、玉藻公園入場料が必要。大人16才以上:200円、小人6才以上16才未満:100円)
 
<主催>
東京藝術大学・香川県・公益財団法人置県百年記念香川県文化芸術振興財団
 
<共催>
高松市
 
<協力>
香川県立高松工芸高等学校
 
<出品作家>
(招待作家)
五十嵐靖晃
大西景太
小山真徳
山本浩二
 
(学生作家)
伊東春香
菊地良太
佐宗乃梨子
しばたみづき
杉村紗季子
山田勇魚