学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結(2/21)

2017年02月22日 | イベント, 全て, 大学全般

2月21日、本学上野校地において、本学と敦煌研究院は、デジタル技術とアナログ技術を融合するための共同研究を推進し各種文化財の保存と伝承を目指すことを目的とした、「文化財共同研究に関する覚書」を締結しました。

今回の締結式へは敦煌研究院から、王旭東(ワン シュウドン)院長をはじめとする5名の研究員等が来日しました。
はじめに澤和樹学長より歓迎の挨拶がなされると、王院長から歓迎に対するお礼と本学への感謝が述べられ、さらに、澤学長に対し“是非とも敦煌へお越しください“との熱烈なお誘いがありました。

締結式は終始なごやかな雰囲気の中で行われ、この覚書の締結により、具体的なプロジェクトを通じ日中の文化交流が、今後ますます活発になることが期待されます。

澤学長からのご挨拶
敦煌研究院と本学とは故平山郁夫元学長の時代から30年以上にわたり永い友好関係にあり、2014年、宮田前学長時代の学術交流に関する協定の締結を経て、昨年から準備を進めてきた今回の文化財共同研究の覚書に締結できることを嬉しく、また光栄に思います。これから先の未来を見据え、末永く交流を続けていきたいと思います。

王院長からのご挨拶
まず、澤学長、宮廻教授をはじめとする東京藝術大学の皆様にこのように歓迎していただいたことに心より感謝申し上げます。先ほど澤学長からもお話がありましたが、段文傑(ダン ブンケツ)院長の時代に交流が開始されて以来、今日まで約30年交流関係が続いてきたことを嬉しく思います。

また、敦煌研究院の主要な研究者はこれまで東京藝術大学で学ばせていただいた経緯があり、改めて、澤学長、宮廻教授にはこれだけ近い距離でお互いを知る機会を与えてくださったことへのお礼を申し上げます。そして、今回の覚書は先達方が切り開いた道を基礎として、さらにもう一歩関係性を深めるためのものと思います。
敦煌という場所は文明が交流、融合した場所であり、美術だけではなく音楽の歴史的な資料も大変多く残っております。澤学長には是非とも実際に敦煌へお越しいただけたら嬉しく思います。

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結

また、締結式の後、宮廻正明社会連携センター長/教授の案内で藝大COI拠点(Arts & Science LAB.)を視察し、本学のもつ高度な高精細複製技術により復元した、テロによって消失した文化財アフガニスタン・バーミヤン東大仏の壁画や法隆寺釈迦三尊像3D復元プロジェクトの取り組みについて紹介しました。王院長をはじめ研究員の方々は、それらクローン文化財を食い入るように見つめ、また、盛んに質問を投げかけていました。

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結

敦煌研究院と「文化財共同研究に関する覚書」を締結