学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング

藤木淳さん(JST研究員)が、文化庁メディア芸術祭審査委員会推薦作品に選出

2017年03月17日 | プレスリリース, 全て, 大学全般

 3月16日、芸術情報センター所属の藤木淳さん(JST研究員)の「cellroid」が、平成29年度 第20回文化庁メディア芸術祭の審査委員会推薦作品に選出されました。

 この受賞作品は、2016年10月に本学芸術情報センターでの「分裂生成」プレ展、2016年11月にASKでの「分裂生成」展(協力:芸術情報センター)、2017年1月に3331での「Primitive Layer」展(協力:芸術情報センター)でも展示されていました。

採択者 藤木 淳
作品名 cellroid
作品概要 本作は、動的平衡に絶えず流動的に組織を形成する生物細胞のように、個体の単純なルールに基づき、自律的に変動しながら器官的組織を形成するアルゴリズムである。
具体的には、複数種類の個体において、各個体を周囲の個体に対して、以下の4つのルールから導きだされるベクトル方向に進行させる。

 ① 特定種類の個体に対して、距離に比例した速度で近づく
 ② 別の特定種類の個体に対して、距離に反比例した速度で離れる
 ③ 同種類の個体に対して、距離に比例した速度で近づく
 ④ 全種類の個体に対して、距離に比例した速度で近づく

つまり、個体は(特に同種類の個体には強い結束力で)1つになろうとする習性に加えて、食物連鎖のように、追う・追われる関係を持つ、三竦みの関係である。
コンピュータシミュレーションにおいて、初期位置のみランダムに配置された個体は、次第に組織を形成し、形成された組織は、1つの(大きな)個体のように、絶えず他の組織を求め・求められ、形を変えながら循環運動を繰り返す、変容の遷移を確認した。

関連URL http://festival.j-mediaarts.jp/download/20jmaf_jury_selections_jp.pdf(外部サイト)