美術解剖学会について
イベント案内
定期刊行物
入会のご案内
トップページへ
美術解剖学会について イベント案内 定期刊行物 入会のご案内 リンク

緑陰の候。皆様におかれましてはご清祥のこととお喜び申し上げます。  さて、第23回美術解剖学会大会を下記の日程で行いますので、ご案内申し上げます。多くの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

■第23回美術解剖学会大会■

日時:2016年7月16日(土曜日) 午前10:00より開会( 開始時刻は予定です)
総会、特別講演、一般講演を行います。 (プログラムは後日お送りします)

■ 第23回美術解剖学会大会テーマ『顔は表象する』 
特別講演として、稲賀繁美先生(日本文化研究センター教授、表象論)と、原島博先生(東京大学名誉教授、顔学会前会長)、大山喬史先生(東京医科歯科大学前学長、歯科補綴学)の3人の先生にご講演いただきます。  稲賀先生は絵画に関する優れた著作のある美術研究者で、最近は『接触造形論』を上梓され、工芸・彫刻領域にも感心を広げられています。  原島先生は平均顔という概念をつくられた工学者ですが、顔学研究にも専心され、日本顔学会の前会長でもいらっしゃいます。  大山先生は長年歯科医療、特に補綴学をご専門とされ、患者さんの歯と顔貌との問題に取り組んで来られました。美術解剖学の造詣が深く、東京医科歯科大学の前学長でもいらっしゃいます。原島先生、大山先生はまた、美術解剖学会をその初期からお支え下さっています。  会員の皆様からの例年通りの多様な演題、あるいはテーマ『顔は表象する』に沿った演題を募集いたします。奮ってお寄せ下さい。


○場所:東京芸術大学美術学部 中央棟 第一会議室
○交通:JR 山手線「上野」駅・「鴬谷」駅・「日暮里」駅下車 徒歩15分/
    東京メトロ千代田線「根津」駅下車 徒歩20分

○大会へのご参加

  • 6月10日までに出欠をお知らせください。また当日昼頃に総会を予定しております。
    総会に欠席される場合は、委任状をお送り下さい。
  • 大会参加費2,000円(学生500円、非会員3,000円)
  • 懇親会を夕刻、大浦食堂で行います(懇親会費3,000円)
  • 大会講演要旨集は当日受付にてお渡しいたします。

●一般講演演題の募集

  • 大会での一般講演の演題を募集します。発表をご希望の方は、同封の葉書かファックスにて、講演要旨を6月 3日(金)までに事務局宛にお送り下さい( 講演要旨はA4縦位置、横書き1枚。演題、氏名、所属、要旨800字〜900字)。美術解剖学雑誌各巻の巻末の大会講演要旨集をご参照頂くか、ご不明な場合、事務局までお問い合わせ下さい。
  • 一般講演の発表時間は原則、発表15分、質疑応答5分ですが、講演時間の調整(10〜30分まで、5分刻み)のご希望があれば演題とともにその旨お書きください。(講演者多数の場合は、委員会で調整させていただきます)。

○今後の大会についてのご意見をお寄せ下さい

  • 今回を含め今後の美術解剖学会大会企画へのテーマや課題、講演者について、会員の皆様よりご提案を頂けますと幸いです。率直なご意見を事務局(下記)までお寄せ下さいますようお願いいたします。

■美術解剖学雑誌編集委員会からのお知らせ
○美術解剖学雑誌第19巻第1号は現在編集作業中です。
○次号、美術解剖学雑誌第20巻第1号の原稿の募集をいたします。 原著、研究ノート、制作ノート、寄書、随想など多様なご投稿をお待ちしております。ご投稿の場合には事前にエントリー(事務局宛)をお願いします。
 原稿締め切り日:2016年10月30日


第23回美術解剖学会大会準備委員会事務局
大会実行委員長:楜沢 順  大会実行副委員長:木下史青  
大会実行委員:伊藤恵夫、西 洋一、森 敏美、西原弘之、廣田まりも、福江良純、 矢野 真、渡邊晃一
連絡先:〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学
    美術教育(美術解剖学II)研究室内 美術解剖学会(宮永美知代 宛)
     Tel.050-5525-2273 Fax.03-5685-7778


 


2016年7月16日(土)の大会に参加申込をされる方はこちらからお申し込み下さい。
氏名
メールアドレス
所属
住所
会員   非会員
懇親会(当日夕刻から)に 出席する 出席しない
     

美術解剖学会
〒110-8714 台東区上野公園12-8
東京藝術大学大学院美術教育(美術解剖学II)研究室内

© Japanese Society of Artistic Anatomy, all rights reserved.