../ TUA 保存修復日本画研究室/研究室/概要
  • ■概要


    東京藝術大学美術研究科 文化財保存学専攻は、 文化財の保存修復と保存科学に関する研究、保存修復技術と研究にあたる専門家の養成を通して、文化財の保存に寄与することを目的として設立されました。

    文化財保存学専攻は、3分野に分かれています(下図参照)。保存修復分野は、日本画、油画、彫刻、工芸、建造物の5講座で、文化財および美術工芸品の材料科学の知識習得とそれらの性状、劣化現象の研究を行っています。システム保存学分野は東京文化財研究所との連携のもと、保存環境学講座と保存修復材料科学の2講座で構成されています。