• 研究室概要



    ■ 東京芸術大学大学院 美術研究科

    本研究室では模写・修理・創作・研究の四本柱を軸に授業を展開していきます。修士課程では主に模写と修理を中心に、保存修復技術・古典研究・創作活動につなげていきます。
    博士課程では修士課程の研究をもとに、デジタル部門を加え、より高度な研究を進めていきます。卒業後は、作家をはじめ多岐にわたる部門に貢献していく人材育成をめざします。

    ■ 文化財保存学専攻の特徴

    文化財保存額は保存修復・保存科学・システム保存学からなり、保存修復は日本画・油画・彫刻・工芸・建造物の5分野から構成されています。