• 荒井 経

  • 経歴

    1967年栃木県に生まれる。筑波大学卒業。同大学院芸術研究科修了。
    東京芸術大学大学院文化財保存学専攻保存修復日本画修士課程修了。
    修了制作サロン・ド・プランタン賞。
    2003年同大学院博士後期課程単位取得退学、2004年博士(文化財)取得。
    古典絵画の技法材料および模写の指導、日本画制作の指導、博士後期 課程学生の学位論文の指導および審査を担当。
    武蔵野美術大学非常勤講師、和歌山大学客員フェロー、文化財保護・芸術研究助成財団事業委員、文化財保存修復学会理事、明治美術学会会員、横山大観記念館理事、中国・広州美術学院客座教授など
    パブリックコレクション
    筑波大学/愛知県立芸術大学/佐藤美術館/さくら市ミュージアム・荒井寛方記念館/ザ・シンフォニーホール/FUJIYAMAミュージアム など
    個展、グループ展多数。無所属。
    著書『日本画と材料-近代に創られた伝統』武蔵野美術大学出版局
    (第28回 倫雅美術奨励賞 美術評論部門)
  • 「樹象(ニ)2017年(個展・ソウルDAMギャラリー)」