to_top

修士・博士論文一覧     


閲覧を希望の方は、必ずアポイントメントをとってからご来室くださいますよう、 お願いいたします。 
 

ご覧になりたい年度をクリックしてください。                           
S45年
S46年
S47年
S48年
S50年
S51年
S52年
S53年
S54年
S55年
S56年
S57年
S58年
S59年
S60年
S61年
S62年
S63年
H元年
H2年
H3年
H4年
H5年
H6年
H7年
H8年
H9年
H10年
H11年
H12年
H13年
H14年 H15年 H16年 H17年 H19年 H20年 H21年 H22年 H23年
H24年H25年H26年H27年H28年H29年




昭和
45年

佐橋 晋 明治期唱歌教授理論成立についての一考察
昭和
46年

大畑 祥子 

遠山 文吉

村尾 忠廣
   
幼児の旋律形成について

重症脳性麻痺児及び精神薄弱児に対する音楽療法の試み

律唱歌の研究

昭和
47年

丸山 妙子    

村瀬 夏子   
 

李 鎔一  
  
兼常清佐研究

児童の音楽能力の測定

韓国の学校における音楽教育の展望

昭和
48年

宮野モモ子   


早川 和子   



山田 芳江   
明治期の唱歌教育:当時の文献にみた唱歌指導内容および指導法に関する一考察

教材の現代化への一考察
Jazz Improvisationによる創造性の開発

世阿彌の教育思想

昭和
50年

小林 幸男   

沢田 博   
  


本間 貞史   

辰巳 満里子


高見 富美子

西村 路子


米元 えり    
小学校音楽科に民族音楽を導入する試み

日本の伝統音楽に基づいた器楽合奏教材について
:現代の音感を加えた合奏曲の創作

音楽教育における現代音楽の扱いについて


声楽発声の実験的考察 :音声生理学、音響学、聴覚心理学的立場から

小浜島における音楽学習行動 :民俗音楽文化の学習

音楽による治療教育についての一研究 :精神病院における分裂病患者の事例研究

ピアノ教授法における一考察

昭和
51年

吉永 誠吾    音楽教員養成制度 :カリキュラムおよび授業内容についての一考察

昭和
52年

垣内 幸夫   

竹井 成美   


志村 洋子   


マクガレル
,L.M 


卜部 京子   
日本伝統音楽の教材化

中世の大学における音楽の研究と音楽教育 :ボエティウスとその〈音楽論〉を中心として

幼児の歌唱についての一考察 :幼児の集団での歌唱指導の有効性についての試み

L.W.メーソンの音楽教育について :明治初期の音楽教育の背景として

ピアノ教育における基礎教育と音楽的能力の育成 :幼児のピアノソルフェージュ方法論への考察

昭和
53年

今井 民子

岡田 久仁子
幼児のDur, moll, 日旋の把握における一考察 :実験を中心として

コダーイ・メソードの理念と、その幼児教育への適用について

昭和
54年

橋 千枝子 日本歌曲と音楽教育:戦後から現在に至る中学・高校の日本歌曲教材の分析的研究
昭和55年
Andress,Constante B

川手 誠

田中 正子

新保 ゆかり
民族音楽の教育的可能性についての哲学的研究

小学校におけるリズム指導の可能性への一試案

幼児の歌唱についての一考察 :声区を中心として

音楽教育における音楽療法的な要素 :聴取に関する一考察
昭和
56年

坂田 直子


桑原 道子

近代アメリカのピアノメソードの研究:近代アメリカのピアノ教育の入門記のメソードの傾向と分析・考察

入門期フルート教則本の比較研究
:日本独自のフルート教則本の確立条件

昭和
57年
伊藤 誠


丸山 太郎
幼児のためのヴァイオリン指導法の研究 :「ヴァイオリン英才教育法」の分析と評価

小学校教員養成におけるピアノ指導の研究
:教員養成のためのピアノ教則本試案に向けて
昭和
58年
今村 昌文

河村 恵


浜中 康子
わが国の学校音楽教育における合唱教育体系確立への試み

音楽の学習過程の分析的研究
:低学年児童の歌唱活動を中心に

ピアノ教育におけるリズム感の育成
:古典舞踏を用いて
昭和
59年
大川 満希子

浜松 敦子


佐野 靖
幼児の歌唱指導法に関する一研究 :年長児の指導を通して

近代日本における民衆の洋楽受容に関する一考察 :音楽教育史研究としての試み

西ドイツの音楽教員養成制度に関する考察 :ノルトライン・ヴェストファーレン州を中心に
昭和
60年
松嶋 直美


磯田 貴子


佐藤 邦子
ピアノ教育における技術指導について :「御木本方式」の分析を通して

導入期のピアノ指導に関する一考察 :レディネスに着目した実践を通して

自閉症児の音楽教育に関する研究 :ピアノ指導を通して
昭和
61年
渡辺加津子 リズムの本質とその教育における一考察 :打楽器アンサンブルを通して
昭和
62年
岩田 遵子


宮和田 美保

亀丸 孝子
幼児の音声表現におけるパターンの意味 :言語的表現と歌唱的表現

音楽科教育の時間論的一考察 :教科の独自性の探求として

地域社会における音楽と学校 :五木村における現地調査を通して
昭和
63年
伊藤 佐保美


中嶋 俊夫
学校教育における日本音楽導入の意義と課題 :戦後の歴史的変遷をたどって

イタリアの音楽教育の動向と展望
平成元年 辻本 知子

中村 美郁
ピアノ演奏における運動技能の習得について

学校教育における日本伝統音楽の指導に関する一考察 :唱歌を用いる試み
平成
2年
平岩 佐和子

深見 友紀子

山田 美由紀
学校教育におけるパフォーマンスの重要性

電子楽器の教育的可能性:メディア論からのアプローチ

中学校音楽科教育における日本伝統音楽の指導に関する一考察
平成
3年
小原 伸一


坂田 薫子


柴田 篤志


小泉 恭子
中等科教育における発声指導の研究:発声姿勢の安定性評価を用いて

内的聴感の育成に関する研究 J=ダルクローズ・リトミックの検討を通して

昭和10年代の音感教育 :昭和26年度の「移動ド」「固定ド」に関する実験学校への影響の考察

創造的音楽学習の体系と展望についての一考察 :各国の研究動向の検討を通して
平成
4年
小山 真紀

吉田 秀文


呉  依力
小学校音楽科における自己評価 :実験的方法を用いて

生涯学習に向けての合唱の指導法研究 :学習者中心の活動を目指して

中国における小学校音楽教育の現状と課題 :日本との比較を通して
平成
5年
今川 恭子


森  尚史

李  淑晶
幼児の音声行動にみる音楽性 :観察に基づいて音楽的発達を考える

導入期におけるピアノ指導の一考察 :拇指の運動機能に着目して

電子ピアノによるポピュラー音楽の指導:韓国の中学校における音楽授業への提案
平成
6年
市橋 彩子

川崎 篤子


吉田 節子


Claudio Jose Cuoco Menezes

ポリフォニックな感覚を育成するピアノ指導の研究

東京音楽学校の教育機能に関する研究 :昭和10年以降の声楽専門教育を中心として

心身障害児の音楽指導に関する研究:音と動きによるダウン症児の創造的な自己表現の実践を通して

ブラジルの学校教育における音楽カリキュラムの提案 :日本の初等教育に学ぶ
平成
7年
斉  洪


山下 誠司


国府 華子
中国学校音楽教育目標の改善について :「美育」 としての音楽教育理念に着目して

旧東ドイツ一般学校の音楽教育 :教授計画の歴史的な比較分析を通して

ピアノ教育におけるイメージの役割について ピアノの音色に着目して
平成
8年
落合 由実


権 恵根


長谷川 慎


原田 博之
日本歌曲の指導法に関する一考察 :授業におけるコミュニケーションの活性化をめざして

韓国民族音楽の指導法についての研究 :民族音楽の特徴を生かした授業の提案

教育養成大学における日本音楽の指導法 :箏曲の演奏の起点としたカリキュラムモデルの提案

音楽教育家としてのPadre Dal Fior:発声指導の原理の実践、及びその音楽科教育における新たな展開
平成
9年
勝谷 祥子


志民 一成
古典舞曲の学習における舞踏体験の意味 :バロックダンスを活用したピアノの指導実践

学校音楽におけるコンピュータの教育的可能性と課題 :実践事例の分析から
平成
10年
小島 千か 音楽科における態度の形成過程 :態度評価のための一考察
平成
11年
鈴木 美奈子


日高
祐子


村上
康子
和声感育成を重視した創作指導の研究 :小学校中学年を中心に

「シュタイナー教育における音楽」の原点
:オイリュトミー(Eurythmie)を通した幼児期の音楽教育

豊かな表現力の育成を目指したピアノ指導に関する一考察 :子どもの演奏分析を中心に
平成12年 小川 佳奈子


佐藤
香織
ピアノ教育における音楽理解の諸相 フレージング指導の内容・方法に関する検討を通して

視覚障害者のピアノ学習に関する研究 : 障害から生じる問題点の解明とその克服を目指して
平成
13年
木村 充子


海老原 光
音楽基礎教育としてのソルフェージュの意義とその方法 : 音楽的な自立を目指す専門教育のあり方

指揮者としての教師 :音楽科教師の「指揮者性」に関する一考察
平成
14年
安藤 珠希

永島 茜


宮崎 桃子

山原 麻紀子
学校音楽における筝の指導に関する一考察

フランスの音楽科教育に関する研究 :学校外教育力活用の視点から

鷲見三郎とその教本に関する一考察

音楽鑑賞教育の方法論に関する一考察 :受容美学の視点から
平成
15年
石川 眞佐江


音谷 芙美子


木暮 朋佳 
保育における歌唱活動の意義と課題 :歌唱曲の分析と事例の検討を通して

音楽教育における異文化接触 :在日日系ブラジル人の音楽活動の考察を通して

「日本の音楽」教材化試論 :能楽を例にした伝統性と現代性を考慮した教材化の方法
平成
16年
藤波 ゆかり

山田 明子


原田 洋子
明治期から昭和前期に至る箏曲教習の歴史的展開

ルードルフ・フォン・ラバンの生涯と言説 −今日の音楽教育への示唆を求めて−

芸術科音楽における学習の総合化の可能性 −検定教科書の分析を中心に−
平成
17年
小寺 香奈 音楽鑑賞教室の意義と可能性−自主企画による実践の分析を中心に−
平成
18
年度
大沼 覚子


豊田 耕三



木村 充子(博)


瀧川 淳
(博)
土川五郎の「遊戯」に関する研究――その時代的・思想的背景と作品分析

アイルランド伝統音楽の習得過程について―習得方法分析と楽譜の意義―



演奏指導における『音楽理解』―事例の分析と解釈を通して―


音楽教師の行為と省察―反省的実践の批判的検討を通した身体知の考察―
平成
19
年度
河内 暁子


原納 愛

長谷川 千鶴



中西 紗織
(博)


山原 麻紀子(博)
音楽科教育における「郷土の音楽」の実践の現代的意義 ―大阪府の地車囃子を中心に―

仏教保育における讃仏歌―歴史と現状―

導入期におけるヴァイオリン指導に関する研究―ムジークシューレのレッスン分析を手がかりに


能における「わざ」の習得に関する研究―事例分析からの学習プログラムの開発を通して―

ドイツの音楽鑑賞教育の意義と実際―<音楽文化への導入>を視点として
平成
20
年度
大野 綾

藤野 はるか


山中 和佳子



西本 夏生


障がい児に対するフルート指導法の研究

民俗芸能の伝承における地域の教育活動―沖縄県のエイサーを中心に―


戦後日本の学校音楽教育におけるリコーダーの導入過程

「アマチュア・ピアニスト」の活動における動機・継続要因について
修正版グラウンデッド・セオリー・アプローチによるインタビュー分析から
平成
21
年度
坂井 美登里



三橋 さゆり



阪井 恵(博)
成人学習者を対象とした発声指導
   ―アマチュア女声合唱団に対する
             レッスンの分析を通して―

発声の習得における教師と児童の相互作用
   ―グラウンデッド・セオリー・アプローチ
             に基づく構造とプロセス―

〈音楽づくり〉の教育的根拠に関する研究
   ―音についての美学的考察を踏まえて―
平成
22
年度
秋葉 桃子



市川 恵



渡邊 拓



大沼 覚子(博)



田村 にしき(博)
音楽教室におけるシニアのピアノ学習の実際
―つまずきとその改善方法に着目して―


「かかわりを開く力」を育む合唱指導に関する実践研究
―音楽専科との協働を通して―


芸術科音楽における鑑賞指導の再考
―教科書及び専門誌の分析を通して―



大正から昭和初期の保育における音楽活動の理論と実際
  


謡の伝承に関する音楽教育学的研究
―宮城県北部の調査に基づいて―
           
平成
23
年度
鹿倉 由衣



東屋敷 尚子



   
松浦 光男



勝岡 ゆかり(博)


山中 和佳子(博)
長唄の稽古文化の構造
―資料分析と聞き取り調査を通して―


モンテッソーリ教育における音楽指導の理念と内容
―音楽的能力の育成と第2の言語としての音楽の可能性に着目して―


導入期におけるホルン指導法
―基礎練習の実践提案とその検証―



人形浄瑠璃の意義と役割―人間形成の見地から―


戦後の音楽科教育におけるリコーダーの導入と指導の史的展開―小学校における器楽指導を中心に
平成
24
年度
小日向 真理



甲斐 万里子



   
小井塚 ななえ


   
小佐川 心子


   
小林 明日香


根岸 恵


   
萩原 史織


   
白 和仙



丸山 彩(博)
保育における一斉歌唱の持つ意味
―事前の分析と聞き取り調査を通して―


ピアノのレッスンにおいて形成される師匠観と継承される音楽観
―若手のピアニスト4名を対象とした実験的な手法を用いて―


音楽アウトリーチの教育的可能性
―演奏家の自己分析を通して―


学校教育における音楽科の存在意義
―聞き取り調査と授業観察を通して―


スイス・チューリヒ邦における小学校音楽教育の現状


広汎性発達障害児の音楽的発達と自己調整能力の発達
―ピアノを用いたレッスンの分析を通して―


生涯学習における「音楽すること」の意味
―アマチュア合唱団の活動を通して―


韓国の中学校音楽科教育課程に関する考察
―領域「生活化」に着目して―



音楽取調掛から東京音楽学校開校期にかけての伝習・教育の実際
―文書・楽譜・証言をもとに
平成
25
年度
小林 由季





石川 眞佐江(博)


三橋 さゆり(博)


   
権藤 敦子(博)

ヴァイオリンの学習過程における内発的動機づけの意味とその変化
―さまざまな学習歴をもつ8名を対象とした聞きとり調査に基づいて―


幼児の遊び場面における歌の諸相と機能


児童の歌唱における表現の形成過程に関する研究
―グラウンデッド・セオリー・アプローチに基づいて―


唱歌教育期における高野辰之の音楽観の検討
―日本の音楽と教育との接点をめぐって―
平成
26
年度
朝倉 愛




伊原小百合



上薗 未織



白岩 洵



市川 恵(博)



田崎 教子(博)


   
1951〜56年のNHKラジオ教育番組『幼児の時間』における子どもの歌の特徴
―各曲の分析を通して―


幼児期における「音」の経験の諸相
―音への気付きと音を介したかかわり合いに着目して―


演奏不安の要因と経年変化
―ヴァイオリン奏者への聞き取り調査に基づいて―


アマチュア合唱団におけるハーモニー感の育成
―カデンツア唱の有効性―


音楽教師の実践知の内容と構造
―インタビューと歌唱授業の分析を通して―


音楽的活動における保育者の発信的・応答的能力の向上
―クリニカル・ミュージシャンシップ援用の可能性―
平成
27
年度
鈴木 加奈子



石ア 綾佳



市川 友佳子



小井塚 ななえ(博)



鹿倉 由衣(博)



若林 一惠(博)


   
『コンコーネ50番』の教材としての可能性
―史料の分析及び聞き取り調査に基づいて―


小学校スクールバンドにおけるフルートの基礎指導法研究
―指導者の言葉・動作に注目して―


特別支援学校における音楽アウトリーチ導入の意義と課題
―重複障害児を対象に―


演奏家の成長におけるアウトリーチの教育的意義
―事例分析と聞き取り調査を通して―


幼児期の文化学習としての日本音楽の意義
―長唄のワークショップの実践を通して―


エドガー・ウィレムスの音楽教育の意義
―その思想および実践の考察を通して―


平成
28
年度
田舎片 麻未



岡本 千佳




黒川 和伸



西村 翼



町村 千織



甲斐 万里子(博)



萩原 史織(博)


   
ハンス・ライグラフのピアノ指導に関する研究
―弟子へのインタビューに基づいて―


不登校児童生徒の心理的・社会的発達に対する音楽による支援
―適応指導教室における音楽活動の事例分析を通して―


リチャード・ミラーの理論に基づく発声指導の研究
―中学校合唱部における発声の課題解決に向けて―


高等学校芸術科音楽におけるJ-POPの教材化
―アンケート及びインタビュー調査に基づいて―


ピアノ演奏における身体の動かし方
―熟達者と非熟達者の比較を通して―


ピアニストの熟達化過程
―省察内容、演奏表現、レッスンに着目した縦断的な検討を通して―


音楽の生涯学習における学びの内容とその質的変容
―≪第九≫を歌うアマチュア合唱団の事例研究―




閲覧を希望の方は、必ずアポイントメントをとってからご来室くださいますよう、 お願いいたします。