展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

コレクション2017

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!


特設サイト: http://www.geidai.ac.jp/museum/exhibit/2017/collection17/
会期: 第1期:2017年7月11日(火)〜8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)〜9月10日(日)
午前10時 − 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、7月11日(火)は午後6時まで開館
休館日: 毎週月曜日(7月17日、8月14日は開館)、7月18日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料: 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

【お得な2回チケット(数量限定)】 第1期と第2期で大規模に展示替えが行われる本展を、お得にお楽しみいただける2回チケットを数量限定で販売します。
※第1期と第2期を各1回ずつご覧いただくことも、第1期と第2期のいずれかを2回ご覧いただくこともできます。ただし、本券で2名様が同時に入場することはできません。
販売価格:1300円(税込)
販売期間:2017年3月28日(火)〜9月10日(日)※なくなり次第終了
2回チケット販売場所:大学美術館券売窓口(休館日を除く)、ecute上野チケットショップ、上野公園案内所

主催: 東京藝術大学、読売新聞社
協賛: 有限会社丸栄堂
助成: 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
公益財団法人花王芸術・科学財団
公益財団法人野村財団
公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団
藝大フレンズ賛助金

東京藝術大学は今年、創立130周年を迎えます。これを記念し、大規模なコレクション展を開催します。
東京美術学校開設以来、積み重ねられてきた本学のコレクションは、国宝・重要文化財を含む日本美術の名品ばかりではなく、美術教育のための参考品として集められた、現在では希少性の高い品々や、歴代の教員および学生たちが遺した美術学校ならではの作品が多くあることが特徴となっています。
本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写真・資料類にもスポットをあてることによって、藝大コレクションの豊富さ、多様さ、奥深さをご紹介します。また、近年の研究成果を展示に反映させ、コレクションに新たな命を吹き込まれていくさまもご覧いただきます。
いったい何が飛び出すか、予測不可能な藝「大」コレクション展。どうぞご期待ください。

【イベント情報】

1. シンポジウム「藝大コレクションと美術教育」
日時:7月11日(火)18:00〜19:30(開場17:30)→終了しました
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階、第1講義室
参加方法:直接会場へお越しください。(事前申込不要、先着180名)
パネリスト:保科豊巳(本学理事)、日比野克彦(本学美術学部長)、秋元雄史(本学大学美術館館長)、千住博(日本画家)、古田亮(本学大学美術館准教授)

2. パンドラトーク
本学教員を中心とした多彩なゲストが、作品を解説・紹介します。

1)7月14日(金)北郷悟(本学美術学部彫刻科教授)「ラグーザの彫刻作品について」→終了しました
2)7月22日(土)O JUN(本学美術学部絵画科教授)「私の自画像」
3)8月26日(土)木島隆康(本学大学院美術研究科教授)「油絵の修復」
4)9月 2日(土)小山登美夫(ギャラリスト・明治大学国際日本学部特任准教授)「ギャラリストからみた藝大生」
5)9月 9日(土)佐藤道信(本学美術学部芸術学科教授)「藝大の130年」
6)9月10日(日)桂英史(本学大学院映像研究科教授)「映像作品の現在」

集合場所:東京藝術大学大学美術館地下2階 展示室2
開始時間:各回とも14:00(開場13:30)
所要時間:1)〜3)は約45分 4)〜6)は約90分
参加方法:直接地下2階展示室2へお越しください。(事前申込不要、先着100名)※ただし当日の観覧券が必要です。
★各テーマ、所要時間は変更になる可能性がございます。

3. スペシャル・トーク 山口晃×古田亮 「ヘンな東京藝大」
日時:8月19日(土)14:00〜16:00(開場13:30)
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階、第1講義室
参加方法:当日13:00より、第1講義室前の受付にて整理券を配付します。先着170名 ※ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
出品リスト(PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)
grey line

2074

             
「東京藝術大学ゲーム学科(仮)」展

会期: 2017年7月21日(金)- 7月30日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学COI拠点、東京藝術大学大学院映像研究科
共催: 株式会社スクウェア・エニックス
協力: 南カリフォルニア大学映画芸術学部

日常生活のあらゆる場面に浸透し、遊びを超えてわたしたちの思考や現実世界にまで影響を与えてきたゲーム。常に変化し捉えどころのない”ゲーム“は、コンテンツのことを指す場合もあれば、概念として使われることもあります。概念としてのゲームは、テクノロジーの進化と共に拡張され、エンタテインメイトだけでなく、医療や教育、経営などさまざまなジャンルにまで広がってきました。一方、コンテンツとしてのゲームは、芸術や文化のなかでどのように更新されていくのでしょうか。

本展覧会では、「東京藝術大学にゲーム学科ができたとしたら」という想定のもと、東京藝術大学COI拠点、大学院映像研究科、スクウェア・エニックスが期間限定で大学美術館陳列館に仮想のゲーム学科を立ち上げます。そこでは、映像研究科の修士学生と修了者らがスクウェア・エニックスのアドバイスを受けて、アニメーションの世界観から出発してゲームに展開した作品を体験いただけます。併せて会期中には、ゲーム制作プロセスを紹介する展示や、スクウェア・エニックスでファイナル・ファンタジーXVを手がけた第一線のクリエイターの講義、南カリフォルニア大学(USC)インタラクティブ・メディア&ゲーム部門のアンドレアス・クラツキー教授による4日間のワークショップも開講します。
アーティストとゲームクリエイターの協働による作品や、東京藝術大学ゲーム学科の想定カリキュラムを通して、ゲームと芸術に垣根はあるのか、そしてゲームとは何かについて、新たな議論を生み出します。

公式サイト: http://game.geidai.ac.jp/
問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line

予告

皇室の彩

《御飾棚》鳳凰菊文様蒔絵 (昭和天皇へ献上)
昭和3年 宮内庁三の丸尚蔵館蔵


東京藝術大学創立130周年記念特別展
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」
会期: 会期: 2017年10月28日(土)−11月26日(日)
午前9時 30分− 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※会期中の金・土曜日は午後 8 時まで開館(入館は午後 7 時 30 分まで)
休館日: 月曜日
会場: 会場: 東京藝術大学大学美術館 展示室1、2
観覧料: 一般1300円(1100円)、高・大学生800円(600円)、中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、NHK、NHKプロモーション
協力: 宮内庁

およそ 100 年前。大正から昭和最初期の頃に、皇室の方々の御成婚や御即位などの御祝いのために、当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の粋を尽くして献上品を制作しました。中には、大勢の作家たちが関わった国家規模の文化プロジェクトがありましたが、今日ではそれを知る者がほとんどいなくなっています。いったん献上されたそれら美術工芸品は、宮殿などに飾り置かれていたために、一般の人々の目に触れる機会が極めて限られてきたからです。
古くから皇室は、日本の文化を育み、伝えてきましたが、近代になってからは、さまざまな展覧会への行幸啓や作品の御買上げ、宮殿の室内装飾作品の依頼などによって文化振興に寄与してきました。皇室の御慶事に際しての献上品の制作は、制作者にとって最高の栄誉となり、伝統技術の継承と発展につながる文化政策の一面を担っていました。大正期には、東京美術学校(現、東京藝術大学。以下美術学校)5代校長・正木直彦(1862 〜 1940)の指揮下で全国の各分野を代表する作家も含めて展開された作品がこの時代の美の最高峰として制作されました。本展では、宮内庁に現存する作品とともに、その制作にまつわる作品や資料を紹介いたします。
また本展は、東京美術学校を継承する東京藝術大学の創立130周年を記念して、東京美術学校にゆかりある皇室に関わる名作の数々も合わせて展示いたします。皇室献上後、皇居外で初めて公開される作品を中心に、100年前の皇室が支えた文化プロジェクトの精華をお楽しみください。

問い合わせ: ハローダイヤル:03-5777-8600
オンラインチケット
grey line