展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

驚きの明治工藝

驚きの明治工藝

会期: 2016年9月7日(水)- 10月30日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

※10月21日(金)、22日(土)は、上野「文化の杜」TOKYO数寄フェス(仮称)開催のため、 午後8時まで臨時夜間開館いたします(入館は午後7時30分まで)。
休館日: 月曜日(9月19日、10月10日は開館)、10月11日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料: 一般1300円(1100円)、大学・高校生800円(600円)
中学生以下は無料
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、朝日新聞社
後援: 台東区
協力: あいおいニッセイ同和損保、日本航空

細密、写実的な表現で近年人気の高い明治時代を中心とした日本の工芸作品。この「明治工藝」の一大 コレクションが台湾にあることはあまり知られていません。しかもこれらの作品は、すべてひとりのコレクターが収集したもの。この「宋培安コレクション」から100件以上もの名品を、日本で初めてまとめて紹介します。全長3メートルもある世界最大の龍の「自在置物」、「ビロード友禅」をはじめ、漆工、金工、彫刻など多彩な作品ひとつひとつが魅力を放つ、すごい! びっくり!かわいい! 驚きがいっぱいの展覧会です。

【ギャラリートーク】
会期中、展示室内で東京藝術大学大学院生(工芸史研究室所属)によるギャラリートークを実施します。
詳細はこちら→ http://www.asahi.com/event/odorokimeiji/event.html

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
公式サイト: http://www.asahi.com/event/odorokimeiji/
grey line

台東区コレクション展

台東区コレクション展
-日本絵画の源流、法隆寺金堂壁画・敦煌莫高窟壁画模写-


会期: 2016年9月17日(土)- 10月16日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(9月19日、10月10日は開館)、10月11日(火)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 無料
主催: 台東区、東京藝術大学
後援: 台東区教育委員会、(公財) 台東区芸術文化財団、朝日新聞社

台東区では、これまで30年以上にわたって、東京藝術大学との芸術・文化交流の一環として若手芸術家の育成支援を目的に、東京藝術大学学生の卒業制作や同大学大学院生の修了制作の作品を収蔵しており、その作品群は区の貴重な文化的財産となっています。
これらの台東区が誇るべきコレクションの中から、「法隆寺金堂壁画」及び「敦煌莫高窟壁画」の模写作品を中心に、台東区長賞受賞作品や書道博物館が所蔵する法隆寺伝来の仏教美術、中国・敦煌出土の書などを展示いたします。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
出品リスト(PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)
grey line

1!

彫刻―気概と意外

会期: 2016年9月28日(水) - 10月10日(月・祝)
午前10時 - 午後5時(金曜日は午後7時まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日: 会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階、およびその周辺
観覧料: 無料
主催:東京藝術大学美術学部彫刻科
助成:アサヒグループ芸術文化財団、花王芸術・科学財団、野村財団芸術文化助成金、藝大フレンズ賛助金助成事業
協力:広島市立大学美術学部
小山登美夫ギャラリー、橘画廊、成山画廊、山本現代(50音順)

本展は東京藝術大学美術学部彫刻科教員が自ら企画し、制作者の立場から彫刻の可能性と力を社会に発信し続けている展覧会の第9回目である。今回は「彫刻?気概と意外」というタイトルで彫刻展を開催する。成長から成熟へ社会の移行が唱えられる時代を迎えても、消費のスピードは衰えず価値はめまぐるしく変化を続けている。この時代、芸術家には困難に立ち向かい越えてゆこうとする「気概」が求められている気がする。彫刻も同様である。多様化した彫刻という概念はどこまで広がっていくのか。角が取れてのっぺりとした均質な世界では「彫刻」という概念も削ぎ落とされ必要とされなくなるのかもしれない。しかしながら、この時代にあえて彫刻を作るのであれば次の世界を目指さなければならない。それにはアトリエという荒野でひとり素材と歴史とに孤独に向き合い、まなざしの向こう側の「意外」を迎える準備を怠ってはいけない。どんな状況でも彫刻の可能性を信じ、粛々と作り続けている作家達から現代の気概ある新しい彫刻表現を考えてみたい。

【出品作家】
池島康輔、井田大介、伊東敏光、井原宏蕗、大竹利絵子、今野健太、高見直宏、原真一

【アーティストトーク】
東京藝術大学大学美術館陳列館の各展示場所にて、作家が出品作品について語ります。
日時:10月10日(月・祝)午後2時から

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line

予告

三田村有純 退任記念展
「黄金境界」 江戸蒔絵の流れを受けて

会期: 2016年10月25日(火)- 11月6日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館
協賛: 平成建設

三田村有純東京藝術大学退任記念展に当たり、青年期より現在までの作品の変遷を概観する漆の立体作品35点を一堂に展示する。
さかのぼると、有純は幼少期より、祖父自芳、父秀芳の仕事を手本としながら、木を彫り、螺鈿象嵌を実際に体験し、塗りや蒔絵などの漆の学習を重ねてきた。 その、師匠でもあり家族でもある明治・大正・昭和の漆芸作家作品、資料等併せて50点も展示。
また建築空間と漆芸の融合を、木材と和紙に漆で構成する2畳の居室をもって現し、未来への提言を行う。

【三田村有純ギャラリートーク】
展示会場にて、三田村有純による作品解説を行います。(事前申込不要・聴講無料)
参加をご希望の方は、開始時間までに展示室へお集まりください。

日時:10月30日(日)、11月3日(木・祝) 両日とも午後3時〜

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line