展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

皇室の彩


東京藝術大学創立130周年記念特別展
「皇室の彩(いろどり) 百年前の文化プロジェクト」
会期: 2017年10月28日(土)−11月26日(日)
午前9時 30分− 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※会期中の金・土曜日は午後 8 時まで開館(入館は午後 7 時 30 分まで)
休館日: 月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 展示室1、2
観覧料: 一般1300円(1100円)、高・大学生800円(600円)、中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
「ゴッホ展 巡りゆく日本の夢」との相互割引について(PDF,374KB)
主催: 東京藝術大学、NHK、NHKプロモーション
協力: 宮内庁

およそ 100 年前。大正から昭和最初期の頃に、皇室の方々の御成婚や御即位などの御祝いのために、当代選りすぐりの美術工芸家たちが技術の粋を尽くして献上品を制作しました。中には、大勢の作家たちが関わった国家規模の文化プロジェクトがありましたが、今日ではそれを知る者がほとんどいなくなっています。いったん献上されたそれら美術工芸品は、宮殿などに飾り置かれていたために、一般の人々の目に触れる機会が極めて限られてきたからです。
古くから皇室は、日本の文化を育み、伝えてきましたが、近代になってからは、さまざまな展覧会への行幸啓や作品の御買上げ、宮殿の室内装飾作品の依頼などによって文化振興に寄与してきました。皇室の御慶事に際しての献上品の制作は、制作者にとって最高の栄誉となり、伝統技術の継承と発展につながる文化政策の一面を担っていました。大正期には、東京美術学校(現、東京藝術大学。以下美術学校)5代校長・正木直彦(1862 〜 1940)の指揮下で全国の各分野を代表する作家も含めて展開された作品がこの時代の美の最高峰として制作されました。本展では、宮内庁に現存する作品とともに、その制作にまつわる作品や資料を紹介いたします。
また本展は、東京美術学校を継承する東京藝術大学の創立130周年を記念して、東京美術学校にゆかりある皇室に関わる名作の数々も合わせて展示いたします。皇室献上後、皇居外で初めて公開される作品を中心に、100年前の皇室が支えた文化プロジェクトの精華をお楽しみください。

出品リスト(PDF, 77.3KB)

【イベント情報】
■11月3日(金・祝)午後2時−午後3時30分(開場:午後1時30分)
講演会「東京美術学校による皇室献上品制作(仮)」
講師:当館教授 黒川廣子
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階第1講義室
定員:170名

■11月18日(土)午後2時−午後3時30分(開場:午後1時30分)
講演会「近代皇室の文化継承―古典美を伝え、新しきを育む」
講師:宮内庁三の丸尚蔵館 学芸室主任研究官 太田彩
会場:東京藝術大学美術学部中央棟1階第1講義室
定員:170名

参加方法:当日午後1時より、第1講義室前の受付にて整理券を配付します。(先着170名)
※ただし、本展の観覧券(半券可)が必要です。
※整理券は1人につき1枚お渡ししますので、お連れ様がいらっしゃる場合は必ずグループ全員がお揃いになりましてから整理券配付の列にお並び下さい。

【図録の販売窓口について】
・展覧会会場ショップ(本展会期中に限る)
・通信販売につきましては、amazon、NHKプロモーションのホームページ(送料等がかかります)にて対応しています。
※全国書店での販売は、現在欠品中ですので上記窓口をご利用ください。
2,400円(税込)
判型:B5変形(横186mm×縦250mm)
頁数:232頁
ISBN:978-4-568-10497-4

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
プレス問い合わせ:
株式会社ミューズ・ピーアール(担当:大山・川本・高橋)
〒107-0052 港区赤坂9-1-7 赤坂レジデンシャル770
TEL:03-6804-5045 FAX:03-5785-2627  e-mail:info@musepr.co.jp
オンラインチケット
grey line

退任記念 木戸修展 SPIRAL 螺旋の軌跡


退任記念 木戸修展 SPIRAL 螺旋の軌跡
会期: 2017年11月16日(木)−12月3日(日)
午前10時 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)
ただし、11月16日及び会期中の金・土は午後8時まで開館(入館は午後7時30分まで)
休館日: 月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階および大学構内
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

木戸修は、1986年より東京藝術大学美術学部彫刻科で教鞭をとり、長きにわたり美術学部の教育研究活動の中心として学生の指導育成、研究プロジェクトの企画開催をしてきました。今年度をもって退任を迎えることとなり、このたび「退任記念 木戸修展 SPIRAL 螺旋の軌跡」を開催する運びとなりました。
今回、コンピュータによるプログラミングを時代に先駆けて作品制作に取り入れつつ、一貫して「らせん」をテーマにステンレスを中心とした金属素材における彫刻の可能性を追求し、彫刻科を牽引してきた木戸修の作品を、初期作である1980年代から新作を含む約30点の彫刻の展示に加え、整理された思考のもとに構築されてゆく独自の制作プロセスにも、エスキースや制作過程のパネル展示などを通して触れていきます。また、環境や空間を常に意識して制作された数多くの作品が公共施設や建築、美術館に収められております。その作品の一部も、パネル展示でご紹介いたします。
本展は、東京藝術大学が130周年を迎える今年、生命の根源や、時空の連続性を思わせる作品を、本学の歴史を感じさせる陳列館という場に提示することに大きな意味があります。木戸修という一人の彫刻家の輝きを強く感じて頂くとともに、これまで培われてきたものが次代へ引き継がれていくための貴重な機会となり、「らせん」のつながりとなる展覧会となれば幸いです。

【最終講義】
日  時: 11月16日(木) 午後4時−午後5時
会  場: 東京藝術大学中央棟1階第1講義室
参加方法: 直接会場にお越しください。(事前申し込み不要、先着180名様)

【ギャラリートーク】
日  時: 11月23日(木・祝日)午後3時−午後4時
会  場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
参加方法: 直接会場にお越しください。(事前申し込み不要、先着50名様)

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
grey line

東京藝術大学130 周年記念事業 全国美術・教育リサーチプロジェクト- 文化芸術基盤の拡大を目指して-「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。パブロ・ピカソ」


東京藝術大学130 周年記念事業
全国美術・教育リサーチプロジェクト- 文化芸術基盤の拡大を目指して-
「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。パブロ・ピカソ」
会期: 2017年11月17日(金)−12月3日(日)
午前9時30分 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし、会期中の金・土は午後8時まで開館(入館は午後7時30分まで)
休館日: 月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部
後援: 文化庁
協力: 東京藝術大学美術学部杜の会

この度、東京藝術大学130 周年記念事業の一環として『全国美術・教育リサーチプロジェクト- 文化芸術基盤の拡大を目指して-「子供は誰でも芸術家だ。問題は、大人になっても芸術家でいられるかどうかだ。パブロ・ピカソ」』と題した展覧会を開催する運びとなりました。
本展覧会は、幼稚園児、小中高生、現役大学生からアーティストまでの作品を一堂に展示することで、我が国における美術教育の流れを体感する貴重な機会となります。 価値観が多様化する現代に於いて、「自分を生き生きと表現する」若者を育成し、「生きる力を喚起し創造力ある」社会をつくるためには、個々人の個性や想像力を育む美術教育の役割は非常に重要であると考えています。故に、これからの美術教育を考える上では、小中学校や高校での授業を通して、さらに多様な芸術表現を学ぶ機会を増やさなければなりません。そして、幼稚園→小学校→中学校→高等学校と繋がる美術教育の流れが途切れることの無いよう、一層関係性を強化し、大学とも深く連携することで、子供たちの成長過程に即した創造力の育成を行うべきであると考えます。
本展覧会は、我が国における美術教育を再考し、美術教育に新しい流れを生み出す呼び水となることを目指しています。

【特別シンポジウム】 ※申込不要・参加費無料
「日本・美術・教育」
日本における美術とは?教育とは?
その現状と課題、改善の方向性を徹底議論する。
日時:11月17日(金)14:00−16:00
会場:東京藝術大学美術学部絵画棟1F大石膏室
パネリスト:
日比野克彦(アーティスト/東京藝術大学美術学部長・先端芸術表現科教授)
椿昇(現代美術家/京都造形芸術大学美術工芸学科長・教授)
畠山直哉(写真家/東京藝術大学大学院映像研究科教授)
橋本和幸(東京藝術大学大学美術学部デザイン科教授)
進行:中村政人(アーティスト/東京藝術大学絵画科油画教授)

【ラウンドテーブル】 ※申込不要・参加費無料
「美術」において育成すべき資質・能力とは?
-東京藝術大学教員と幼・小・中・高の教員による公開ディスカッション-
日時:11月18日(土)14:00−16:00
会場:東京藝術大学美術館3階展示会場内
パネリスト:東京藝術大学各科教員、幼・小・中・高教員

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト: http://research-project.geidai.ac.jp/
grey line

予告

hakase17

東京藝術大学 大学院美術研究科 博士審査展
会期: 2017年12月12日(火) - 12月21日(木)
会期中無休
午前10時-午後5時 (入館は午後4時30分まで)
会場: 東京藝術大学大学美術館ほか上野キャンパス
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学
協賛: 株式会社ストライダーズ

東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程の最終審査を一般公開いたします。本展覧会は、博士学位の取得を目指す学生達にとって最終関門であると共に、大学院在学中の集大成としての作品、研究を発表し、今後、作家・研究者として活動していく上で、出発点となる展覧会でもあります。

問い合わせ: 東京藝術大学美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL:050-5525-2122

ハローダイヤル:03-5777-8600

grey line

予告

美人画

             
東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

会期: 2018年3月31日(土)− 5月6日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日(※4月30日、5月1日は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料: 一般1,400円(1,300円)円  高校・大学生900円(800円)円 (中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、読売新聞社

このほど、近代美人画の最高傑作である上村松園作《序の舞》(重要文化財)の修理が完成し、本展にてはじめて一般に公開される運びとなりました。上村松園(1875-1949)は、京都に生まれ鈴木松年や竹内栖鳳らに学びながら、独自の美人画様式を確立。官展を中心に活躍し、昭和23年(1948)、女性としてはじめての文化勲章を受章しました。昭和11年(1936)作の《序の舞》は、松園のもっとも充実した時期に制作された代表作のひとつです。
本展では、この機に、江戸時代の風俗画や浮世絵に近代美人画の源流を探りながら、《序の舞》に至る美人画の系譜をたどります。明治中期から昭和戦前期までの、東京と関西における美人画の展開を、松園をはじめ菱田春草、鏑木清方、菊池契月、北野恒富ら著名作家たちの名作を中心に俯瞰いたします。

公式サイト: http://bijinga2018.jp/
問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line