展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

いま、被災地から

sekine

関根正二《姉弟》福島県立美術館蔵

shunsuke

松本竣介《盛岡風景》岩手県立美術館蔵

sakai

酒井三良《雪に埋もれつつ正月はゆく》福島県立美術館蔵

eikichi

高橋英吉《潮音》石巻文化センター蔵

namiecho

浪江町棚塩集会所 2013年6月25日撮影

tomiokacho

富岡町文化交流センター 2013年5月28日撮影

いま、被災地から −岩手・宮城・福島の美術と震災復興−

会期: 2016年5月17日(火)- 6月26日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 毎週月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料: 一般800円(600円)、高校・大学生500円(400円)、中学生以下は無料
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催:東京藝術大学、全国美術館会議、福島県立美術館、宮城県美術館、岩手県立美術館
共催:NHK、朝日新聞社、東京新聞、日本経済新聞社、毎日新聞社、読売新聞社
後援:文化庁
協力:印象社、ヤマトロジスティクス

 2011年の東日本大震災では陸前高田市立博物館、石巻文化センターなど多数のミュージアム施設が被災して、貴重な文化財をはじめとして多くの文化資源、美術資料が損傷しました。しかしその直後から支援の手が全国から差し伸べられ、資金援助や寄附などもあり、復興活動が始まりました。
 美術資料に関しては全国美術館会議がいちはやく東日本大震災復興対策委員会を立ち上げて、岩手県、宮城県、福島県の県立美術館などと連携しながら作品の救出、修復、復元などの事業を計画的、継続的に実施してきました。
 2016年を迎えてもその作業は終わりませんが、それらの経過を報告する企画展が東京の東北地方への玄関口ともいえる上野で開催されます。被災状況、救出活動などを臨場感あふれる写真で紹介し、修復された作品の一部を展示するとともに、この機会に東北地方ゆかりの近現代作家の秀逸な作品を一堂に展示いたします。文化財保護を考える一方で東北地方の豊かな美術文化の土壌を体感できる貴重な機会となります。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
出品リスト(PDF)
プレスリリース(PDF)

(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)
grey line

日本画第二研究室 素描展

日本画第二研究室 素描展

会期: 2016年6月23日(木)- 7月6日(水)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※7月6日(水)最終日は、12時まで(入館は午前11時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料: 無料
主催:東京藝術大学大学院日本画第二研究室


東京藝術大学大学院日本画第二研究室は、毎年度授業の一環として「素描展」を実施しております。当研究室の学生と教員が、普段は展示する機会の少ない各々の「素描」を一堂に持ち寄り展示いたします。ご高覧頂けますと幸甚に存じます。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line

予告

観音の里の祈りとくらし展U−びわ湖・長浜のホトケたち−

観音の里の祈りとくらし展U−びわ湖・長浜のホトケたち−

会期: 2016年7月5日(火)- 8月7日(日)
午前10時 - 午後5時(金曜日は午後8時まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日: 月曜日(ただし、7月18日は開館)、7月19日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 一般1,200(1,000)円 高校・大学生700(600)円(中学生以下は無料)
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 心身に障害のある方および付添者1名は無料(入館の際に障害者手帳をご提示ください)
* 本展をご覧のお客様は当日に限り、同時開催「平櫛田中コレクション展」を無料でご覧いただけます。
主催: 東京藝術大学、滋賀県長浜市

長浜市には、130を超える観音をはじめとするたくさんの仏像が伝わり、古くは奈良・平安時代に遡るものも多くあります。また、この地域は、戦国時代には「近江を制する者が、天下を制す」と言われ、幾多の戦乱や災害に見舞われましたが、そのたびに、地域住民の手によって観音像は難を逃れ、今日まで大切に守り継がれてきました。
これらの仏像は、大きな寺社に守られてきたのではありません。地域の暮らしに根付き、そこに住む人々の信仰や生活、地域の風土などと深く結び付きながら、今なお大切にひそやかに守り継がれています。
この展覧会では、このようなホトケたちの優れた造形とともに、こうした精神文化や生活文化を「祈りの文化」として紹介し、長い歴史の中で守り継がれてきた地域に息づく信仰のこころを全国に発信していきたいと考えています。
歴史・文化に彩られた北近江の長浜、この地に息づく「祈りの文化」と「観音の里」の魅力を通して、一人でも多くの方に、ホトケたちとそれを守る人びとの姿を感じ取って頂ければと考えています。

【ギャラリートーク】
※各回午前11時と午後4時から20分程度です。
※参加には、各日当日の観覧券が必要となります。
※参加をご希望の方は、開始時間に3階展示室にお集まりください。


第1回: 7月9日(土)
講 師: 秀平文忠(長浜市役所歴史遺産課 学芸員)
主 題:「湖北の仏たち−平安時代の仏像を中心に−」


第2回: 7月16日(土)
講 師: 佐々木悦也(高月観音の里歴史民俗資料館 学芸員)
主 題:「湖北の観音信仰〜ホトケをまもるこころ〜」


第3回: 7月23日(土)
講 師: 芹生春菜(東京藝術大学 講師)
主 題:「湖北の仏像 その意味と造形」


第4回: 7月30日(土)
講 師: 太田浩司(長浜城歴史博物館 館長)
主 題:「ホトケたちを守り続けた村々の姿」

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
【観音の里・長浜のホームページ】http://kitabiwako.jp/kannon/
grey line

予告

或る日の少女

橋本平八《或日の少女》1934年(平櫛󠄁田中コレクションより)

兎の親子

《兎の親子》明治時代(根付コレクションより)

平櫛󠄁田中コレクション展
会期: 2016年7月5日(火)- 8月7日(日)
午前10時 - 午後5時 (金曜日は午後8時まで)
入館は閉館の30分前まで
休館日: 月曜日(ただし、7月18日は開館)、7月19日     
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2
観覧料: 一般430円(320円)、高校・大学生110円(60円)、中学生以下は無料
* ( )は20名以上の団体料金
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
* 同時開催 「観音の里の祈りとくらし展U−びわ湖・長浜のホトケたち−」をご覧のお客様は当日に限り、本展を無料でご覧いただけます。
主催: 東京藝術大学

 平櫛󠄁田中(1872-1979) は、100 才を超えても現役の作家として活躍した日本彫刻界を代表する木彫家の一人です。後に自分のコレクションの散逸を防ぐためと、学生の制作の糧となる作品を残したいという本人たっての思いから、本学へ自作を含めた近代彫刻のコレクションが計149 点寄贈され、平櫛󠄁田中コレクションとして現在当館に収蔵されています。本コレクションの中から、近代彫刻の名品をご紹介します。
 また、本展にあわせて当館の根付コレクションを約20年ぶりに公開いたします。根付とは、印籠や煙草入れなどを着物の帯にはさむために吊下げるときに使用する留め具です。掌におさまる大きさでありながら様々な素材や意匠を凝らして創作され、国内外で高い人気を誇ります。斬新な着眼点で作りこまれた「掌の芸術」の世界をどうぞお楽しみください。

出品予定作品: (平櫛󠄁田中コレクションより) 平櫛󠄁田中《転生》1920年、橋本平八《或日の少女》1934年、辻晋堂《ねこ》1956年 ほか
(根付コレクションより) 出目右満《鬼面》江戸時代、《兎の親子》明治時代 ほか
問い合わせ: ハローダイヤル:03-5777-8600
grey line

予告

shingigei

若手工芸作家国際展 第2回薪技芸・炎


会期: 2016年7月21日(木)- 8月1日(月)
午前9時30分 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 毎週月曜日
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階、2階
観覧料: 無料
主催:東京藝術大学、清華大学美術学院
助成:インターナショナルスペシャリスト・インビテーションプログラム(ISIP)
藝大フレンズ賛助金助成事業
東京藝術大学宮田亮平学長学術研究基金

 薪技芸(しんぎげい)は、日本、中国、韓国を中心としたアジア各国、欧米の各美術大学の40代以下の工芸系の大学教員、若手作家の作品を集めた展覧会です。
 本展覧会は、清華大学美術学院 劉潤福先生の発案により、2015年に中国の北京と上海で「第1回薪技芸・燃」と題して行われ、東京藝術大学は日本の代表として、展覧会の立ち上げに協力いたしました。今回は、それを引き継ぎ、「第2回 薪技芸・炎」として、日本の東京藝術大学にて行います。
 工芸系の国際展は他にあまり例を見ず、非常に貴重な展覧会でもあります。また、本展覧会に参加する若手作家の作品は、伝統的な技法に現代的な解釈が加わり、非常に興味深い展開を見せています。それらの作品を一堂に会して、鑑賞できるという点でも意義あるものになるでしょう。
 副題には<炎>という漢字を選びました。炎は、火という漢字が縦に2つ連なり、より大きな火になる漢字です。この言葉には、第1回の薪技芸で燃焼の始まった火を繋げ、大きな炎にしていきたいという思いがあります。また、工芸は伝統を受け継ぎ、習得し、新たな表現に繋げていく分野です。この繋げて発展させるという行為を炎という文字に込めて、今回の副題といたします。
 本展覧会を多くの方々にご高覧いただき、新たな感性を楽しみ、発見していただければ幸いです。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600