展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

雪村

特別展 「雪村−奇想の誕生−」

会期: 2017年3月28日(火)- 5月21日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※会期中、作品の展示替えがございます。
休館日: 月曜日(ただし、5月1日は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料: 一般1600円(1400円)、大学1200円(1000円)、高校生900円(700円)
中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金(※前売券は2017年1月中旬から販売予定)
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催: 東京藝術大学、読売新聞社
協賛: 日本写真印刷
協力: 日本航空
後援: TBSラジオ

首の骨が折れるくらいに仰ぎ見る顔から、斜め上に向かってピンと伸びる長いヒゲ。足元を見れば、ギョロッとした目つきの龍。「呂洞賓図(りょどうひんず)」に描かれる場面は、何から何までありえません。
この作品を描いたのは、戦国時代の画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)です。武将の子として生まれながら出家して画業に専心した雪村は、故郷である茨城や福島、神奈川など東国各地を活躍の場としました。その生涯は未だ謎に包まれていますが、ひときわ革新的で、また人間味あふれる温かな水墨画を描き続けた、ということだけは確かです。雪村の作品は江戸時代の尾形光琳らを魅了し、狩野芳崖ら近代の画家たちへと受容されたのでした。
この展覧会は、雪村の主要作品約100件と関連作品約30件で構成される最大規模の回顧展です。
雪村の「奇想」はどのようにして生まれたのか、その全貌に迫ります。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
公式サイト: http://sesson2017.jp
出品リスト(PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)
grey line

予告

コレクション2017

東京藝術大学創立130周年記念特別展
藝「大」コレクション パンドラの箱が開いた!


会期: 第1期:2017年7月11日(火)〜8月6日(日)
第2期:2017年8月11日(金)〜9月10日(日)
午前10時 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ただし、7月11日(火)は午後6時まで開館
休館日: 毎週月曜日(7月17日は開館)、7月18日
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、3、4
観覧料: 一般800(600)円  高校・大学生500(400)円(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

【お得な2回チケット(数量限定)】 第1期と第2期で大規模に展示替えが行われる本展を、お得にお楽しみいただける2回チケットを数量限定で販売します。
※第1期と第2期を各1回ずつご覧いただくことも、第1期と第2期のいずれかを2回ご覧いただくこともできます。ただし、本券で2名様が同時に入場することはできません。                 販売価格:1300円(税込)
販売期間:2017年3月28日(火)〜9月10日(日)※なくなり次第終了
2回チケット販売場所:大学美術館券売窓口(休館日を除く)、ecute上野チケットショップ、上野公園案内所

主催: 東京藝術大学、読売新聞社
協賛: 有限会社丸栄堂
助成: 公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団
公益財団法人花王芸術・科学財団
公益財団法人野村財団
藝大フレンズ賛助金

東京藝術大学は今年、創立130周年を迎えます。これを記念し、大規模なコレクション展を開催します。
東京美術学校開設以来、積み重ねられてきた本学のコレクションは、国宝・重要文化財を含む日本美術の名品ばかりではなく、美術教育のための参考品として集められた、現在では希少性の高い品々や、歴代の教員および学生たちが遺した美術学校ならではの作品が多くあることが特徴となっています。
本展では、多様なテーマを設けて、すでに知られた名品だけでなく、これまで日の目を見ることの少なかった卒業制作などの作品、模写、石膏像や写真・資料類にもスポットをあてることによって、藝大コレクションの豊富さ、多様さ、奥深さをご紹介します。また、近年の研究成果を展示に反映させ、コレクションに新たな命を吹き込まれていくさまもご覧いただきます。
いったい何が飛び出すか、予測不可能な藝「大」コレクション展。どうぞご期待ください。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line

予告

zureta

ずれた 国際現代版画展&シンポジウム
会期: 2017年5月11日(木)− 5月28日(日)
午前10時 − 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※5月26日(金)− 28日(日)のみ午後6時まで開館
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
休館日: 月曜日
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部
協力: 東京藝術大学デザイン科視覚・伝達研究室、ウィーン応用芸術大学
助成: 藝大フレンズ賛助金、オーストリア文化フォーラム

美術史は天才によって生み出された傑作について語ることを好みますが、アーティストたちは傑作とは成功よりもある種の失敗から生まれることを知っています。
版画はその入り組んだ制作プロセスのために、失敗や間違いの機会を豊富に与えてくれます。この展覧会に参加するアーティストたちはそうした経験を共有し、「失敗」からの着想を通して生まれた作品を発表します。版画による「ずれ」= 失敗 がしばしば新たな作品に繋がることから、私たちはこの展覧会を「ずれた」と名づけました。
5大陸14カ国における19校もの大学から若いアーティストたちを迎え、ここに彼らの「ずれた」作品と取り組みを紹介できることを嬉しく思います。
    

【シンポジウム】
日時: 2017年5月26日(金)- 5月28日(日) 午前10時 − 午後6時
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
キーノート・スピーカー: リサ・ブルワスキー(ワシントン大学セントルイス)、ヤン・スヴェヌングソン(ウィーン応用芸術大学)、三井田 盛一郎(東京藝術大学)

「不完全さ」とはミスプリント、失敗や誤解などに似て、物事を更新していく為の絶え間ない源泉です。それは創造力を突き動かす、全世界共通のエンジンと言えるでしょう。
このシンポジウムでは様々な国のアーティストや研究者たちが予期せぬ失敗の結果が、いかに新たなアートを生み出すきっかけとなり得るか議論します。
すべての参加者たちが芸術表現として版画を用いることから、全世界の同志たちが「失敗」という着想をどのように捉え用いているのかについてこのシンポジウムが学びの場となることを願っています。 版画はマスメディアとその社会を起源に生まれたがゆえ、そこには常にメディアが孕む「間違いとは何か」という問いかけが必要なのです。

シンポジウムの詳細スケジュールはこちら→https://hanga.tokyo/zureta/schedule/

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
展覧会公式サイト: https://hanga.tokyo/
grey line

予告

yeats

アイルランド-日本外交関係樹立60周年記念
歓喜への孤独な衝動 W.B.イェイツ版画展
会期: 2017年5月11日(木)− 5月28日(日)
午前10時 − 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階
休館日: 月曜日
観覧料: 無料
主催: 駐日アイルランド大使館、東京藝術大学美術学部
協力: SO Fine Arts Editions
助成: カルチャーアイルランド

アイルランド大使館と東京藝術大学は、アイルランドと外交関係樹立60周年を記念して、展覧会「歓喜への孤独な衝動」を開催します。
アイルランドを代表する作家で1923年にノーベル文学賞を受賞したW.B.イェイツの作品に着想を得て創作された版画、写真、散文による作品を展示します。
本展はイェイツの作品を、今を活躍するアーティストや作家の作品を通して現代の人々に紹介することを目標のひとつとしています。
2015年にイェイツの生誕150周年を記念してダブリンでスタートし、その後アメリカ、スウェーデン、イギリス、フランスなどを経て、アイルランドと日本の外交関係樹立60周年である今年、日本に渡ってきました。
    

【同時開催】YEATS Print Collection

展示会場内にてW.B.イェイツの詩をもとに制作された版画集YEATS Print Collectionの展示を同時開催致します。東京藝術大学版画研究室の学生、教員に加え本展覧会の出品者であるリチャード・ゴーマン、エド・ミリアーノが参加します。

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
grey line