展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。

坂口寛敏退任記念展

坂口寛敏退任記念展『パスカル 庭・海・光』

会期: 2017年1月6日(金)- 1月19日(木)
午前10時 - 午後5時(※ただし1月6日(金)は午後7時まで)
入館は閉館の30分前まで
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館
協賛: AGC旭硝子、伊佐ホームズ株式会社、株式会社 大直、常嘉煌芸術育英基金
協力: AGC旭硝子、株式会社エルティディ
助成: 公益財団法人 野村財団、東京藝術大学美術学部 杜の会

 本展覧会は、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻にて25年間に渡り教鞭を執ってきた坂口寛敏の退任記念展です。
 1975年に東京藝術大学大学院を修了した坂口は、8年間ミュンヘンに滞在し、1983年にミュンヘンアカデミー絵画科を卒業。帰国後から現在まで、ドローイング・絵画・インスタレーション・フィールドワーク等、あらゆる手法を用いた制作活動を行ってきました。教育の中においても、学生と共にアートと地域とを繋げるプロジェクト研究活動を意欲的に行い、新たな美術の創造と普及に取り組んできました。
 坂口は、人と場(環境)と関わり、生成と循環のエネルギーに充ちた作品を生み出します。時には、大気、雨、風等も坂口を通して作品の一部となり、作品を循環し続けます。本展覧会でも、展示空間という場にエネルギーを吹き込み、新たな場へと変容させることに挑みます。会場全体には、絵画作品約60点に加え新作、インスタレーションやドローイングが構成されます。
 美術の研究者、教育者としての側面と、作家としての坂口寛敏のこれまでと現在をご高覧いただければ幸いです。

【坂口寛敏によるギャラリートーク】
日 時:2017年1月16日(月)午前11時 -
集合場所:大学美術館 本館3階エレベーターホール
事前申込:不要

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line

飯野一朗退任記念展「彫金の風景」
飯野一朗退任記念展「彫金の風景」

会期: 2017年1月6日(金)- 1月19日(木)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館2階
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館
企画: 東京藝術大学美術学部工芸科 彫金
助成: 東京藝術大学美術学部 杜の会

東京藝術大学 工芸科 彫金で、40年の間指導をしてきた飯野一朗教授による退任記念展。展覧会では1973年の卒業制作「アリアリ」から近年の作品までを一挙に展示します。クラフトそしてジュエリー、更にはオブジェという幅広い分野を自在に行き来し、常に新しい視点と卓越した技術でユニーク且つ風格ある作品を生み出し続け、第一線で活躍してきた氏の軌跡を辿るこの展覧会は、「東京藝術大学 彫金科」の歴史を辿るものであり、また彫金という分野の可能性を改めて実感させられます。ご高覧頂ければ幸いです。

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
grey line

回顧展「橋本明夫の景色」
回顧展「橋本明夫の景色」

会期: 2017年1月6日(金)- 1月19日(木)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1階
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

昨年4 月に急逝された東京藝術大学工芸科鋳金 橋本明夫教授の回顧展。
修了制作から近年の作品までを一挙に公開します。
優れた指導者であると共に、伝統的真土型鋳造法の卓越した技術を持ち、また最先端の高周波溶解炉によるセラミック鋳造をいち早く取り入れた鋳金家としての歩みを辿る展覧会です。
万物のうつろいが繊細かつおおらかに表現された作品群の展示と共に、品川駅東口の修景物アートワークを始めとする多数の受託事業等も公開しますので、ご高覧ください。

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
grey line

予告

sotsuten2016

第65回 東京藝術大学卒業・修了作品展
会期: 2017年1月26日(木)-1月31日(火)
    会期中無休
9時30分−17時30分(入館は17時まで)
* 最終日は9時30分−12時30分(入館は12時まで)
会場: 学部―東京都美術館・大学構内
大学院―大学美術館・大学構内
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学

1月26日(木)から1月31日(火)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学美術学部構内において第65回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で65回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。
どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

問い合わせ: 東京藝術大学美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL: 050-5525-2122

ハローダイヤル: 03-5777-8600

公式サイト: http://diploma-works.geidai.ac.jp/
grey line

予告

雪村

特別展 「雪村−奇想の誕生−」

会期: 2017年3月28日(火)- 5月21日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日: 月曜日(ただし、5月1日は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4
観覧料: 一般1600円(1400円)、大学1200円(1000円)、高校生900円(700円)
中学生以下は無料
* ( )は前売券及び20名以上の団体料金(※前売券は2017年1月中旬から販売予定)
* 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
* 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

前売り券情報はこちら→http://sesson2017.jp/ticket.html

主催: 東京藝術大学、読売新聞社
協賛: 日本写真印刷
協力: 日本航空
後援: TBSラジオ

首の骨が折れるくらいに仰ぎ見る顔から、斜め上に向かってピンと伸びる長いヒゲ。足元を見れば、ギョロッとした目つきの龍。「呂洞賓図(りょどうひんず)」に描かれる場面は、何から何までありえません。
この作品を描いたのは、戦国時代の画僧、雪村周継(せっそんしゅうけい)です。武将の子として生まれながら出家して画業に専心した雪村は、故郷である茨城や福島、神奈川など東国各地を活躍の場としました。その生涯は未だ謎に包まれていますが、ひときわ革新的で、また人間味あふれる温かな水墨画を描き続けた、ということだけは確かです。雪村の作品は江戸時代の尾形光琳らを魅了し、狩野芳崖ら近代の画家たちへと受容されたのでした。
この展覧会は、雪村の主要作品約100件と関連作品約30件で構成される最大規模の回顧展です。
雪村の「奇想」はどのようにして生まれたのか、その全貌に迫ります。

問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
公式サイト: http://sesson2017.jp
grey line