展覧会・催し物 下記の展覧会情報は変更される場合があります。最新情報は直接問い合わせください。

予告

kikukaiga


kikukaiga_ura

聴く絵画・観る音楽 -リナイウォーリ祭壇画-
(絵画のしくみ Vol.2)

会期

2019年10月9日(水) - 10月14日(月)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※10月11日(金)、12日(土)のみ午後7時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学 国際文化財修復プロジェクト室 文化財保存修復センター準備室

助成

ユーイズム株式会社、藝大フレンズ賛助金

協賛

ヤマハ音楽振興会

フラ・アンジェリコの「リナイウォーリ祭壇画」は、聖母子と12天使が描かれた初期ルネサンスを代表する作品のひとつです。天使はそれぞれ楽器を携え、聖母子に音楽を捧げています。この美しい絵画の材料はどんなものだったのでしょう。天使たちが奏でる音楽はどんな音色だったのでしょう。
本展覧会は、本学名誉教授・木島隆康氏がフィレンツェで制作に取り組んだ模写作品を中心に、ワークショップ及び古楽演奏を組み込んだ、体験型展覧会です。絵画・楽譜・音楽、3つの側面から、15世紀イタリアの華麗な芸術に触れることができます。
絵画・楽譜・楽器等の「モノ」自体に加え、制作や演奏の「ワザ」も、文化財をかたちづくる重要な役割を持っています。芸術への感性を研ぎ澄ます瞬間を提供すること、これこそが文化を継承する私たちのミッションであると考えます。

《会期中イベント情報》

参加無料・要予約(先着順)
氏名・人数・連絡先・参加希望イベント名をメールにてお知らせ下さい。
bunkazai@ml.geidai.ac.jp

ワークショップ「テンペラ絵の具作り」
10月9日(水) 15:00 - 16:00
10月10日(金) 15:00 - 16:00
10月12日(土) 11:00 - 12:00

ワークショップ「羽ペンで羊皮紙に書く」
10月10日(木) 15:00 - 16:00
10月12日(土) 15:00 - 16:00
10月14日(月・祝) 11:00 - 12:00

演奏会「ルネサンス・リコーダーで奏でるフィレンツェのポリフォニー」
10月11日(金) 12:30 - 13:00, 18:00 - 18:30
10月12日(土) 12:30 - 13:00, 18:00 - 18:30
10月14日(月・祝) 15:00 - 15:30

シンポジウム「絵・譜・音の材料」
10月13日(日) 14:00 - 17:00
日高翠 東京藝術大学文化財保存学非常勤講師
「『リナイウォーリ祭壇画』来歴と色材について」
八木健治 羊皮紙工房主宰
「『羊に書く音・羊を弾く音』−羊皮紙の楽譜とガット弦の製法−」
菅沼起一 音楽学(バーゼル・スコラ・カントルム/東京藝術大学)
「『黒』から『白』へ −15世紀のフィレンツェゆかりのポリフォニー他

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line