展覧会・催し物 下記の展覧会情報は変更される場合があります。最新情報は直接問い合わせください。

maruyama-shijo


VR_nihonga_omote

「日本博関連イベント VRと日本画技法体験プロジェクト」
日本画技法体験プロジェクトの詳細はこちら
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

円山応挙から近代京都画壇へ

会期

前期:2019年8月3日(土) - 9月1日(日)
後期:2019年9月3日(火) - 9月29日(日)
前期後期で大展示替え!
※ただし、大乗寺襖絵は通期展示
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日
※ ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4

観覧料

一般1,500円(1,200円) 高校・大学生1,000円(700円) (中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

【お得なチケット情報】
・早割ペア券
・グッズセット券
・前売券
※詳細は公式サイトでご確認ください。

主催

東京藝術大学、朝日新聞社

後援

台東区

協賛

岡村印刷工業

江戸時代、京都では、伝統的な流派である京狩野、土佐派をはじめとして、池大雅や与謝蕪村などの文人画、近年一大ブームを巻き起こした伊藤若冲や曽我蕭白、岸駒を祖とする岸派や原在中の原派、大坂でも活躍した森派など、様々な画家や流派が群雄割拠のごとく特色のある画風を確立していました。しかし、明治維新以降、京都画壇の主流派となったのは円山・四条派でした。円山・四条派とは、文字通り円山派と四条派を融合した流派です。
円山派の祖である円山応挙が現れたことで京都画壇の様相は一変しました。応挙が得意とした写生画は画題の解釈を必要とせず、見るだけで楽しめる精密な筆致が多くの人に受け入れられ、爆発的な人気を博しました。京都の画家たちはこぞって写生画を描くようになり、応挙のもとには多くの門下生が集まって、円山派という一流派を形成しました。
四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立しました。呉春の住まいが四条にあったため四条派と呼ばれたこの画風は、弟の松村景文や岡本豊彦などの弟子たちに受け継がれ、京都の主流派となりました。呉春が応挙の画風を学んでいる上、幸野楳嶺のように円山派の中島来章と四条派の塩川文麟の両者に師事した画家も現れたこともあり、いつの頃からか円山派と四条派を合わせて円山・四条派と呼ぶようになりました。
応挙・呉春を源泉とする円山・四条派の流れは、鈴木百年、岸竹堂、幸野楳嶺等へと受け継がれ、それぞれの門下から、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、山元春挙、今尾景年、上村松園等を輩出しました。彼らは博覧会や、日本で初めての公設美術展覧会である文部省美術展覧会で活躍し、全国に円山・四条派の名を広めました。一方で、栖鳳たちは、自身の塾や、教鞭を執った京都府画学校や京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校で多くの近代京画壇の発展に資する後進たちを育てています。
本展では、応挙、呉春から戦前までの系譜を丁寧に追うことで、円山・四条派の全貌に迫るとともに、日本美術史のなかで重要な位置を占める京都画壇の様相の一端を明らかにするものです。

出品リスト(PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

公式サイト

https://okyokindai2019.exhibit.jp/

巡回:京都国立近代美術館 2019年11月2日(土) - 12月15日(日)

grey line

superclone

スーパークローン文化財ってなに?

会期

2019年9月16日(月・祝)- 9月29日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

9月17日(火)、9月24日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学COI拠点

協力

株式会社竹尾、小川香料株式会社、公益財団法人 足立美術館、Factum Arte

会場設営

展示実践演習履修者

現行の文化財保護法では、文化財の「保護」とは「保存」と「活用」によって為されることを定義しています。フェノロサと共に東京美術学校を創設した岡倉覚三(天心)は、法隆寺夢殿に安置された救世観音の扉を開き、帝国博物館が所蔵する文化財の模写や模造事業を推進しました。それは、文化財のものとしての保存でもあり、意匠や技巧の継承でもあり、また文化の振興(活用)でもあったでしょう。さらに、焼損した法隆寺金堂壁画の再現事業には、東京美術学校の教員や出身者が多く従事し、日本における文化財保護の歴史は連綿と受け継がれてきました。
東京藝術大学および同学COI拠点は、東京美術学校から繋がる文化財保護の精神を継承し、古くより伝承されてきた伝統的な模写の技術と、現代のデジタル撮影技術や2D・3D の印刷技術を融合させ、流出または消失した世界中の文化財を再現・復元する「スーパークローン文化財」を開発しました。本展では、オリジナルの綿密な調査から絵具や基底材などの成分・表面の凹凸・筆のタッチまで忠実に再現し、高精度かつ同素材・同質感を目指す「スーパークローン文化財」とは何かを紹介していきます。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

kikukaiga


kikukaiga_ura

聴く絵画・観る音楽 -リナイウォーリ祭壇画-
(絵画のしくみ Vol.2)

会期

2019年10月9日(水) - 10月14日(月)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※10月11日(金)、12日(土)のみ午後7時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学 国際文化財修復プロジェクト室 文化財保存修復センター準備室

助成

ユーイズム株式会社、藝大フレンズ賛助金

協賛

ヤマハ音楽振興会

フラ・アンジェリコの「リナイウォーリ祭壇画」は、聖母子と12天使が描かれた初期ルネサンスを代表する作品のひとつです。天使はそれぞれ楽器を携え、聖母子に音楽を捧げています。この美しい絵画の材料はどんなものだったのでしょう。天使たちが奏でる音楽はどんな音色だったのでしょう。
本展覧会は、本学名誉教授・木島隆康氏がフィレンツェで制作に取り組んだ模写作品を中心に、ワークショップ及び古楽演奏を組み込んだ、体験型展覧会です。絵画・楽譜・音楽、3つの側面から、15世紀イタリアの華麗な芸術に触れることができます。
絵画・楽譜・楽器等の「モノ」自体に加え、制作や演奏の「ワザ」も、文化財をかたちづくる重要な役割を持っています。芸術への感性を研ぎ澄ます瞬間を提供すること、これこそが文化を継承する私たちのミッションであると考えます。

《会期中イベント情報》

参加無料・要予約(先着順)
氏名・人数・連絡先・参加希望イベント名をメールにてお知らせ下さい。
bunkazai@ml.geidai.ac.jp

ワークショップ「テンペラ絵の具作り」
10月9日(水) 15:00 - 16:00
10月10日(金) 15:00 - 16:00
10月12日(土) 11:00 - 12:00

ワークショップ「羽ペンで羊皮紙に書く」
10月10日(木) 15:00 - 16:00
10月12日(土) 15:00 - 16:00
10月14日(月・祝) 11:00 - 12:00

演奏会「ルネサンス・リコーダーで奏でるフィレンツェのポリフォニー」
10月11日(金) 12:30 - 13:00, 18:00 - 18:30
10月12日(土) 12:30 - 13:00, 18:00 - 18:30
10月14日(月・祝) 15:00 - 15:30

シンポジウム「絵・譜・音の材料」
10月13日(日) 14:00 - 17:00
日高翠 東京藝術大学文化財保存学非常勤講師
「『リナイウォーリ祭壇画』来歴と色材について」
八木健治 羊皮紙工房主宰
「『羊に書く音・羊を弾く音』?羊皮紙の楽譜とガット弦の製法?」
菅沼起一 音楽学(バーゼル・スコラ・カントルム/東京藝術大学)
「『黒』から『白』へ ?15世紀のフィレンツェゆかりのポリフォニー他

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

ai_dessin

ヒトは描くときに何を見ているか

会期

2019年10月9日(水)-10月14日(月・祝)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学 芸術×科学プロジェクト

共催

新学術領域「多元質感知」

助成

JSPS/科学研究費補助金 15H05918
「コンピュータビジョンで実現する多様で複雑な質感の認識機構」

日本に西洋美術が輸入されて以来、美術教育の現場では石膏像(複製)を対象としたデッサン(素描・写生)が学生のカリキュラムとして定着しました。日本美術教育の中枢機関として設置された東京美術学校(現東京藝術大学美術学部)の入学試験では石膏像などを対象としたデッサンが課され、現在でも日本の美術・芸術系大学の多くはデッサンを入学試験課題としています。
世界をありのままに、写実的に映し出す技術は、デッサンや絵画を描くヒトのわざだけでなく、デジタルカメラやVRを含むコンピュータグラフィックス技術の進歩によって、より高精細に、より正確に、より客観的に表現することが可能になりました。また、ディープラーニング(深層学習)をはじめとする機械学習の発達により、スマートフォンで撮影した写真を、誰でも簡単にゴッホ風やピカソ風、デッサン風に加工できるようになっています。
本展では、従来のディープラーニングを用いた画像自動化システムに、芸術家が培ってきた世界を描き出す技術と経験、勘を加えることで、対象の光沢感や透明感、材質感といった質感を伴ったデッサンをAI技術によって再現することに挑戦しています。デッサンの画像解析を用いて、写真から生成したデッサン(AIデッサン)を多数展示し、コンピュータが、ヒトが視る・感じる世界に近い、多様で複雑な質感表現に迫っていきます。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

tezuka

退任記念 手塚雄二展

会期

2019年10月10日(木)-10月24日(木)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日


2019年10月15日(火)、21日(月)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会

手塚雄二は、1992年より東京藝術大学美術学部絵画科日本画専攻で教鞭をとり、2004年から15年間、本学日本画専攻の教授を務めています。2020年3月の退任を機に、この度「退任記念 手塚雄二展」を開催する運びとなりました。
手塚雄二は1953年に神奈川県に生まれ、80年に東京藝術大学絵画科日本画専攻を卒業しました。卒業制作ではサロン・ド・プランタン賞を受賞し、同大学院の修了制作では台東区長賞を受賞しています。1989年~91年、再興院展にて日本美術院大観賞を受賞し、その翌年には39歳という若さで日本美術院同人に推挙されました。以来、現代の日本画壇を牽引するトップランナーとして、個展も積極的に行い、絶えず新しい日本画を探求するべくアグレッシヴな活動を展開しています。
手塚の描く日本画は、金泥や砂子など日本画の伝統的な表現技法を用いながら、光や空間を表現する西洋的な技法も取り入れ、日本の伝統美を高純度かつスマートな感性で流麗に描きあげていきます。これらの新時代の日本画を切り開く作品群は高い評価を得ています。また、今年全国を巡回した「手塚雄二展 光を聴き、風を視る」では、「世紀の屏風」とも言うべき「明治神宮内陣御屏風(日月四季花鳥)」を展示し、大きな話題をさらいました。本展では、特別に本作の下図を披露します。
さらに本展では、人物をシュールな世界観で描いた卒業制作《夢模様》をはじめ、自然の風景をテーマに描き、院展で大観賞を受賞した《嶺》や《市民》、文部大臣賞を受賞した《海音》、内閣総理大臣賞を受賞した超大作の《風雲風神》など、これまでの代表作を展示します。さらには後進に日本画の制作過程を示唆するべく、本画に至るまでのスケッチ、下図、大下図を多数展示するなど、またとない貴重な内容になっています。
是非この機会に、ご来場者の皆様にあらためて日本画に親しんでいただき、その制作過程も合わせてご高覧頂けたら幸いです。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

research19

美術と教育 全国リサーチプロジェクト 2019
こんな授業を受けてみたい!

会期

2019年10月13日(日) - 11月4日(月・祝)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜、10月15日(火)
※ ただし10月14日(月)、11月4日(月)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部

後援

文化庁

協力

東京藝術大学美術学部杜の会、岐阜県美術館

特別協賛

三菱地所

「美術と教育 全国リサーチプロジェクト」とは、全国の幼稚園から大学で、どんな美術教育が実施されているかをリサーチするプロジェクトです。 3年目となる今年度は、国内の事例にとどまらず、国外の事例や作品も含めて調査・発表します。 誰もが受けた経験のある美術教育。だからこそ「こんな授業を受けてみたい!」というタイトルにあるように、来場者自身が展覧会を通して美術教育を捉え直す機会となるはずです。 教育者の目線、学生の目線、アーティストの目線、そして、来場者の皆さまと一緒に再考する、美術教育の課題と可能性を探る展覧会です。皆さまのご来場をお待ちしています。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

展覧会公式サイト

http://research-project.geidai.ac.jp/

grey line