展覧会・催し物下記の展覧会情報は変更される場合があります。 最新情報は直接問い合わせください。


宮廻正明展 行間のよみ
会期: 2018年1月4日(木)−1月17日(水)
午前10時 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)
会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学 大学院美術研究科、大学美術館、社会連携センター
協力: COI拠点、足立美術館、今井美術館、ウッドワン美術館、セレネ美術館、成川美術館、小川香料株式会社、日本電信電話株式会社
助成: 東京藝術大学美術学部 杜の会

宮廻正明は、1951年に島根県に生まれ、東京藝術大学美術学部デザイン科を卒業、大学院文化財保存修復技術(日本画)を修了し、以後、東京藝術大学で36年間にわたって教鞭を執ってきました。
自然や人間を現代的な感覚と独特の視点で見つめ、裏彩色という古典技法で描いてきた宮廻は、再興日本美術院(院展)で受賞を重ね、同人・理事として活躍を続けています。さらに、近年では日本画という枠を越えた絵画としてロシア、ハンガリー、ポルトガル、イタリアなどで個展を開催し、自身の芸術を世界各国で積極的に発表しています。
また、東京藝術大学では、文化財保存学専攻保存修復日本画研究室の教授として後進の育成に取り組みながら、社会連携センター長として「クローン文化財」をはじめとする藝大発のイノベーションを社会に発信してきました。
本展では、宮廻正明の卒業制作から現在に至るまでの歩みと、独自の芸術世界を一堂に展観いたします。多くの方々にご高覧いただけますようご案内申し上げます。

【ギャラリートーク】
1月6日(土)、7日(日)、13日(土)、14日(日)
※各日午後1時〜、参加自由、入場無料

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
公式サイト: http://www.geidai.ac.jp/labs/hozonnihonga/gyoukan/
grey line

梅原幸雄 退任展


梅原幸雄 退任展
会期: 2018年1月6日(土)−1月18日(木)
午前10時 − 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※1月11日(木)は午後7時30分まで開館(入館は午後7時まで)
休館日: 会期中無休
会場: 東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館
協力: 茨城県近代美術館、さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-、高崎市タワー美術館、平野美術館
助成: 東京藝術大学美術学部 杜の会

梅原幸雄は、1950年(昭和25年)三重県南伊勢町に生まれました。東京藝術大学在学中に制作した「微風」が 再興第65回日本美術院展覧会で初入選を果たすと、その後も日本美術院賞をはじめ文部科学大臣賞や内閣総理大臣賞など次々と受賞を重ね、その才能を開花させていきます。現在は、東京藝術大学の教授として後進の育成に尽力する傍ら、日本美術院の同人として意欲的に創作活動を展開し、日本画の発展に大きく貢献しています。梅原によって描きだされる作品は、自然の偉大さを感じさせるダイナミックな描写や、インドで出会った女性たちをモチーフとした鮮やかな色彩表現、そして安定した構図が特徴的です。その生命力溢れる画風は、多くの人々から高い評価を受けています。
本展覧会では、20年にわたり教鞭を取られてきた東京藝術大学を退任されるのを前に、その画業を辿るものです。再興第86回院展にて文部科学大臣賞を受賞した「花筏」や、再興第88回院展にて内闊総理大臣賞を受賞した「白銀の流れ」などの大作を中心に、素描などもあわせて展示致します。

問い合わせ: ハローダイヤル 03-5777-8600
grey line

予告

sotsuten17

第66回 東京藝術大学卒業・修了作品展
会期: 2018年1月28日(日) − 2月3日(土)
    会期中無休
午前9時30分−午後5時30分(入館は午後5時まで)
* 最終日は9時30分−午後12時30分(入館は午後12時まで)
会場: 学部―東京都美術館・大学構内
大学院―大学美術館・大学構内・東京都美術館
会場マップはこちら→ https://diploma-works.geidai.ac.jp/floorguide
観覧料: 無料
主催: 東京藝術大学

1月28日(日)から2月3日(土)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学美術学部構内において第66回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で66回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、陳列館や正木記念館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。
どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

問い合わせ: 美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL: 050-5525-2122

ハローダイヤル: 03-5777-8600

公式サイト: http://diploma-works.geidai.ac.jp/
grey line

予告

美人画

             
東西美人画の名作 《序の舞》への系譜

会期: 2018年3月31日(土)− 5月6日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
休館日: 月曜日(※4月30日、5月1日は開館)
会場: 東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2
観覧料: 一般1,400円(1,300円)円  高校・大学生900円(800円)円 (中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料
主催: 東京藝術大学、読売新聞社

このほど、近代美人画の最高傑作である上村松園作《序の舞》(重要文化財)の修理が完成し、本展にてはじめて一般に公開される運びとなりました。上村松園(1875-1949)は、京都に生まれ鈴木松年や竹内栖鳳らに学びながら、独自の美人画様式を確立。官展を中心に活躍し、昭和23年(1948)、女性としてはじめての文化勲章を受章しました。昭和11年(1936)作の《序の舞》は、松園のもっとも充実した時期に制作された代表作のひとつです。
本展では、この機に、江戸時代の風俗画や浮世絵に近代美人画の源流を探りながら、《序の舞》に至る美人画の系譜をたどります。明治中期から昭和戦前期までの、東京と関西における美人画の展開を、松園をはじめ菱田春草、鏑木清方、菊池契月、北野恒富ら著名作家たちの名作を中心に俯瞰いたします。

公式サイト: http://bijinga2018.jp/
問い合わせ: ハローダイヤル03-5777-8600
grey line