展覧会・催し物 下記の展覧会情報は変更される場合があります。最新情報は直接問い合わせください。

hongou

本郷寛退任記念展 ―黙示―

会期

2019年1月8日(火) - 1月20日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 1月12日(土)、19日(土)は午後7時閉館

休館日

2019年1月15日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

協賛

東京上野ロータリークラブ、日本画材工業会、ホルベイン株式会社

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会、東京藝大マスターズ基金

協力

医療法人社団いばらき会、医療法人社団 和恵会、江戸川学園取手中高等学校、千葉県立千葉高等学校、中村澄子、有限会社西川不動産

本郷寛教授は昭和51年(1976)に東京藝術大学大学院彫刻専攻を修了後、彫刻科基礎実技の非常勤助手を経て、昭和56年(1981)に美術教育研究室の非常勤助手となり、以来、37年間にわたり美術教育の世界で横断的に教育、研究に携わってきました。彫刻家であると同時に美術教育者でもある本郷寛教授は、制作者が美術教育について語ることを大切にし、作家が社会における美術文化振興に関わることの重要性を体現してきました。本展覧会では、こうした本郷寛教授の多面的な活動の軌跡を展示いたします。
作品展示空間では、乾漆、石膏、ブロンズなど多岐素材にわたる塑造作品群を紹介し、学生時代から現在までの作品に対する考えと造形の変遷を展示いたします。美術教育の研究と実践のセクションでは、活動の歴史が概観できるよう記録写真を交えて多様かつ持続的な美術教育の取り組みをご紹介いたします。
本郷寛教授の永年の美術教育活動は研究室の歴史と重なっています。これからの美術教育を担う人たちへのメッセージとして、制作を通して培われる人間性を大切にしてきた本郷寛教授の制作観、教育観をお伝えできればと考えております。彫刻家であり美術教育者である本郷寛教授の活動の軌跡を総覧する本郷寛退任記念展をご高覧いただければ幸いです。

出品リストはこちら → HONGOU_list.pdf
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

【関連企画】

同時開催: 美術教育の森 ― 美術教育研究室の作家たち ―

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

kijima

木島隆康 退任記念展 ―修復の手―

会期

2019年1月8日(火) - 1月20日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 1月12日(土)、19日(土)は午後7時閉館

休館日

2019年1月15日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会、東京藝大マスターズ基金

協力

台東区立書道博物館、東京藝術大学国際文化財修復プロジェクト室 文化財保存修復センター準備室

東京藝術大学美術研究科文化財保存学(保存修復油画研究室)にて、17年に渡り教鞭をとってきた木島隆康教授が、平成30年度をもって退任する運びとなりました。これを記念しまして、「木島隆康 退任記念展 ―修復の手―」を開催し、木島教授がこれまで修復に携わった作品や、東京藝術大学着任前から行っている黄金背景テンペラ画の模写研究、その道具の数々をご覧いただきます。また、科学的な調査や特殊光撮影を駆使し、入念な調査の上に成り立つ修復を、ポスター形式にてご紹介します。木島教授のこれまでの功績と、木島教授と学生の、修復への真摯な姿勢のもとに修復を終えた作品群をご覧いただく展覧会です。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

bikyo-no-mori

美術教育の森 ― 美術教育研究室の作家たち ―

会期

2019年1月8日(火) - 1月20日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 1月12日(土)、19日(土)は午後7時閉館

休館日

2019年1月15日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

無料

企画・主催

美術教育研究室企画実行委員会

協賛

東京上野ロータリークラブ、日本画材工業会、ホルベイン株式会社

美術教育研究室では、本郷寛先生の退任記念展と同時に、展覧会『美術教育の森 ― 美術教育研究室の作家たち ―』を開催いたします。
美術教育研究室では、美術の教育的意義や美的人間形成について実技制作と理論研究から多角的に研究に取り組んでいます。
実技制作では、美術領域の様々な分野に視野を広げ、表現者として各自の専門的な能力を高めることを目指しています。同時に、表現の根源にある思想や人間形成における美術の本質的意義などについて探究し、制作の中で得られた知見を理論的に深める研究を行っています。制作においては諸分野を横断的に見通す広い視野を持ち、理論研究においても、制作論や教育論はもとより、美術解剖学や図学・色彩学などの芸術基礎学、あるいは医療や福祉など人間が生きることに関わる諸学問とも連携して、これからの美術教育を創り出していくことを目指しています。
美術教育研究室は1963年に大学院の独立講座として開設されて以来、美術教育に関わる多様な人材を半世紀にわたって育成、輩出すると同時に、数々の美術教育活動を行ってきました。研究室の歴史が厚みを増してきた現在、美術教育研究室に関わってこられた歴代教員・修了生による展覧会を開催いたします。「実技」と「理論」の両輪から成る東京藝術大学美術教育研究室ならではの教育実践の発表の場として、制作に根ざした美術教育の重要性を本展覧会で発信できればと考えております。

出品リストはこちら → FOREST_list.pdf
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

【関連企画】

同時開催: 本郷寛退任記念展 ―黙示―

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

kitagawara

北川原温退任展 太陽と月と地球と人がつくる円錐形の闇

会期

2019年1月8日(火) - 1月20日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 1月17日(木)は午後7時閉館

休館日

2019年1月15日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

協賛

相臺公豊、中川統夫、中村和男、八木浩史、北野建設、きんでん、前田建設工業

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会

協力

企画制作:澤田航
模型製作:甲斐貴大
グラフィックデザイン:岡﨑真理子
金属製作:白倉裕
設計協力:奈良祐希
彫刻:島田佳樹、森木ノ実、今井亮介
英訳:Sam Holden
制作協力:Tatiana Kronoz、Aino Salo
什器製作:月造
機械設計製作:エフイーシー
協力:北川原温建築都市研究所

44年前、建築科の藤木忠善先生の研究室の院生だったときにサウジアラビアで都市計画の研究に従事した。私たちがつくる建築の模型を見た現地の遊牧民は「建物をいくらつくっても、いつか砂にかえる。結局、無駄なものだ」と呟いた。遊牧民の生活は常に移動していかなければ成り立たない。だから大地に固定される建築は彼らから見れば無用の長物なのだ。その一言は沙漠に新都市をつくる夢を抱いていた私に忘れられない衝撃を与えた。たしかに遊牧社会にとって建築は無用であり、農耕社会にとっては有用である、というように社会の形態によって建築の価値はちがってくる。しかし、私がアラビア半島にいて感じたのはもっと深いところに横たわる疑問だった。それ以来、「建築とは何か」についてずっと考え続けている。
(中略)
17年前に母校の藝大に戻り、学生達とともに「建築とは何か」を探求してきた。その答えは未だに見つからない。それどころかますます遠ざかっているように思う。「円錐形の闇」は光の速度で逃走しているのかもしれない。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

heneghan

トム・ヘネガン退任記念展
SPECUTLATIONS -Ideas in Modern Architecture-

会期

2019年1月8日(火) - 1月20日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 1月17日(木)は午後7時閉館

休館日

2019年1月15日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

東京藝大マスターズ基金

協賛

相臺公豊、中川統夫、中村和男、八木浩史、北野建設、きんでん、前田建設工業

8年前、トム・ヘネガン教授は学習を始めたばかりの学部1年生に対して「建築を作るということは物質的にも知性的にも創造性を発揮することである」ということを伝えるための、一連の重要な講義を構築し始めました。題は「Ideas in Architecture」といい、その論点は建築のアイデアを新しいか古いかではなく「先例/発明」「革命」「時代精神」「技術」「結構」「自然」「光/眺め」「意図」という10の主題によって吟味することで展開していました。
歴史家は講義内容を時系列によって構成する傾向があり、「主題」による構成は稀です。しかしヘネガン教授は実践的な建築家であり、彼の興味はいかにして建築家が建物のデザインをする際に込めたアイデアを表現するかにありました。
先述の主題こそ変わりませんが、ヘネガン教授は彼の現代建築と歴史建築に関する研究の進歩に合わせて授業内容を毎年変化させてきました。学部1年生で彼の授業を受けた多くの藝大生達は、その講義内容の発展を聞くために数年後、あるいは大学院に入学してからも自主的に再びへネガン教授の授業に参加していたのです。
本展は、その講義の集大成としての展示であり、偉大な建築家や建築物がどのような秘められた思想理念に基づいて構築され、そしてどのように受け継がれてきたかを1つの視点から示すものです。そして藝大において建築を志す学生たちが学んできたアイデアの一端を、皆さまにご高覧いただけますと幸いです。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

hakase18

第67回 東京藝術大学卒業・修了作品展

会期

2019年1月28日(月) - 2月3日(日)
会期中無休
午前9時30分 - 午後5時30分(入館は午後5時まで)
※ 最終日は午前9時30分 - 午後12時30分(入館は午後12時まで)

会場

学部: 東京都美術館・大学構内
大学院: 大学美術館・大学構内

 

会場マップはこちら→会場マップ(PDF)

観覧料

無料

主催

東京藝術大学

1月28日(月)から2月3日(日)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学構内において第67回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で67回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。 どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

問い合わせ

美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL 050-5525-2122
ハローダイヤル 03-5777-8600

公式サイト

http://diploma-works.geidai.ac.jp/

grey line

予告

collection19

ラファエル・コラン 《田園恋愛詩》 明治15年(1882)

藝大コレクション展 2019

会期

第1期:2019年4月6日(土) - 5月6日(月・休)
第2期:2019年5月14日(火) - 6月16日(日)
※ 大幅な展示替えがございます。
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(ただし、4月29日、5月6日は開館)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催

東京藝術大学

助成

藝大フレンズ賛助金

東京藝術大学は、その前身である東京美術学校開校に先だって、様々な芸術資料を収集してきました。そこには、東京美術学校および東京藝術大学の歴代在学生・卒業生たちの作品(「学生制作品」と呼ばれます)や、歴代教員の作品、そして、学生の教材として用いられた美術資料が含まれており、その総数は約3万件にのぼります。そして、この多様なコレクションを紹介するのが「藝大コレクション展」です。
今年の藝大コレクション展では、コレクションの多様な側面をご紹介します。第1期、第2期ともに、いわゆる「名品」として知られる作品をご覧いただくだけでなく、「Collection in Focus」と題したセクションで、これまで紹介される機会の少なかった作品・資料を、新しい視点から展示します。
この展覧会でとくに注目されるのは、藝大の近世絵画コレクションの優品である池大雅《富士十二景図》連作です。全12幅のうち、本学が7幅、他館で4幅の存在が知られていましたが、このたび最後の1幅が発見され、収蔵されることになりました。この1幅の収蔵を記念した特集展示を行います。

プレスリリースはこちら → 藝大コレクション展 2019 (PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

maruyama-shijo

円山応挙から近代京都画壇へ

会期

2019年8月3日(土) - 9月29日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日
※ ただし、月曜日が祝日または振替休日の場合は開館、翌日休館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4

観覧料

一般1,500円(1,200円) 高校・大学生1,000円(700円) (中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催

東京藝術大学、朝日新聞社

江戸時代、京都では、伝統的な流派である京狩野、土佐派をはじめとして、池大雅や与謝蕪村などの文人画、近年一大ブームを巻き起こした伊藤若冲や曽我蕭白、岸駒を祖とする岸派や原在中の原派、大坂でも活躍した森派など、様々な画家や流派が群雄割拠のごとく特色のある画風を確立していました。しかし、明治維新以降、京都画壇の主流派となったのは円山四条派でした。円山四条派とは、文字通り円山派と四条派を融合した流派です。
円山派の祖である円山応挙が現れたことで京都画壇の様相は一変しました。応挙が得意とした写生画は画題の解釈を必要とせず、見るだけで楽しめる精密な筆致が多くの人に受け入れられ、爆発的な人気を博しました。京都の画家たちはこぞって写生画を描くようになり、応挙のもとには多くの門下生が集まって、円山派という一流派を形成しました。
四条派の祖である呉春は、初め与謝蕪村に学び、蕪村没後は応挙の画風を学んだことで、応挙の写生画に蕪村の瀟洒な情趣を加味した画風を確立しました。呉春の住まいが四条にあったため四条派と呼ばれたこの画風は、弟の松村景文や岡本豊彦などの弟子たちに受け継がれ、京都の主流派となりました。呉春が応挙の画風を学んでいる上、幸野楳嶺のように円山派の中島来章と四条派の塩川文麟の両者に師事した画家も現れたこともあり、いつの頃からか円山派と四条派を合わせて円山四条派と呼ぶようになりました。
応挙・呉春を源泉とする円山四条派の流れは、鈴木百年、岸竹堂、森寛斎、幸野楳嶺等へと受け継がれ、それぞれの門下から、近代京都画壇を牽引した竹内栖鳳、菊池芳文、山元春挙、今尾景年、上村松園等を輩出しました。彼らは博覧会や、日本で初めての公設美術展覧会である文部省美術展覧会で活躍し、全国に円山四条派の名を広めました。一方で、栖鳳たちは、自身の塾や、教鞭を執った京都府画学校や京都市立美術工芸学校、京都市立絵画専門学校で多くの近代京画壇の発展に資する後進たちを育てています。
本展では、応挙、呉春から戦前までの系譜を丁寧に追うことで、円山四条派の全貌に迫るとともに、日本美術史のなかで重要な位置を占める京都画壇の様相の一端を明らかにするものです。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line