展覧会・催し物 下記の展覧会情報は変更される場合があります。最新情報は直接問い合わせください。

台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉

台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉

会期

2018年9月14日(金) - 9月29日(土)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の10分前まで)
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学、台湾文化部、芸術文化振興基金

企画

東京藝術大学美術学部

協力

台北駐日経済文化代表処台湾文化センター

後援

公益財団法人日本台湾交流協会、台東区

助成

公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団、
公益財団法人アサヒグループ芸術文化財団

協賛

株式会社ニコン

事業名

台湾・日本芸術文化交流事業 台湾文化光点計画

台湾で制作発表する1960 年代以降生まれで、あまり日本では紹介される事の少なかった8名の写真家による展覧会となります。グローバル化した社会の中でアジアの国として均質化したようでありながら、細部を見ていけば日本との違いも多く、台湾独特の世界観が見えてくるでしょう。Inside / Outside とサブタイトルをつけたように、台湾の町並みや風土をテーマとして、社会や自身を見つめる作家と、自身の内部に根ざし、そこから社会に照らし返すような作業をする作家によって、現代台湾の独特な状況や、またグローバルな普遍性を探る展示となります。

【シンポジウム】

■テ-マ:台湾写真表現の今〈Inside / Outside〉
■会 場:東京藝術大学美術学部中央棟1F 第1講義室
■日 程:2018 年9 月15 日(土)午後3時-午後5時(開場は午後2時30分)
■対 象:本学学生及び職員、一般、マスメディア
■入場料:無料
■参加方法:定員180名先着順

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

art_hozon

芸術ア ー トの保存・修復 ―未来への遺産

会期

2018年10月2日(火) - 10月18日(木)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

10月9日(火)、10月15日(月)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2

観覧料

無料

主催

芸術の保存・修復プロジェクト、東京藝術大学COI拠点

協力

ソニービジネスソリューション株式会社、電子システム株式会社、株式会社日立製作所、metaPhorest(早稲田大学岩崎秀雄研究室)、東京藝術大学保存修復建造物研究室

美術は絵画・彫刻などの伝統的なジャンルを超えて、音楽や映像、身体表現と融合し、様々な表現が存在する芸術(アート)へと領域を広げ、紙、キャンバス、木、石、金属だけでなく、テレビやヴィデオ、DVDやスマートフォンなどの新しいメディアを用いた作品が増えてきました。本展覧会ではそのような卒業制作や自画像を展示し、伝統的な模写・修理、新たな複製・復元技術のクローン文化財や、作品の再制作といった視点から、現代の芸術(アート)における保存修復をめぐる問題を考察します。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

research18

幼稚園から大学まで美術教育の流れを体感する展覧会
― 全国美術・教育リサーチプロジェクト2018 ―
「美術の授業ってなんだろう?」

会期

2018年10月2日(火) - 10月21日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学美術学部 杜の会

特別協賛

三菱地所株式会社

協力

全国芸術系大学コンソーシアム、全国国立大学附属学校連盟

本プロジェクトは、多様な感性を育む「美術」においてその「授業」の具体的な内容をリサーチすることで、授業そのものの多様性を通じ美術・芸術について教育現場の理解を深め美術界全体の活性化に繋げることを目標とします。現在、幼稚園から現役大学生までどのような「美術の授業」が行われているのか?特に注目すべき授業は、どのような内容でいかなる作品が制作されているのか?東京藝術大学では、各科どんな授業が行われているのか?リサーチ結果をパネルや映像、実作品によって一望できる展示を東京藝術大学大学美術館で展開します。
また、本年度から芸術教科の所管が文部科学省から文化庁へ移管されることになり「学校教育における人材育成からトップレベルの芸術家の育成まで一体的な施策」が求められています。その意味においても本プロジェクトは、広く日本の「美術・教育」の可能性を考えてくため全国的にアーティスト、教育関係者等の問題意識を共有し議論を高めていきます。そして本プロジェクトにより全国での「美術・教育」関係者ネットワークの繋がりを深め文化芸術基盤構築を目指していきます。

【関連企画】

1. シンポジウム
「日本・美術・教育」
芸術系大学の美術・教育はどこへ向かうのか?

日時:
10月2日(火)15:30 ? 17:30

会場:
東京藝術大学上野校地美術学部絵画棟1F石膏室
〒110-8714 東京都台東区 上野公園12-8

登壇者:
小池一子(十和田市現代美術館館長、武蔵野美術大学名誉教授)
長田謙一(名古屋芸術大学 芸術学部教授)
日比野克彦(東京藝術大学 美術学部学部長)
藤浩志(秋田公立美術大学 教授)

司会:
中村政人(東京藝術大学 美術学部教授)


2. ラウンドテーブル(美術の先生たちによるディスカッション)
「美術による教科教育と美術の専門教育を考える」

日程:
10月7日(日)15:00 ? 17:00

会場:
東京藝術大学上野校地美術学部大学美術館 本館3階
〒110-8714 東京都台東区 上野公園12-8

登壇者:
百瀬剛(宝仙学園小学校 教諭)
落合良美(東京都立小石川中学校 教諭)
風間正幸(千葉県立船橋高等学校 教諭、全国高等学校美術工芸教育研究会 理事長)
荻原克哉(東京都立総合芸術高校 教諭)
荒木慎也(成城大学他 非常勤講師)
石井壽郎(東京学芸大学 准教授)
木津文哉(東京藝術大学 美術学部教授)
伊藤達矢(東京藝術大学 美術学部 特任准教授)

司会:
中村政人(東京藝術大学 美術学部教授)

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

collection18

藝大コレクション展2018

会期

2018年10月2日(火) - 11月11日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日(10月8日は開館)、10月9日

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

一般430円(320円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障害者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催

東京藝術大学

助成

藝大フレンズ賛助金

東京藝術大学のコレクションは、前身である東京美術学校の開校に先立って開始された芸術作品・資料の収集にはじまります。以来130 年間、学生たちの学びに役立つものを、という収集方針のもと、約30,000 件にも及ぶ様々な分野の作品がコレクションされてきました。その中には、「制作の過程が見えるように」、また「作家の試行錯誤の跡が伝わるように」という考えから、下図やスケッチブックなども多く含まれています。藝大コレクション展2018では、コレクションを代表する名品に加えて、下図やスケッチ、関連作と、完成作品とを並べて展示し、ときに作家の言葉を読みながら鑑賞していただくことを試みます。
また、本展の大きな目玉として、2017 年度の東京藝術大学クラウドファンディング事業で修復費用を募った、柴田是真作の明治宮殿千種之間天井画下図の修復完成のお披露目を行います。ほころびや破れが手当され、一層美しくなった是真の草花図の数々を存分に堪能していただく機会となります。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

須永剛司退任展 情報のかたち 社会のかたち デザイン新領域の育て方

須永剛司退任展
情報のかたち 社会のかたち
デザイン新領域の育て方

会期

2018年10月4日(木) - 10月9日(火)
午前10時 - 午後6時(入館は閉館の30分前まで)
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

企画

東京藝術大学 美術学部 デザイン科

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会
東京藝術大学マスターズ基金

わたしたちは四半世紀にわたり、目に見えない情報にかたちを与えるデザイン領域をつくってきました。
そこで体験したのは、デザインの課題が情報のプロダクトからコミュニケーションのサービスヘ展開し、さらに社会の営みをかたちづくることへ広がっていく変容です。
この展覧会では、その領域づくりの所産とそこに生まれた議論をふり返ります。そこから、人びとの社会づくりに参加するデザインの可能性を展望します。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

fukai

退任記念 深井隆展 ―7つの物語―

会期

2018年11月1日(木) - 11月11日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ ただし、11月1日(木)は午後7時閉館

休館日

月曜日

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

公益財団法人花王 芸術・科学財団、東京藝術大学美術学部 杜の会、東京藝大マスターズ基金

深井隆教授は、東京美術学校の木彫科から連なる系譜を受け継ぎ、今日の東京藝術大学彫刻科の中心として研究活動の発展に尽力してまいりました。その背中を見て育った作家たちによる彫刻展や、書籍の出版が卒業生によって企画されていることなどは、美術学部の発展にも大きく寄与してきたことの証といえるでしょう。今年度をもって退任を迎えることとなり、このたび「退任記念 深井隆展 ―7つの物語―」を開催する運びとなりました。本展では会場となる空間を7つの部屋に分け、現在までに発表してきた作品に加え、自身の学部卒業制作と関連した新作を含む、7つの物語が展開されます。約半世紀の長きにわたって、本学彫刻科の木彫室で深井?教授が生み出した膨大な数の作品と、その一貫した彫刻の世界を辿ることが出来る集大成の展覧会をご高覧いただければ幸いです。
彫刻科研究室


【関連企画】

心地の良いノイズ 茶道 ―薄茶平点前の音を聴く―
日時:2018年11月7日(水) 午後3時30分(終演予定:午後5時)
会場:東京藝術大学 正木記念館2階
※ 詳細はこちら → チラシのPDF

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line