展覧会・催し物 下記の展覧会情報は変更される場合があります。最新情報は直接問い合わせください。

予告

1940's フジタ・トリビュート

1940's フジタ・トリビュート

会期

2018年7月28日(土) - 8月15日(水)
午前10時 - 午後6時(入館は午後5時30分まで)

休館日

月曜日

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1階・2階

観覧料

無料

主催

フジタ・トリビュート・プロジェクト、東京藝術大学

助成

公益財団法人テルモ生命科学芸術財団、公益財団法人野村財団、公益財団法人朝日新聞文化財団

協賛

株式会社 資生堂

2018年は藤田嗣治没後50年にあたり、その大規模な回顧展が本学に隣接する東京都美術館で開催されます(7月31日‐10月8日)。藤田は本学の前身・東京美術学校の卒業生であり、また1930年代半ばから40年代末の日本在住期に作品を発表したのはおもに東京都美術館でした。この機に、藤田に関心を寄せたり、かかわりのあった幅広い世代の作家による「トリビュート・アルバム」のような展覧会を行います。本学の卒業生かつ教員でもあった野見山暁治氏のエッセイ集『四百字のデッサン』(1978)は、戦時下、美校を繰り上げ卒業になる直前に東京府美術館(当時の正式名称)で藤田の《アッツ島玉砕》を見た記憶から書き起こされています。1943年9月のことでした。そこから75年を経て初めて、都美術館に作品として「帰って」くる《アッツ島玉砕》、そして1949年に離日してから初めて上野に「帰って」くる藤田を迎えるべく、本学にゆかりのある作家を核に、1940年代の藤田を考える機会とします。小沢剛研究室との協働により、学生たちも制作や運営に関わり、近年、本学に寄贈された藤田資料の一部も展示に組み込む予定です。会期中には関連イベントも開催します。詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。

おもな出品作家(予定)

小沢剛研究室、O JUN、米田知子、秋本貴透、平川恒太、村田真、笹川治子、中山岩太〔藤田ポートレイト写真〕、野見山暁治(特別協力) ほか

公式サイト

https://www.facebook.com/1940s.fujita.tribute

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

ichikenten18

東京藝術大学 日本画第一研究室 発表展

会期

2018年8月29日(水) - 9月11日(火)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階、正木記念館2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学日本画第一研究室

助成

藝大フレンズ賛助金

大学院日本画第一研究室の学生と教員による研究発表展です。展覧会の企画・運営を含め展示まで、学生主体で行う展示企画演習の授業です。
今回は陳列館での作品発表と同時に、正木記念館2階の純書院造の和風展示空間を使った作品展示で、作品による空間演出の可能性を探ります。
また、招待作家として、武蔵野美術大学の丸山直文教授を招き、共に作品展示を行い、展示期間中には公開ギャラリートークを実施します。ご高覧いただければ幸甚に存じます。

【出展作家】

植田一穂教授 海老洋准教授 齋藤典彦教授 喜多祥泰講師 菅原道朝助手 重政周平助手 伊東春香 島田沙菜美 澤﨑華子 杉山佳 椎野倫奈 古山結 落合祥子 髙橋瑞稀 三宅世梨菜 和田宙土 秋山恒士郎 菊池玲生 﨑山あいり 田村幸帆 林单戈 野畑直子(招待作家)

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line