展覧会・催し物 台風や大雪などによる天候の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。ハローダイヤル【 03-5777-8600 】でご確認ください。

forms_of_urushi_2019

うるしのかたち展 2019

会期

2019年11月2日(土) - 11月15日(金)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日、11月5日(火)
※ ただし11月4日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館 2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学漆芸研究室

後援

ときめき台東フェスタ

うるしのかたち展は、現教員、元教員、学生を含め2007年より毎年続いてまいりました。本年度も東京藝術大学大学美術館陳列館にて、東京藝術大学漆芸研究室の成果展として「うるしのかたち展2019」を行います。
東京藝術大学漆芸研究室の教育を長年担ってこられた名誉教授の大西長利先生、増村紀一郎先生、三田村有純先生を筆頭に現在東京藝術大学で教育に携わる漆芸研究室出身の教員11名(小椋範彦教授、青木宏憧准教授、佐々木岳人、田中舘亜美、川ノ上拓馬、大崎風実、橋本遥、加藤大介、奥窪聖美、?井圭太郎、今井美幸)、修士課程在籍の学生12名(佐野圭亮、長島友治、高見映里奈、張清越、陳博文、十時嵩、平井順名、池田友香、関口雄希、野田怜眞、矢部桜、任爽)、博士課程在籍の許琦(中国)、馬莉(中国)、李沛沛(中国)、池庭?(韓国)、客員研究員の陳川(中国)が出品致します。
東京藝術大学漆芸研究室の教育の現場で、漆という素材にひとりひとりが向き合い、つくり出した作品をぜひご高覧ください。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

漆芸研究室ホームページ

http://urushinews.blogspot.jp/

grey line

kitago

「呼吸する彫刻」退任記念 北郷 悟 展

会期

2019年11月7日(木)-11月17日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、11月7日(木)は午後7時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

東京藝術大学美術学部 杜の会

協賛

大同生命保険株式会社、郵船クルーズ株式会社、学校法人光星学院、ギャラリーせいほう

北郷悟は一貫してテラコッタという技法を用いて、「ひとのかたちのリアリズム」を追求、発表し続けてきました。《生命の川》や《水の循環》シリーズに代表されるように、常に「人間の本質」と「自然の摂理」がその彫刻表現の核となっています。
それらの要素は、水を含んだ粘土がテラコッタとして焼成されるプロセスや、人間、自然の営みにおいて見られる、「呼吸」という一つの共通項で繋がり、新たな具象彫刻の展開として結実しています。
本展では70年代の初期作から代表作、新作を含めた約30点を一挙に展示し、その道程を展覧いたします。
またその一方で教育者として後進の育成に携わった成果を、本学彫刻科塑造研究室出身の作家を中心とする15名が、「内包された温度」展として企画し、本展の空間にもう一つのテーマを持たせる新しい試みを行います。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

embodied_warmth

「内包された温度」展

会期

2019年11月7日(木) - 11月17日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ ただし、11月7日(木)は午後7時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学「内包された温度」展 実行委員会

協力

ミヅマアートギャラリー

助成

野村財団

本企画は、多様化する芸術表現の今を見据え、彫刻の可能性を探ることを目的とした展覧会です。参加作家は東京藝術大学美術学部彫刻科で学び、現在、学内外で創作活動を続けている15名で構成されています。それぞれの作家の素材に対する働きかけは、計測不可能な熱として彫刻作品に内包されています。作家が制作の中に込める思い、ものをつくる上で生じる「熱」に今一度重きを置き、彫刻の本質を捉え直そうという試みです。15名の作家の視点と歩みを見つめなおすことで、これからの彫刻の在り方と可能性を見いだす機会にできればと思います。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

denchu2019

平櫛田中記念室 コレクション展示 2019

会期

2019年11月7日(木) - 11月17日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ ただし、11月7日(木)は午後7時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 正木記念館1階 平櫛田中記念室

観覧料

無料

主催

東京藝術大学大学美術館

【出品作品】

・中原悌二郎 《老人(墓守)》 大正5年(1916)
・中原悌二郎 《平櫛氏像》 大正8年(1919)
・中原悌二郎 《若きカフカス人》 大正8年(1919)
・橋本平八 《猫》 大正13年(1924)
・藤川勇造《兎》明治43年(1910)

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

CCA2019

「コミテコルベール アワード 2019
-令和:新しい時代-」展

会期

2019年11月9日(土)-11月20日(水)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

無料

主催

コルベール委員会ジャパン、東京藝術大学

後援

在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本

コルベール委員会ジャパンと東京藝術大学は、未来の文化とアーティスト育成を目的とした共同 プロジェクト「コミテコルベールアワード2019 -令和:新しい時代-」を開催します。 東京藝術大学の学生が、新しい時代「令和」をテーマにアート作品を制作。9月11日に実施された 一次審査では12作品が選出されました。そして11月8日の授賞式にて、優秀作品3点が決定します。 令和という新しい時代、日本はどのようになってゆくのか。 昭和、平成からあるものは引き継がれるのか。あるいは変わっていくのか。 このような視点から、藝大生がそれぞれの感性で「令和」を表現します。ぜひご覧ください。

展覧会公式サイト

https://comitecolbertaward2019.tumblr.com/

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

metal_casting

鋳金の幻想

会期

2019年11月19日(火) -11月24日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学鋳金研究室 佐野ルネッサンス鋳金展実行委員会

日本の金属工芸の「鋳金」は、鋳物の表現として海外でもあまり例を見ない独自の表現を展開しています。表現領域も、伝統工芸、クラフト、現代の工芸からアートまで多岐に渡っています。技法的には、日本古来の鋳造技法から最先端の鋳造技術までを幅広く用いて、多くの表現を獲得しています。
今回の展示は、鋳金の表現の時代の流れを汲んだ「佐野ルネッサンス鋳金展」の歴代の大賞の作品の数々と、東京藝術大学で鋳金の指導を担当している教員等の作品を展示し、鋳金を俯瞰してご鑑賞いただく機会としました。
鋳金の仕事は即効的なものではなく、じっくりと腰を落ち着けて鋳物と向き合わないことにはどうしようもありません。我々は一歩ずつ新たな試みに挑戦しながら、その先にある鋳金の幻想的な世界を実現するために歩み続けております。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

metal_casting

東京藝術大学大学院美術研究科 博士審査展

会期

2019年12月9日(月) - 12月18日(水)
会期中無休
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

会場

東京藝術大学大学美術館ほか上野キャンパス

観覧料

無料

主催

東京藝術大学

協賛

株式会社ストライダーズ

東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程の最終審査を一般公開いたします。本展覧会は、博士学位の取得を目指す学生達にとって最終関門であると共に、大学院在学中の集大成としての作品、研究を発表し、今後、作家・研究者として活動していく上で、出発点となる展覧会でもあります。

問い合わせ

東京藝術大学美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL 050-5525-2126
ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

gagaku


gagaku_ura

御即位記念特別展 雅楽の美

会期

2020年4月4日(土)- 5月31日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日
※ ただし、5月4日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4

主催

東京藝術大学、宮内庁、NHK、NHKプロモ-ション、日本経済新聞社

雅楽とは舞楽や管絃、歌物(催馬楽さいばら朗詠ろうえい)、国風歌舞くにぶりのうたまいなどの総称です。中国・朝鮮から伝来したものが日本在来の歌舞と融合し、宮中儀式楽だけでなく、平安時代に貴族が楽しむ宮廷音楽として広がりをみせました。また、四天王寺や春日大社では儀式楽として受け継がれているほか、浄土信仰においても重要な役割を果たしています。
天皇陛下の御即位を記念した本展では、宮内庁所蔵品を中心とした楽器や装束、楽譜、絵画、工芸作品などにより、皇室伝統の文化・芸術である雅楽の美の世界を紹介します。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line