展覧会・催し物 台風や大雪などによる天候の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。ハローダイヤル【 03-5777-8600 】でご確認ください。

予告

arugamama

特別展
「あるがままのアート −人知れず表現し続ける者たち−」

会期

2020年7月23日(木・祝) - 9月6日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日、8月11日(火)
※ ただし、8月10日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2

観覧料

無料

主催

東京藝術大学、NHK、文化庁、独立行政法人 日本芸術文化振興会

共催

障害者の文化芸術国際交流事業実行委員会

助成

公益財団法人 一ツ橋綜合財団

協力

アール・ブリュットネットワーク

既存の美術や流行、教育などに左右されず、誰にも真似できない作品を創作し続けるアーティストたちの特別展を開催します。それらの作品は、美術の世界ではアール・ブリュット、アウトサイダー・アートなどと称されます。日本の場合、その担い手は知的障害や精神障害のある人も多く、自宅や福祉施設で創作活動に取り組むため、作品がなかなか世に出てこない傾向がありますが、圧倒的な迫力に満ちあふれています。
共生社会実現への関心が国内外で高まる中、障害の有無に左右されず、人知れず表現し続ける人たちが創るあるがままの表現、その作品から垣間見えるアーティストたちの人生を、NHK ワールド・Eテレで放送中の「no art, no life」、2017年から放送を続けている「人知れず表現し続ける者たち」の映像と共に紹介します。

関連サイト

https://www.nhk.or.jp/event/art2020/

【関連企画】 トークセッション

終了しました

パネラー:
リン・クック(ワシントンナショナルギャラリー シニアキュレーター)
秋元雄史(東京藝術大学大学美術館 館長)

モデレータ―:
保坂健二朗(東京国立近代美術館 主任研究員)

美術の専門教育を受けていない人が、伝統や流行にとらわれず、自身の内側から湧きあがる衝動のままに表現した作品をとりあげたNHKのドキュメンタリー番組「人知れず表現し続ける者たち」を上映後、「人知れず表現し続ける者たち」を、今なぜ、そして今回どのようにして展覧会で紹介するのかをテーマにトークセッションを行います。

日時:2020年2月11日(火) 12:45 - 16:00
会場:東京国立近代美術館 講堂 (東京都千代田区北の丸公園3-1)
※ 当館ではございませんのでご注意ください

詳細チラシはこちら → arugamama_flyer.pdf

詳細サイトはこちら → https://pid.nhk.or.jp/event/PPG0336292/index.html

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

nihonhaku_logotype2 bunkacho_logotypebeyond2020_logotype

令和2年度日本博主催・共催型プロジェクト

grey line