展覧会・催し物 天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。ハローダイヤル【 050-5541-8600 】でご確認ください。

予告

pcaf

「新しい成長」の提起
ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト

会期

2021年11月13日(土)-11月28日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

11月22日(月)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

PCAF実行委員会、東京藝術大学

今回のコロナ禍は、国境も世代も思想も超えて世界に影響を及ぼすとともに、「経済原理主義的な成長」の脆弱さを露呈させました。コロナ禍はいまだ収束を目指す道のりの最中ですが、そんな今こそ、私たち一人ひとりがこれからの社会において、本当に大切なものを考えていくことには意味があると考えます。
ポストコロナ・アーツ基金(PCAF: Post Covid-19 Arts Fund)は民間有志によるPCAF実行委員会と東京藝術大学との共同事業として、この課題に関する価値観・視点を、アーティストたちとのプロジェクトにより創出し、広く社会へ提起することを目指します。そこではたとえば、長期的でサスティナブルな社会構築や、そこにおける公共性と市民性、労働と時間、地域とコミュニティ、幸福観と死生観などが新たな視点で示され、批評的かつ創造的な問いと考察がなされるでしょう。
PCAFはこれらを展覧会、ドキュメンタリー映像、書籍などの形で社会へ提起していきます。このたび、参加アーティストによる展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」を開催します。本展では、コロナ禍以降の社会を探るアーティスト17組の多視点からなるプロジェクトが、映像、体験型インスタレーション、パフォーマンスなど多様な手法で提示される予定です。

展覧会公式サイト

https://pcaf.art/

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600

grey line