展覧会・催し物 天候・災害等の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。ハローダイヤル【 050-5541-8600 または 03-5777-8600 】でご確認ください。

【開催延期】

pcaf

「新しい成長」の提起
ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト

会期

開催延期 2021年6月8日(火)-6月27日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

6月21日(月)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

PCAF実行委員会、東京藝術大学

今回のコロナ禍は、国境も世代も思想も超えて世界に影響を及ぼすとともに、「経済原理主義的な成長」の脆弱さを露呈させました。コロナ禍はいまだ収束を目指す道のりの最中ですが、そんな今こそ、私たち一人ひとりがこれからの社会において、本当に大切なものを考えていくことには意味があると考えます。
ポストコロナ・アーツ基金(PCAF: Post Covid-19 Arts Fund)は民間有志によるPCAF実行委員会と東京藝術大学との共同事業として、この課題に関する価値観・視点を、アーティストたちとのプロジェクトにより創出し、広く社会へ提起することを目指します。そこではたとえば、長期的でサスティナブルな社会構築や、そこにおける公共性と市民性、労働と時間、地域とコミュニティ、幸福観と死生観などが新たな視点で示され、批評的かつ創造的な問いと考察がなされるでしょう。
PCAFはこれらを展覧会、ドキュメンタリー映像、書籍などの形で社会へ提起していきます。このたび、参加アーティストによる展覧会「『新しい成長』の提起 ポストコロナ社会を創造するアーツプロジェクト」を開催します。本展では、コロナ禍以降の社会を探るアーティスト17組の多視点からなるプロジェクトが、映像、体験型インスタレーション、パフォーマンスなど多様な手法で提示される予定です。

展覧会公式サイト

https://pcaf.art/

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600 または 03-5777-8600

grey line

sdgs_arts

「SDGs×ARTs」展 十七のまともとには芸術がある

会期

2021年7月22日(木・祝) - 8月31日(火)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

月曜日、8月10日(火)
※ ただし8月9日(月)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3、4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学「I LOVE YOU」プロジェクト

監修

日比野克彦

企画・制作

Diversity on the Arts Project(DOOR)

助成

文化庁/独立行政法人日本芸術文化振興会
令和3年度日本博イノベーション型プロジェクト

この展覧会は、現代社会において芸術が担うべき新たな役目、可能性を見つめるために立ち上がった「I LOVE YOU」プロジェクトの一環として開催されます。
プロジェクトの参加者は、東京藝術大学の学生・卒業生・教職員。「芸術は、人を愛する」という信念に基づき、2021年は「SDGs*(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)」をテーマとし、アーティストたちが当事者として、社会課題に取り組みます。
SDGsの17の目標の中に何故「芸術」はないのか?「芸術はSDGsに接続できるのか」についての様々な取り組みや試行錯誤のプロセスを、この展覧会でご覧いただければ幸いです。

* SDGs(Sustainable Development Goals/持続可能な開発目標)とは
国連加盟193か国が2016年から2030年の15年間で達成するために掲げた目標のこと。貧困に終止符を打ち、地球を保護し、すべての人が平和と豊かさを享受できるようにすることを目指す普遍的な行動を呼びかけています。

◆東京藝術大学「I LOVE YOU」プロジェクトについて

「I LOVE YOU」プロジェクトは、東京藝術大学が、芸術が持つ無限の可能性を社会に向けて伝え、実践によって示すために開始した、全学的なプロジェクトです。
科学・医学・福祉等のあらゆる分野と繋がり、新たな価値を見出し、社会を豊かに変えていくことができる芸術の力を、学内公募によって採択された多種多様な企画によって、発信していきます。
2020年には、50以上ものインスタレーションやコンサート、ワークショップなどを行い、その記録をアーカイブで紹介しています。
URL: https://iloveyou.geidai.ac.jp/

【関連企画】

『「I LOVE YOU」プロジェクト2021』の審査員に各作品についてのコメントや感想、講評をいただき、SDGsとアートが繋がる可能性についてのクロストークを行います。
司会進行:日比野克彦
料金:無料
参加方法:オンライン
※ 日時、出演者調整中。詳細が決まり本ページにて発表します。

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600

展覧会公式サイト

https://www.sdgsarts.geidai.ac.jp/

grey line

collection21

collection21_ura

藝大コレクション展 2021
I 期 雅楽特集を中心に

会期

2021年7月22日(木・祝) - 8月22日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

月曜日、8月10日(火)
※ただし、8月9日(月)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

一般440円(330円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催

東京藝術大学

助成

藝大フレンズ賛助金、公益財団法人 文化財保護・芸術研究助成財団

東京藝術大学のコレクションは、前身である東京美術学校および東京音楽学校の時代から130年以上にわたり収集されてきた芸術作品・資料で、その総数は3万件に及びます。
今年の藝大コレクション展では、竹内久一《伎芸天》、《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》、小倉遊亀《径》をはじめとする名品を紹介するとともに、特集として本学が所蔵する「雅楽に関連する作品」にも焦点を当てます。

【見どころ】

■あの名品に会える!

10年ぶりの伎芸天!国宝《絵因果経》、重要文化財《浄瑠璃寺吉祥天厨子絵》《繍仏裂》、そのほかにも小倉遊亀《径》など、夏をテーマとする名品を出品致します。

■特集展示 藝大コレクションの雅楽

雅楽とは、千年以上前にアジア大陸から伝来した器楽や舞です。本学が所蔵する雅楽の楽器や舞楽装束、絵画、彫刻や工芸作品70余点を展示し、雅楽と藝大の深い縁を紐解きたいと考えています。藝大コレクションの知られざる一面をご紹介します。

■修復記念 初公開作品 2点

①土佐光信伝原作《舞楽屏風》模本作品 作者・制作年不詳
この作品には、「陵王」「納曾利」「崑崙八仙」「貴徳」「散手」といった舞楽の演目が12枚の紙面いっぱいに23種類も描かれ、中には楽器や演奏者もみられます。このたび修復を終え、全作品を並べて公開致します。

②山田於莵三郎《徳川式室内装飾》 1893年
東京美術学校第一回卒業生で小林古径の師でもある山田が、卒業制作として提出した作品です。江戸時代の室内装飾を描いたもので、琵琶と舞楽図のある衝立がみられます。

【報道内覧会のお知らせ】
7月21日(水)14:00-16:00

【プレスリリース】(PDF)
(閲覧には Adobe Reader をお使い下さい)

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600 または 03-5777-8600

grey line

予告

urushi21

うるしのかたち展2021 -Forms of urushi-

会期

2021年8月14日(土)- 8月27日(金)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

月曜日

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1、2階

観覧料

無料

主催

東京藝術大学漆芸研究室

後援

ときめき台東フェスタ

うるしのかたち展は、現教員、元教員、学生を含め2007年より毎年続いてまいりました。本年度も東京藝術大学大学美術館陳列館にて、東京藝術大学漆芸研究室の成果展として「うるしのかたち展2021」を行います。東京藝術大学漆芸研究室の教育を長年担ってこられた名誉教授の大西長利先生、増村紀一郎先生、三田村有純先生を筆頭に現在東京藝術大学で教育に携わる漆芸研究室出身の教員11名、博士・修士課程在籍の学生15名が出品致します。
東京藝術大学漆芸研究室の教育の現場で、漆という素材にひとりひとりが向き合い、つくり出した作品をぜひご高覧ください。

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600

漆芸研究室ホームページ

http://urushinews.blogspot.jp/

grey line

予告

collection21_2

collection21_2_ura

藝大コレクション展 2021
II期 東京美術学校の図案―大戦前の卒業制作を中心に

会期

2021年8月31日(火)-9月26日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

月曜日、9月21日(火)
※※ただし9月20日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1

観覧料

一般440円(330円)、大学生110円(60円)、高校生以下及び18歳未満は無料
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

主催

東京藝術大学

助成

藝大フレンズ賛助金

東京藝術大学が所蔵する「藝大コレクション」の核となるのは、教材として収集された古美術と教育成果の結果である学生制作品で、いずれも日本近現代美術史において重要な作品・資料です。
コレクション展II期では、東京美術学校の図案科(現在のデザイン科・建築科の前身)の学生による卒業制作を特集します。今回展示する作品の多くは、大学美術館開館以降では初展示するものであり、日本画・油画とは異なる造形表現を持つ図案化作品の知られざる一面に注目します。
本展では、図案科の卒業制作を中心に、重要文化財の尾形光琳《槇楓図屏風》、能装束の図案など日本古来の図案要素から近年の卒業制作にいたるまで、本学のコレクションを「図案」「デザイン」という観点からご紹介します。

■見どころ

東京美術学校の図案科・工芸科の作品を大公開!

大正から昭和初期にかけての図案科の卒業制作では、従来の図案の概念とは異なる、絵画的な作品が生み出されました。時に表現主義的、幻想的、抽象的な造形表現をお楽しみください。

■特集展示

近年の卒業制作や現代の工芸を特集展示

近年の藝大の卒業制作では、伝統的な技法やモティーフを受け継ぎながら、時代に合わせた新しい感覚を取り入れた作品が生み出されています。近年の卒業制作とともに、現代の工芸作品にみられるデザインを特集展示します。

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600

grey line

予告

redisplay

再演 ―指示インストラクションとその手順プロトコル

会期

2021年8月31日(火) - 9月26日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)
※ 本展は事前予約制ではありませんが、今後の状況により、変更及び入場制限等を実施する可能性がございます。

休館日

月曜日、9月21日(火)
※ ただし9月20日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室2

観覧料

無料

主催

芸術保存継承研究会

助成

公益財団法人 花王 芸術・科学財団、JSPS科研費JP19H01221、JP19K21608、JP20K00211

協力

metaPhorest、東京藝術大学アーカイブセンター

本展は、指示書(Instruction)に従い、複製、模倣、移行、再制作が必要となる芸術作品の再演(再現)について、その保存、継承における作品の同一性を問うことを目的としています。作品の展示を主体とせず、展示時の作者不在を想定した第三者に伝えるための指示書、記録写真、映像、参考資料を展示し、その手順や仕様、規定を考察していきます。

第1章:創造のために

日本絵画における下図や模本、粉本、また彫刻のマケット(模型)や試作、蒔絵や螺鈿の制作手順を表した手板は、制作の手順であり、再現する完成像の見本です。それらが美術教育のなかでどのように継承され、創造の源泉となっていったのかを概観します。

第2章:再演のためのインストラクション

展示されることで初めて「作品」として成立する、いわゆるインスタレーションと呼ばれる作品や、生物由来の細胞や生体高分子を媒体として用いたバイオメディア・アートを対象とし、その指示書や展示記録から再演(再現)の条件や規制についての問いを示していきます。

第3章:再制作と継承

鑑賞(参加)されることで初めて「作品」として成立するインタラクティブ・アートについて、オリジナルと再制作の関係を再考します。静的な物質としての作品ではなく、総体としての動的な場や体験そのものの継承は、指示書というメディア(遺伝体)によって可能となるのでしょうか。

第X章:ミュージアムのプロトコル

本展は、新たなメディアともいえる指示書(インストラクション)を端緒とし、美術館というミュージアムにおける芸術作品の再演(再現)について考察するものです。作者による展示の指示だけでなく、保存や修復、破棄や権利、倫理、地球環境への配慮など、芸術作品を取り巻く様々な「指示」について考察していきます。

問い合わせ

ハローダイヤル 050-5541-8600

展覧会公式サイト

https://taira.geidai.ac.jp/archives/projects/6

grey line