展覧会・催し物 台風や大雪などによる天候の状況により、臨時に休館、開館時間の変更を行う場合があります。ハローダイヤル【 03-5777-8600 】でご確認ください。

hoshina

保科豊巳退任記念展「萃点」SUI-TEN

会期

2020年1月7日(火)-1月19日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

1月14日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室3

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部、東京藝術大学大学美術館

助成

公益財団法人 朝日新聞文化財団
東京藝術大学美術学部 杜の会

企画

東京藝術大学美術学部、油画企画実行委員会

本展覧会は、東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻にて 25 年間に亘り教鞭を執ってきた保科豊巳の、過去から現在までの軌跡を一望する退任記念展です。保科豊巳はまだ学生であった 80 年代初期から、現代美術の第一線のフィールドで活動してきました。同時に東京藝術大学美術学部絵画科油画にて後進を育て、研究室から多数のアーティストを輩出させた優れた教育者でもあります。
1953 年生まれの保科は、20 世紀の激動のアートシーンや思想の生々しさの中を駆け抜けつつも、故郷・長野の風土と深い自然に育まれた身体性を保ち続けてきました。その作品世界は一貫して、東洋的な思想と西洋史のダイナミズムを融合させ、森羅万象に抱かれる自然観をより広い次元に拡張させるものです。1980 年代「高山登・川俣正・保科豊巳三人展」をスタートに「第 12 回パリビエンナ一レ」に参加、その後もギリシャ、フランス、アメリカなど世界各国に発表の場を広げてきました。さらに近年では、中国やバングラデシュでの作品発表など、アジアにおいて濃密な発表活動を繰り広げています。
多様な風土を横断する保科の観点はその教育活動にも反映されています。1995 年から 2006 年までの東京藝術大学油画における学生への教育では、「身体・場・物質」を重視し、若いアーティストとともに実験的な試みを重ねています。特に国内外でのアートプロジェクトの企画に力点を置き、規制の枠組みを越境する新しい表現の場の創生に挑んでいます。保科豊巳研究室からは小瀬村真美や田中功起など、現代を担う現代美術作家を数多く輩出し、彼らの目覚ましい活躍は世界の多様な舞台で展開しています。
この展覧会は、「ポストもの派」の時代から長く現代に至るまで、20、21 世紀の表現の場を駆け抜けた証人のひとり、さらに優れた研究者、教育者、大学における改革者である保科豊巳の、鋭くそぎ落とされた純粋な原点を提示し、その情念的かつ知的な人間性を社会に広く示すものです。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

yugagokenten

「あなたは見ることができない」池田嘉人
2019年/HDヴィデオ・シングルチャンネル, カラー, サウンド1分30秒

交錯するもうひとつの場 - 油画五研展 -

会期

2020年1月7日(火) - 1月19日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)

休館日

1月14日(火)

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室4

観覧料

無料

主催

東京藝術大学美術学部油画企画実行委員会

助成

藝大フレンズ賛助金

この度、東京藝術大学大学院絵画研究科油画第五研究室の出身者による「交錯するもうひとつの場 - 油画五研展 -」を開催させていただく運びとなりました。
本展覧会は、「保科豊巳退任記念展【萃点】SUI-TEN」に併せて、油画第五研究室(保科豊巳 研究室)の出身者のうち、映像を用いて制作活動をしている作家を中心とした作品展覧会として企画されました。 保科教授は1995年より東京藝術大学美術学部絵画科にて専任講師を勤め、その後同学科にて1997年より助教授(現 准教授)、2006年より教授として研究室を率いてきました。
保科教授の指導のもと、油画第五研究室では歴代の学生が個人の創作活動と合わせて学内外のアートプロジェクトや課外活動や研修旅行に積極的に参加し、より実践的に学生自身の作品と社会、地域、世界との関係を見出すことができるプログラムが行われました。学生にホワイトキューブから飛び出し“場”を意識した表現を思考し実践させる実験的なプロセスを踏ませる教育は油画第五研究室の特徴であり、その経験は現在活躍する多くの卒業生の糧となっています。
保科豊巳退任記念展と併せて、保科豊巳の教え子たちの活動の軌跡を是非ご覧いただきたく存じます。

東京藝術大学美術学部油画企画実行委員会

【参加作家】

齋藤芽生・池田嘉人・小瀬村真美・岩井優・西村雄輔・赤坂有芽・野沢裕・
桑原寿行・升絵里香・林千歩

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

art_project2019

第5回東京都特別支援学校アートプロジェクト展

会期

2020年1月8日(水) -1月19日(日)
午前10時 - 午後5時(入館は閉館の30分前まで)
※ただし、金曜日および土曜日は午後8時閉館
会期中無休

会場

東京藝術大学大学美術館 陳列館1階

観覧料

無料

主催

東京都教育委員会

共同事業者

東京藝術大学

東京都の特別支援学校に在籍する児童・生徒が応募した作品から、東京藝術大学の協力を得て審査を行い選ばれた、51点を展示します。一人一人の才能あふれる作品を御覧いただき、それぞれの個性や思いを是非感じとってください。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

sotsuten19

第68回 東京藝術大学卒業・修了作品展

会期

2020年1月28日(火)- 2月2日(日)
会期中無休
午前9時30分 - 午後5時30分(入館は午後5時まで)
※ 最終日は午前9時30分 - 午後12時30分(入館は午後12時まで)

会場

学部: 東京都美術館・大学構内
大学院: 大学美術館・大学構内

観覧料

無料

主催

東京藝術大学

1月28日(火)から2月2日(日)まで、東京都美術館、東京藝術大学大学美術館および本学構内において第68回東京藝術大学卒業・修了作品展を開催いたします。
学生生活の集大成として毎年ご好評を頂いております卒業・修了作品展は、今回で68回目を迎えます。美術学部全科が上野に一堂に会し、東京都美術館、大学美術館、また、学内の各科の特徴のあるアトリエのスペースや屋外のロケーションなどを活用しながら、見応えのある展覧会を構成していきます。展覧会を通して本学の恵まれた制作・研究環境を楽しみながら、本学卒業・修了生のこれまでの質の高い成果と、これからの更なる成長の兆しを感じ取っていただけることでしょう。 どうぞ広くご高覧、ご高評いただき、本学卒業・修了生の成長に期待していただければ幸いです。

問い合わせ

美術学部教務係
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
TEL 050-5525-2122
ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line

予告

gagaku


gagaku_ura

御即位記念特別展 雅楽の美

会期

2020年4月4日(土)- 5月31日(日)

前期:4月4日(土)-4月26日(日)
後期:4月28日(火)-5月31日(日)
※前・後期で展示替えを行います。

午前10時 - 午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

月曜日
※ ただし、5月4日(月・祝)は開館

会場

東京藝術大学大学美術館 本館 展示室1、2、3、4

観覧料

一般1,600円(1,300円) 高校・大学生1,000円(700円)(中学生以下は無料)
※ ( )は20名以上の団体料金
※ 団体観覧者20名につき1名の引率者は無料
※ 障がい者手帳をお持ちの方(介護者1名を含む)は無料

前売券

一般1,400円 高校・大学生800円 (中学生以下は無料)
※ 2020年1月20日よりオンラインにて先行販売予定

主催

東京藝術大学、宮内庁、NHK、NHKプロモ-ション、日本経済新聞社

協賛

NISSHA

雅楽とは舞楽や管絃、歌物(催馬楽さいばら朗詠ろうえい)、国風歌舞くにぶりのうたまいなどの総称です。中国・朝鮮から伝来したものが日本在来の歌舞と融合し、宮中儀式楽だけでなく、平安時代に貴族が楽しむ宮廷音楽として広がりをみせました。また、四天王寺や春日大社では儀式楽として受け継がれているほか、浄土信仰においても重要な役割を果たしています。
天皇陛下の御即位を記念した本展では、宮内庁所蔵品を中心とした楽器や装束、楽譜、絵画、工芸作品などにより、皇室伝統の文化・芸術である雅楽の美の世界を紹介します。

問い合わせ

ハローダイヤル 03-5777-8600

grey line