美術館概要 東京藝術大学正木記念館
正木記念館

東京藝術大学正木記念館
東京美術学校の第五代校長である、正木直彦の長年にわたる功労 (校長32年間在任、帝国美術院院長、各博覧会審査官等) を記念す るために建設されました。近世和風様式の鉄筋コンクリート造で、内部1階には陳列ケースを置いていました。2階は正木校長の希望 によって日本画を陳列するための書院造の和室が、当時の財界人等からの作品寄贈と、美術学校教官たちの担当によって設けられまし た。和室の展示室は、今日では大変珍しく、東京都内で唯一のものとなっています。 1階展示室は平櫛田中の作品その他を展示するスペースとして、不定期に公開されています。

鉄筋2階建
延534平米
昭和10年(1935)7月竣工
金沢 庸治 設計