ホーム > 能楽公演 東京藝術大学130周年記念特別展



能楽公演 東京藝術大学130周年記念特別展 藝「大」コレクション展 パンドラの箱が開いた!関連企画


日時:  平成29年8月25日(金)
     August 25 (Fri), 2017
公演時間:第一部 13時?14時半, 第二部 15時半~17時
     Part 1 13:00~14:30、Part 2 15:30-17:00
場所:  東京藝術大学音楽学部第4ホール
     Hall No.4, Music Department, Tokyo University of the Arts
監修:  武田孝史(東京藝術大学教授)
製作:  小泉文夫記念資料室
主催:  東京藝術大学音楽学部邦楽科、小泉文夫記念資料室
助成:  藝大フレンズ賛助金, 東京藝術大学音楽学部同声会助成金,
     公益財団法人 文化財保護・芸術助成財団
特別協力:東京藝大×クラウドファンディング
協力:  東京藝術大学 大学美術館
アクセス:JR上野駅公園口徒歩10分・京成上野駅徒歩15分・東京メトロ銀座線/日比谷線上野駅徒歩15分
     東京メトロ千代田線根津駅徒歩10分
問合わせ:東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室
     〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8
     TEL: 050-5525-2381(留守番電話の場合もあります)
     Email: kfma.geidai@gmail.com

公演概要
 能楽と美術作品には、共通の題材、すなわち物語によるものが少なくありません。
本公演は、この「物語」を軸として、能楽と美術作品を双方向から鑑賞する試みです。
今回は、表記特別展に出展された藝大所蔵品のうち、能楽と題材が共通する美術作品7点にちなみ、能楽(舞囃子、仕舞、連吟)を上演しました。鑑賞をより深めていただくため、古田亮准教授(大学美術館)と武田孝史教授(邦楽科、宝生流能楽師)の対談も行いました。
 また、本公演の上演映像は、演奏者の皆様にご同意いただき、小泉資料室が製作するWeb教材「アジアの楽器図鑑」に掲載しました。



公演プログラム:


上段右より:  対談 武田教授、古田准教授、
        仕舞《西王母》川瀬隆士/橋本平八作《西王母》1930 [彫刻]  
        仕舞《熊野》武田孝史〈第2部〉/下村観山作《熊野御前花見》1894 [日本画]?
2段目右より:  仕舞《井筒》武田孝史/
        森川杜園作《能 井筒》(根付)19 世紀
        舞囃子《融》小倉健太郎/
        達伝《伊勢物語図》(色紙)1798?
3段目右より:  舞囃子《熊坂》金森良充/森川杜園作《能 熊坂》(根付)19 世紀
        連吟《草紙洗》武田孝史 /上村松園作《草紙洗小町》1937 [日本画] 
対談〈1〉 対談〈2〉:武田孝史教授と古田亮准教授による能楽と絵画の解説
「美術から能楽を」「能楽から美術を」という双方向の芸術鑑賞体験をweb上でお楽しみください。





〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室