ホーム > クラウドファンディングリターン講演会 


クラウドファンディングリターン講演会 


日時:  平成29年10月22日(日)13時30分~
     October 22 (Sun), 2017
場所:  東京藝術大学音楽学部5号館401教室
     5-401, Music Department, Tokyo University of the Arts
製作:  小泉文夫記念資料室
主催:  東京藝術大学音楽学部小泉文夫記念資料室
特別協力:東京藝大×クラウドファンディング


当日のプログラム:   
 開会の辞:植村室長より、皆様のご支援に対する感謝の辞を申し上げました。  
 講演1「早わかり小泉理論」(13:35~14:30)      
     講師:植村幸生(東京藝術大学教授)  
 講演2「なんてったっておもしろい わらべうた」(14:35~16:55)      
     講師:赤羽由規子(わらべうた研究家)

◉講演1 早わかり小泉理論
小泉教授が日本音楽研究の出発点とした「音階理論」について、音の実例を交えて要点をご紹介しました。(委細は後日掲載予定です。)


                          「早わかり小泉理論」講師:植村幸生

お時間がございましたら、小泉の著作をぜひご覧ください。

『日本伝統音楽の研究』音楽之友社(1958)* 絶版となっています
『合本 日本伝統音楽の研究』音楽之友社(2009)は現在も入手できます。


                  (左)『日本伝統音楽の研究』音楽之友社(1958)
              (右)『日本伝統音楽の研究 2リズム』音楽之友社(1984)

◉講演2 なんてったっておもしろい わらべうた  
 わらべうたは、小泉の日本音楽音階論にとって、とても重要な分析対象です。 長年、わらべうたの調査や普及活動に携わってきた赤羽講師を迎えて、経験談やわらべうたの実践に目を向けました。  
 赤羽講師は、小泉教授が率いる東京藝術大学民族音楽ゼミナールの最古参のメンバーです。学生時代は、カセットテープレコーダーや遊び道具を持参して、東京都内の小学校100校をめぐり、子供たちのわらべうたを採録しました。  

                      『わらべうたの研究(研究編・楽譜編)』
                      小泉文夫編、わらべうた刊行会、1969

 その成果は、『わらべうたの研究(研究編・楽譜編)』(小泉文夫編、わらべうた刊行会、1969)として刊行され、赤羽講師は、わらべうたの「遊び方」による分類を考案しています。 講演の前半は、赤羽講師が、わらべうた研究の経緯を報告し、後半はフロアの皆様とともに、わらべうたのワークショップが行われ、《猫じゃ猫じゃ》や、沖縄のわらべうた《とぅっくぃぐゎー(徳利小)》で遊びました。

           「なんてったっておもしろい わらべうた」
                     講師:赤羽由規子

《猫じゃ猫じゃ》赤羽由規子講師とご参加の皆さま
           遊び方を紹介する赤羽由規子講師

            《とぅっくぃぐぁー》赤羽由規子講師とご参加の皆さま


『わらべうたの研究』(楽譜編・研究編)
(昭和44年9月初版のため、やや色褪せ)
B4版 ソフトカバー566頁
特別価格7,000円(税込、別途送料1,000円)
わらべうた刊行会(担当:稻葉 憲治)
TEL:080-6529-9777
FAX:03-5212-8330
e-mail: inaken2015@kmf.biglobe.ne.jp


 

◉当日の配布資料

表紙

P1


P2

裏表紙

〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8 東京藝術大学音楽学部 小泉文夫記念資料室