美学・藝術論研究会

お知らせ

2019.01.13
今年度も美学・藝術論研究会第5回研究発表会を開催する運びとなりました。
つきましては、下記の通り研究発表を募集いたします。
日時
2019年7月20日(土)
場所
東京藝術大学上野キャンパス
応募資格
申し込みの時点で美学・藝術論研究会会員であること(申し込みと同時に入会も可)。
発表内容
本研究会の趣旨に沿った内容で未発表のもの。美学・芸術論に関わるものであれば、広く受け付けます。
発表時間
30分(+質疑15分)
応募方法

メールでの応募のみ受け付けます。文書ファイルに以下の情報をすべて記載の上、下記の応募先メールアドレス宛に添付でお送りください。

  • 氏名
  • 所属・身分
  • 連絡先メールアドレス
  • 発表タイトル
  • 発表要旨(1,200字以内)
  • 使用機材(プロジェクター、スピーカーが利用可能です。PCはご持参ください。)

※書式は任意です。
※文書ファイルのフォーマットは、doc、docx、rtf、txtのいずれかでお願いいたします。

応募締切
2019年4月30日(木)必着
応募先
美学・藝術論研究会事務局
geidai.bigaku[at]gmail.com
採否通知
発表の可否は発表要旨の査読を経て決定いたします。
注意事項
発表採択者が2名に満たない場合は開催を中止いたします。
2018.12.17
『カリスタ』26号の原稿を募集しています。
締切は2019年9月30日です。詳細は、投稿規程および投稿の手引きをご参照ください。
2018.07.25
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2018.07.03
第4回美学・藝術論研究会研究発表会を開催しました。研究発表の要旨は、こちらをご覧ください。

詳細を開く

日時
2018年7月21日(土)13:30~16:05
会場
東京藝術大学美術学部(上野キャンパス)
中央棟2階 第5講義室
アクセス
http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
研究発表
13:30~14:15
大澤慶久(東京藝術大学)
高松次郎「単体」シリーズ――《板の単体》/《色面の単体》に関する一考察
14:25~15:10
齋木優城(東京藝術大学)
現代芸術にみられる「アブジェクト[abject]」――サラ・ルーカスを事例に
15:20~16:05
武藤太郎(東京藝術大学)
演芸雑誌『道頓堀』における読者投稿欄の役割
2017.08.01
『カリスタ』第24号から〈研究ノート〉の投稿種別を新たに設けます(投稿規程)。〈研究ノート〉では、速報性のある報告、萌芽的または十分にまとまっていないアイデア、先行研究の紹介など、多様なものを受け付けます。
2017.06.16
投稿・入稿の手引きを更新しました。
2017.04.28
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2016.11.28
第2回美学・藝術論研究会研究発表会を開催しました。研究発表の要旨は、こちらをご覧ください。

詳細を開く

日時
2016年12月17日(土)13:00~
場所
東京藝術大学美術学部(上野キャンパス)
中央棟2階 第5講義室
アクセス
http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
研究発表
大澤慶久
高松次郎における近代主義の検討――李禹煥との対談を基礎に
大道周作(東京藝術大学)
メルロ=ポンティにおける絵画と現実世界――「表現の働き」としての芸術
横山奈那(東京藝術大学)
嗅覚の復権――フランス啓蒙思想における匂いの哲学的考察
2017.11.20
第3回美学・藝術論研究会研究発表会を開催しました。研究発表の要旨は、こちらをご覧ください。

詳細を開く

日時
2017年12月9日(土)13:30~15:10
会場
東京藝術大学美術学部(上野キャンパス)
中央棟1階 第2講義室
アクセス
http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
研究発表
13:30~14:15
大澤慶久(東京藝術大学)
日本の美術批評の深奥――コンセプチュアル・アートはなぜ是認されなかったのか
14:25~15:10
喜屋武盛也(沖縄県立芸術大学)
感情移入と擬人観
2017.08.01
『カリスタ』第24号から〈研究ノート〉の投稿種別を新たに設けます(投稿規程)。〈研究ノート〉では、速報性のある報告、萌芽的または十分にまとまっていないアイデア、先行研究の紹介など、多様なものを受け付けます。
2017.06.16
投稿・入稿の手引きを更新しました。
2017.04.28
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2016.11.28
第2回美学・藝術論研究会研究発表会を開催しました。研究発表の要旨は、こちらをご覧ください。

詳細を開く

日時
2016年12月17日(土)13:00~
場所
東京藝術大学美術学部(上野キャンパス)
中央棟2階 第5講義室
アクセス
http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
研究発表
大澤慶久
高松次郎における近代主義の検討――李禹煥との対談を基礎に
大道周作(東京藝術大学)
メルロ=ポンティにおける絵画と現実世界――「表現の働き」としての芸術
横山奈那(東京藝術大学)
嗅覚の復権――フランス啓蒙思想における匂いの哲学的考察
2016.10.17
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2016.07.10
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2015.10.13
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2015.07.14
投稿・入稿の手引きを更新しました。
2015.03.21
2014年度美学・藝術論研究会研究発表会を開催しました。研究発表の要旨は、こちらをご覧ください。

詳細を開く

日時
2015年3月21日(土)13:00~
場所
東京藝術大学美術学部(上野キャンパス)
中央棟2階 第3講義室
アクセス
http://www.geidai.ac.jp/access/ueno
研究発表
西村紗知(東京藝術大学)
Th. W.アドルノ『新音楽の哲学』における時間概念の位相――音楽作品における経験と歴史に関して
寺原菜々子(東京藝術大学)
人形美術における独自性について
神地伸充(東京藝術大学)
絵画的感性としての「空虚」――イヴ・クライン《原料状態の感性を安定した絵画的感性に特殊化する》展について
司会
川瀬智之(東京藝術大学)
2013.10.14
第64回美学会全国大会で、当番校/美学・芸術論研究会共催企画のシンポジウム「続・裸の王様――妄想と制度をめぐって」が開催されました。
2013.06.30
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2012.11.13
美学・芸術論研究会主催のシンポジウム「思想は芸術を語れるか」が開催されました。
2012.01.08
美学・芸術論研究会主催のシンポジウム「3.11をめぐる芸術的営為と感性」が開催されました。
2011.03.13
『カリスタ』既刊目次を更新しました。
2011.02.05
美学・芸術論研究会のウェブサイトを公開しました。
2010.12.18
美学・芸術論研究会主催のシンポジウム「美学へ/の挑戦: アートプラクティスの現場と『公共性』」が開催されました。

美学・芸術論研究会について

美学・芸術論研究会は、東京芸術大学美学研究室の教員およびその出身者と大学院生を中心に、美学・芸術論研究の普及、発展を目的として1993年に発足しました。1994年以来、研究誌『カリスタ』の年一度の発行を主な定期的活動としています。

現在の会員数は約100名、美学・芸術論研究に関心をもち、本会の目的に賛同する者で構成されています。また、総会で承認された10名程度の委員からなる委員会が研究会の事業運営にあたっています。

入会案内

美学・芸術論研究会への入会をご希望の場合は、以下のPDFファイルまたはExcelファイルにご記入の上、美学・芸術論研究会事務局までメールまたは郵送でご送付ください。

美学・芸術論研究会入会申込書(pdf)

美学・芸術論研究会入会申込書(xlsx)

入会費
なし
年会費
3,000円

連絡先

入会申込・お問い合わせなどのご連絡は、以下へお願いします。

住所
〒110-8714
東京都台東区上野公園12-8
東京芸術大学美術学部美学研究室内
美学・芸術論研究会事務局
メール
geidai.bigaku[at]gmail.com

ページトップへ

研究誌『カリスタ』について

『カリスタ』は、1994年の創刊以来、美学・芸術論研究会の学術誌として年一度刊行されています。

掲載される論文、書評、展覧会評などの原稿は、会員からの投稿と海外の研究者等の寄稿によるものです。投稿原稿は、一編につき3名の査読者の審査にもとづき、採択の可否を決定します。論文、書評、展覧会評のほか、14号から16号にかけては森鴎外美学講義(於東京美術学校)の翻刻も掲載されています。

ページトップへ

投稿規程

投稿資格
美学・芸術論研究会会員に限る。
投稿内容
未発表の日本語論文、研究ノート、書評、展覧会評等。
執筆要項
〈論文〉12,000~24,000字(本文・註。図版・表は含まない。)
〈研究ノート〉8,000~32,000字(本文・註。図版・表は含まない。)
〈書評・展覧会評等〉4,000~8,000字(本文・註。図版・表は含まない。)
投稿締切日
9月末日
投稿先
東京芸術大学美術学部美学研究室内
美学・芸術論研究会事務局
掲載可否
委員会で審査の上、決定する。(査読者は3名)
校正
初校・再校 執筆者
再々校 事務局

※いずれの論文種別も査読付きの扱いです。
※〈研究ノート〉では、速報性のある報告、萌芽的または十分にまとまっていないアイデア、先行研究の紹介など、多様なものを受け付けます。
※その他、投稿時の細かい注意点については、投稿・入稿の手引きをご覧ください。

ページトップへ

投稿・入稿の手引き

投稿の手引き

投稿要項は以下の通りです。

入稿の手引き

掲載決定後は以下の点に注意してご入稿ください。

入稿の手引きPDF版

原稿データのフォーマットについて

表記について

注について

図版について

その他

ページトップへ

既刊目次

『カリスタ』の既刊目次一覧はこちらへ。

ページトップへ