学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

芸術学科

◆学科・専攻概要

geijyutugaku07_01 芸術学科は、1949(昭和24)年、新制の東京藝術大学美術学部が発足した際に、旧制の東京美術学校に設けられていた師範科に代わって設置されました。東京美術学校は成立当初から、日本近代における美術史や美学の研究について重要な貢献をしてきました。新制大学の成立にあたって、こうした美術に関わる学問分野が独立して芸術学科となったのです。

 成立当初から、芸術学科の目的は美術理論・実技兼備の人材の養成にあり、この基本方針は、現在に至るまで堅持されています。その一方で学科の組織は、美学・美術史の充実に重点が置かれるかたちで整備され、また美術解剖学等の美術に関連する諸学科がその周辺に設けられました。こうした体制の下、芸術学科はこれまで、美術館学芸員、美術批評家、研究者、ジャーナリスト等、美術に関わる幅広い分野に、多くの優れた人材を送り出してきました。

 こうした歴史を踏まえ、今日の芸術学科は、作品の制作を体験し、美学、美術史学を通して美術を中心とする諸芸術に関する認識を深めることで、理論的分析や解釈をもって多様な芸術の分野に貢献できる人材の育成を、その教育理念としています。

◆ポリシー

○カリキュラム・ポリシー

 東京藝術大学美術学部芸術学科は、「伝統のなかで培われた創造性を身につけ、新たなる時代に対応し、優れたオリジナリティを発揮できる人材育成」を教育理念の根幹とし、「美学、美術史学を通して美術を中心とする諸芸術に関する認識を深めることで、理論的分析や解釈をもって多様な芸術の分野に貢献できる人材の育成」という教育目標を実現するため、学科・実技・論文等からなる以下のカリキュラムを実施します。

Ⅰ.美術学部芸術学科

1. 芸術学科の学生は、1年次に基礎造形実技Ⅰ、芸術学演習Ⅰ・Ⅱを履修し、基礎的な実技と美学・美術史についての知識を身につける。
2. 芸術学科の学生は、2年次に基礎造形実技ⅡA・B、古美術研究(演習と研修旅行)を履修し、基礎的な実技についての知識と、わが国の古美術に対する見識を深める。
3. 芸術学科の学生は、1~3年次に指定科目(美学・各種美術史概説および美学概論)、共通科目、外国語を履修し、美学・美術史を学ぶための基礎力を身につける。
4. 芸術学科の学生は、1~4年次にわたって美学・美術史の特殊講義および演習を履修し、美学・美術史に関する専門知識を身につける。
5. 芸術学科の学生は、3年次までに上記1~4の所定の単位を履修し、美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史の各分野のなかから研究分野を決める。
6. 芸術学科の学生は、卒業年次に論文作成演習と卒業論文が課せられる。学生は各分野の教員の指導の下に、自ら問題意識をもってテーマを設定し、勉学の集大成としての論文を完成させる。

Ⅱ.美術研究科芸術学専攻(美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史)修士課程

1. 修士課程では、研究分野の特殊講義および演習、その他の特殊講義および演習を履修し、高度な専門知識と研究能力を身につける。
2. 修士課程では、課題演習により各自の研究成果を発表し、研究者として必要とされるプレゼンテーションおよびディスカッション能力を身につける
3. 修士課程では、修士論文を完成し、専門分野に自らの研究を位置づけることが求められる。

Ⅲ.美術研究科芸術学専攻(美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史)博士後期課程

1. 博士課程では、創作総合研究、特殊講義および演習、研究領域特別研究指導を履修し、高度な専門性を磨くことが求められる。
2. 士課程では、専門分野の学会における論文発表、研究発表などを積極的に行い、研究成果を専門分野に還元し、また専門家として自立できる力を蓄えることが求められる。
3. 博士課程では、専門分野のみならず、周辺領域にわたる幅広い知識と教養を身につけることが求められる。
4. 博士課程では、博士論文の完成に向けて、自律的に研究遂行能力を高めることが求められる。

○ディプロマ・ポリシー

 東京藝術大学美術学部芸術学科は、「伝統のなかで培われた創造性を身につけ、新たなる時代に対応し、優れたオリジナリティを発揮できる人材育成」を教育理念の根幹とし、「美学、美術史学を通して美術を中心とする諸芸術に関する認識を深めることで、理論的分析や解釈をもって多様な芸術の分野に貢献できる人材の育成」という教育目標を実現するために学科・実技・論文等からなるカリキュラムを実施しています。このカリキュラムを踏まえて学位を取得するためには以下のことが求められます。

Ⅰ.美術学部芸術学科

1. 芸術学科の学生は、所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに定められた各講義を履修し、単位を取得しなければならない。
2. 芸術学科の学生は、卒業論文の提出により学士の学位を取得することができる。卒業論文は、芸術に対する理論的分析や解釈などにおいて充分な基礎力の発揮が求められる。学科所属の常勤教員が卒業論文を審査し、学士の学位を授与する。

Ⅱ.美術研究科芸術学専攻(美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史)修士課程

1. 修士課程では、所定の期間在学し、カリキュラム・ポリシーに定められた各講義を履修し、単位を取得しなければならない。
2. 修士課程では、修士論文の提出により修士の学位を取得することができる。修士論文は、研究動向の正確な把握と調査、テーマに適した研究方法の採択、論理的整合性、独創性がなければならない。学位論文等審査委員会が修士論文を評価し、修士の学位を授与する。

Ⅲ.美術研究科芸術学専攻(美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史)博士後期課程

1. 博士後期課程では、所定の年限以上在籍し、カリキュラム・ポリシーに定められた各講義を履修し、単位を取得しなければならない。
2. 博士後期課程では、博士論文の提出により博士の学位を取得することができる。博士論文は、当該専門分野において新たな知見を寄与する高度かつ独創的な内容でなければならない。学位論文等審査委員会が博士論文を評価し、研究科委員会の承認を経て、適格と判断された場合に博士の学位を授与する。なお学位審査にあたっては、公開発表と最終試験が義務づけられる。

 教育研究体制としては、美学、日本・東洋美術史、西洋美術史、工芸史の4つの研究室が設置されています。学部の1、2年次では美術に関する広範な知識を身につけることを目的としたカリキュラムが組まれています。3、4年次と学年が進む中で自分の専門とする研究領域を定め、4年次ではその専門領域に応じた研究室の指導によって、卒業論文を執筆することが求められています。

 大学院では、専門ごとに所属する研究室の教員の指導を受けることとなります。修士課程では、さらに専門性の高い研究論文を執筆することが目標となり、博士後期課程では、研究者として独自の成果を発表することのできる能力の習得が求められます。

○カリキュラム(学部教育)

 学部教育では、美術作品の制作を体験すると同時に、美学・美術史学に関する幅広い知識を身につけ、さらに大学院でのより専門的な研究の基礎となる能力を会得することを目的として、カリキュラムが編成されています。

 1、2年次では、全ての学生に日本画、油画、彫刻の各分野の実技が必修とされ、さらに美学、日本東洋・西洋美術史の基礎的知識を身につけることと、文献講読のために必要な語学能力の習得が求められています。また2年次では、奈良にある古美術研究施設での研究旅行が必修となっています。

 3年次以降は、美学・美術史学の研究室で開設される演習や特殊講義を通じて、さらに専門性の高い知識を得ることを目指します。4年次では、卒業論文の執筆のために、各研究室が個別に指導にあたる体制となっています。

 各研究室では、こうしたカリキュラムのために、美学・美術史の概説講義、より専門的な演習や特殊講義を開設しています。

○カリキュラム(大学院教育研究)

 修士課程では、2年間にわたりそれぞれの研究室に所属し、演習や特殊講義を通じてより深い専門知識を習得することが求められます。また各自の研究内容に応じて課せられた課題の発表が、研究室ごとの指導と支援によって行われます。最終年次では、各教員の個別的指導によって、修士論文を執筆します。 博士後期課程では、美学・美術史学の総合的な、さらに高度な知識の習得とともに、各学生の専門領域について、独自の成果をあげる研究能力を身につけることを目指します。そのためには機会に応じて学内外で研究成果の報告と論文の発表を行い、専門的な研究者としての経験を積むことが求められます。また最終年次には、指導教員の支援によって、博士論文を執筆することが目標となります。

○その他(国際交流、留学生の受入れ、卒業後の進路など)

 各研究室では、しばしば外国の研究者による講演や演習形式の講義を開催し、各学生の海外の大学への留学に対して、支援や指導、情報の提供も行っています。また専門や研究課題に応じて客員研究員、国費・私費留学生、研究生、交換留学生を積極的に受け入れ、毎年3~5名の留学生が在籍しています。

 学生の卒業後の進路は、出版関係、美術館・博物館学芸員、美術批評家、専門領域の研究者、教育職など、多岐にわたっています。学芸員、教育職を目指す学生には、それぞれの資格を取得するための講座が設けられています。

指導教員

教育科目