東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン AMS 藝大Twitter 動画で見る東京藝術大学

日本学生支援機構奨学金制度

 本欄では、(独)日本学生支援機構の奨学金について、新規に募集する情報および、現在貸与を受けている奨学生の手続等について随時更新していますので、定期的にチェックするようにしてください。

■制度の詳細は、日本学生支援機構公式Webサイトをご覧ください。
 >> 日本学生支援機構 http://www.jasso.go.jp/

■奨学金を申請する際には、以下のサイトで奨学金の貸与と返還の状況を事前に把握するようにしてください。
 >>奨学金貸与・返還シミュレーション 《詳細》
 >>第二種奨学金(有利子)の利率に関する情報 《詳細》
 >>保証制度に関する説明 《詳細》

■2019年度の奨学金の振り込み日は、以下のとおりです。
4月19日(金)・5月16日(木)・6月11日(火)・7月11日(木)・8月9日(金)・9月11日(水)・10月11日(金)・11月11日(月)・12月11日(水)・1月10日(金)・2月10日(月)・3月11日(水)

■2019年1月より貸与・給付奨学金申込希望者(学生・保護者)及び、貸与・給付奨学金受給者(学生)からの奨学金に関する問い合わせについて、「貸与・給付奨学金相談センター」が開設されました。

 日本学生支援機構 貸与・給付奨学金相談センター電話番号
 0570-200-021(ナビダイヤル)
 ※受付時間 平日9時~20時
 ※通話料金がかかります。

■海外留学希望者の奨学金情報についてはグローバルサポートセンターWebサイトをご覧ください。
>> グローバルサポートセンターWebサイト

2019年2月より学生を対象としたNHK受信料の免除制度が始まりました。制度の詳細および申込方法については、NHKのホームページよりご確認ください。
>> NHKホームページ

【募集】
 ★は手続受付中(11月12日更新)

名称 募集内容
★給付奨学金

【急告】

受付期間が延長となりました。

最終受付期間:2019年12月16日(月)16時(厳守)

※申請希望者は上記期間までに書類の提出をお願い致します。
※書類を受取っていない方は、至急学生課まで受取に来てください。

令和2年4月から、学部生を対象に、日本学生支援機構の新しい給付奨学金制度が始まります。

令和2年4月に進級予定の学部生は、新しい給付奨学金の在学予約の受付を行います。
対象となる方は、必ず申し込んでください。
新制度では、返還不要の給付奨学金の受給と併せて、授業料免除もセットで実施されます。来年度の授業料免除も、給付奨学金の申請と併せて申請していただきます。
授業料免除についてはこちらをご確認ください。 

希望者には、以下のとおり申請書類を配布します。
配布開始:11月1日(金)から
配布場所:学生課・取手校地事務室・千住校地事務室

 ※申請書類の提出期間は、11月下旬です。詳細は、申請書でご確認ください。
※こちらから学修計画書の様式(word版)がダウンロードできます。

定期採用奨学金 2019年度の申請受付は終了しました。
平成31年度の奨学金の新規申込について、以下のとおり説明会を行います。
奨学金の申請をされる方は必ずご出席ください。
申請書類もこの時に配布します。

開催日:2019年4月4日(木)
集合時間:
学部学生・・・10時集合(説明会は10時30分開始)
大学院生・・・13時集合(説明会は13時30分開始)
場  所:上野校地 音楽学部5号館1階 5-109講義室

※申請書類の提出期間は、4月中旬~下旬です(説明会・申請書類でご確認ください)。

※定期採用に申請する方の指導教員の推薦所見は、ここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

【採用手続と説明会への参加】

奨学生に採用された後、書類の提出が必要になります。
平成31年度の定期採用手続説明会を、以下のとおり行いますので、いずれか一回に、必ず全員ご参加ください。(手続書類はこの時に配布します。) 

平成31年度の説明会は日程は下記の通りです。

〈上野校地〉
日時: 2019年7月4日(木)15:30~(1回目)/18:00~(2回目)
場所: 音楽学部5号館1階 5-109講義室
※時間帯を変えて同じ内容の説明を2回実施します。いずれかにご参加ください。

〈横浜校地〉
日時: 2019年7月10日(水)16:00~
場所: 馬車道校舎 小視聴覚室

〈取手校地〉
日時: 2019年7月12日(金)14:30~
場所: メディア教育棟 第2講義室

【採用手続書類の提出】

採用者の採用手続書類の提出期限は以下のとおりです。 書類の提出が遅れると、奨学金の貸与が停止されますので、必ず期限内にご提出ください。 

採用手続書類の提出期限: 2019年7月26日(金) 16:00 (期限厳守)

予約採用奨学金 2019年度の申請受付は終了しました。

 平成31年4月の学部新入生で、高校在学時に、大学に進学したことにより採用される「予約進学(採用)者」となっている方は、以下の手順で手続を行ってください。

1.大学への書類の提出
以下(1)(2)の期間中に、日本学生支援機構が発行した「平成31年度大学等奨学生採用候補者決定通知(進学先提出用)」を学生課奨学係(音楽学部側にある事務局棟の1階)へ提出してください。
(1)3月14日・15日の入学手続日に来校される場合は、手続の前後にご提出ください。

(2)入学手続書類を郵送される場合は、4月2日(火)・3日(水)のいずれかにご提出ください。

2.「進学届」の提出
1の書類提出と引き替えに、奨学係から渡す『「進学届」の提出について(お知らせ)』の手順にしたがい、インターネット入力により「進学届」の提出をおこなってください。出時期により奨学金の初回振込日が決定しますので、ご注意ください。
なお、期限内に提出されない場合、奨学金の「予約採用」が自動的に取消になりますのでご注意ください。

3.別の種類の奨学金を新規に希望する場合
現在「予約進学(採用)者」となっている奨学金とは別の種類の奨学金に追加で申請を希望する場合、または別の種類の奨学金への変更を希望する場合は、4月4日(木)開催の定期採用の奨学金新規申込説明会に参加してください。

4.採用手続と説明会への参加
正式に奨学生に採用された後、また書類の提出が必要になります。
平成31年度の採用手続説明会を、以下のとおり行いますので、必ず全員ご参加ください。(手続書類はこの時に配布します。)

日時: 2019年5月30日(木)18:00~
場所: 上野校地 音楽学部5号館1階 5-109講義室

なお、今回の説明会は、4月24日までに進学届の提出(インターネット入力)を行い、4月・5月に奨学金の振込が開始した方を対象とします。
6月に振込開始のタイミングで手続をした方(4月25日以降に進学届を提出した方)は、採用手続書類の準備が間に合わないため、7月に開催する定期採用者向けの説明会に出席してください。こちらの日程はあらためてお知らせします。

(注1)採用手続をしなければ、奨学金の採用が取り消しとなります。
(注2)手続書類は、説明会で配付いたします。

5.採用手続書類の提出

予約採用者の採用手続書類の提出期限は以下のとおりです。
書類の提出が遅れると、奨学金の貸与が停止されますので、必ず期限内にご提出ください。

採用手続書類の提出期限: 2019年6月13日(木) 16:00 (期限厳守)

臨時採用奨学金

2019年度の申請受付は終了しました。

令和元年10月分から、第2種奨学金の貸与が受けられる可能性があります。
  9月30日(月)までに、学生課奨学係まで、申請書類を受け取りに来て下さい。
※今年度は、第1種奨学金(利子なし)の臨時採用募集は行いません。

●貸与始期
第2種奨学金:令和元年 10 月~令和2 年 3月より希望月を選択

●振込開始時期:令和元年 12月 11日(水) <予定>
※10 月分~ 12月 分の奨学金が振り込まれます。
(その後は、毎月11日前後に1ヶ月分ずつ振り込まれます。)

●手続のスケジュール
(1)採用希望者の受付・申請書類の配布【学生課奨学係】 
  9月9日(月)~9月30日(月) 
(2)インターネット入力期間
  9月9日(月)~10月17日(木)
(3)申請書類提出期間【学生課奨学係・各校地窓口】
  10月16日(水)・10月17日(木)
(4)奨学生の採用決定 12月初旬 
(5)奨学金の振り込み開始 12月11日(水) 

※期間を過ぎてからの申し出は、いかなる理由でも認められません。

※臨時採用に申請する方の指導教員の推薦所見は、ここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

★緊急採用・応急採用奨学金 家計支持者等の失業、破産、事故、病気もしくは死亡等または火災、風水害等の災害等により家計が急変し、奨学金を緊急に必要とする学生を対象とする奨学金で、随時受け付けています。
制度についての詳細な説明は《こちら》をご覧ください。

※緊急・応急採用に申請する方の指導教員の推薦所見はここからダウンロードしてください。→ 《ダウンロード》

相談窓口:学生課または各校地事務室

【お知らせ】
災害救助法適用地域の世帯の学生に対する緊急採用・応急採用奨学金の申込みを受け付けています。
(カッコ内の日付は災害救助法適用日です。)

<令和元年度の災害/緊急・応急採用対象>

令和元年台風第19号に伴う災害(10月12日・13日)

→ 13都県315市区町村

  適用地域の詳細については、学生支援機構ホームページをご確認ください。

令和元年8月の前線に伴う大雨による災害(8月28日) 

→ 【佐賀県】佐賀市、唐津市、鳥栖市、多久市、伊万里市、武雄市、鹿島市、小城市、神埼市、神崎郡吉野ヶ里町、三養基郡山町、三養基郡上峰町、三養基郡みやき町、東松浦郡玄海町、西松浦郡有田町、杵島郡大町、杵島郡江北町、杵島郡白石町、藤津郡太良町

令和元年台風15号の影響による停電に伴う災害(9月9日) 

→ 【千葉県】千葉市中央区・花見川区・稲毛区・若葉区・緑区、銚子市、館山市、木更津市、茂原市、成田市、佐倉市、東金市、旭市、勝浦市、市原市、鴨川市、君津市、富津市、四街道市、袖ケ浦市、八街市、印西市、富里市、南房総市、匝瑳市、香取市、山武市、いすみ市、大網白里市、印旛郡酒々井町、印旛郡栄町、香取郡神崎町、香取郡多古町、香取郡東庄町、山武郡九十九里町、山武郡芝山町、山武郡横芝光町、長生郡一宮町、長生郡睦沢町、長生郡長生村、長生郡白子町、長生郡長柄町、長生郡長南町、夷隅郡大多喜町、安房郡鋸南町

令和元年台風15号に伴う災害(9月8日)

→ 【東京都】島しょ大島町

優秀学生顕彰事業 2019年度の申請受付終了しました。
1.応募資格:学部生
※日本学生支援機構の奨学生でなくても応募できます。
2.募集要項/応募書類様式: 《ダウンロード》もしくは学生課、教務係、各校地事務室
※エクセル様式の応募書類は、日本学生支援機構のウェブサイトから直接《ダウンロード》できます。
3.受付締切(学内受付):2019年8月2日(金)16時
4.提出先:教務係、各校地事務室
特に優れた業績による返還免除制度 平成成30年度の申請受付は終了ました。

本制度は大学院奨学生で第一種奨学生として採用され、平成30年度中に貸与が終了する者のうち、「当該課程における論文、実技、発表会等が特に優れた業績として認められる者」に対し、貸与額の全額または半額を免除する制度です。

1.願書提出期間と提出場所
 ・美術研究科の受付(美術教務係・取手校地事務室)
  平成31年2月5日(火)~7日(木) 10:00~11:30/13:30~16:00
 ・音楽研究科の受付(音楽教務係・千住校地事務室)
  平成31年2月5日(火)~7日(木) 10:00~11:30/13:30~16:00
 ・映像研究科の受付(横浜校地事務室)
  平成31年2月5日(火)~7日(木 10:00~11:30/13:30~16:00
 ・国際芸術創造研究科の受付(千住校地事務室)

  平成31年2月5日(火)~7日(木) 10:00~11:30/13:30~16:00

2.応募書類
 以下の(1)「申請要領」の指示にしたがい、書類を準備すること。
 書類は自分でダウンロード、印刷して準備すること。
 準備にあたっては、各様式の記入例・作成例を参考にすること。

(1)「申請要領」 ダウンロード
(2)「業績優秀者返還免除申請書」(様式1-1)
  ダウンロード/Excel ダウンロード/PDF
  ※両面印刷の上、使用すること。
   「業績優秀者返還免除申請書」 記入例 ダウンロード
(3)「業績一覧表」(様式1-2)
  <修士学生用>ダウンロード(記入例含む)/Excel ダウンロード/PDF
  <博士学生用>ダウンロード(記入例含む)/Excel ダウンロード/PDF
 ※両面印刷の上、使用すること。
   「業績一覧表」 <修士学生用>記入例 ダウンロード
           <博士学生用>記入例 ダウンロード
(4)「指導教員等の推薦理由」(様式1-3)
  ダウンロード/Excel ダウンロード/PDF
  ※片面印刷の上、使用すること。
   「指導教員等の推薦理由」 記入例 ダウンロード
(5)「業績評価書」 ダウンロード/Word  ダウンロード/PDF
  ※片面印刷の上、使用すること。
  「業績評価書」 記入例 ダウンロード
(6)「業績資料」 作成例 ダウンロード
(7)FAQ(よくある質問) ダウンロード

★JASSO支援金 当該支援金の情報は、「地方公共団体及び財団法人奨学金制度」に掲載しております。 《詳細》
鹿児島県奨学金返還支援事業(地域活性化枠) 対象:鹿児島県内の高等学校等を卒業し、日本学生支援機構第一種奨学金又は公益財団法人鹿児島県育英財団大学等奨学金の貸与を受け、令和3年3月(令和2年度中含む)に学部または大学院を卒業・修了予定で、鹿児島県内企業等に就職意欲があり県内居住を希望する者(公務員を除く)
期限:2019年12月6日(金)
提出:【自由応募】公益財団法人鹿児島育英財団
要項等:《ダウンロード》
徳島県奨学金返還支援制度 対象:令和元年度若しくは令和2年度に学部または大学院を卒業・修了し、卒業後半年以内に徳島県内の事業所に正規職員として修業を希望する者(公務員を除く)
期間:2019年8月1日(木)~2019年12月20日(金)
提出:【自由応募】徳島県政策創造部県立総合大学校本部
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室
三重県奨学金返還支援事業 対象:申請時に学部または大学院最終学年の1年前の学年の在学生で、就職先の内定が出ておらず、三重県内への定住を希望する者
期限:2019年7月8日(月)~2020年1月17日(金)
提出:【自由応募】三重県戦略企画部戦略企画総務課企画調整班
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室 
ふるさとくまもと創造人材奨学金返還等サポート制度 対象:2020年度就職予定者対象で熊本県内に就職する者(その他要件がありますので必ず募集要項を読むこと)
期限:参加企業への採用内定前日又は2020年2月28日(金)までにあらかじめ制度に登録することが必要です。
提出:【自由応募】熊本県企画振興部企画課 政策班
要項等:《ダウンロード》
仙台市奨学金返還支援事業 対象:2020年度~2022年度に新卒者として、仙台市内の中小企業(対象企業あり)に正規雇用で就職する者
期間:2019年10月1日(火)~2020年3月31日(火)先着70名
提出:【自由応募】仙台市経済局地域産業支援課
要項等:《ダウンロード》
山形県若者定着奨学金返還支援事業【地方創生枠】 対象:山形県内の高等学校等を卒業し、大学等卒業後6ヶ月以内に山形県内に居住かつ就業し、その後3年間継続する見込みの者
期限:2019年12月~2020年3月頃(HPで確認すること)
提出:【自由応募】大学等を卒業後に居住予定の市町村
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室 
高知県産業人材定着支援事業(奨学金返還支援制度) 対象:日本学生支援機構第一種奨学金の貸与を受け、平成30年度に学部または大学院を卒業・修了し、6ヶ月以内に高知県内で就職する予定の者(公務員を除く)
期限:2020年2月3日(月)~2019年4月17日(金)
提出:【自由応募】高知県文化生活スポーツ部 私学・大学支援課 大学支援担当
要項等:《ダウンロード》
いわき市未来につなぐ人財応援奨学金返還支援事業 対象:平成31年度に学部または大学院を卒業・修了し、平成31年4月から起算して6か月以内に市内に定住する予定があり、市内事業所得等に正規職員又は所定労働時間が正規職員に準じる職員として就職を予定している者
期間:平成30年8月1日(水)~平成30年10月31日(水)
提出:【自由応募】いわき市教育委員会 教育政策課
要項等:《ダウンロード》または学生課、教務係、各校地事務室
山形県若者定着奨学金返還支援事業【産業団体等連携枠】 対象:山形県内の高等学校等を卒業し、大学等卒業(2020年3月以降)後6ヶ月以内に山形県内に居住かつ指定就業先に就業し、その後3年間以上継続する見込みの者
期限:一次・2019年1月10日(木)~2019年2月20日(水)
期限:二次・2019年1月10日(木)~2019年3月27日(水)
提出:【自由応募】山形県商工労働部産業政策課地域産業振興室
要項等:《ダウンロード》
北九州市奨学金返還支援事業 対象:2020年3月に学部または大学院を卒業・修了し、4月に市が認定する企業等に就職予定で、就職後市内に居住する者
期限:2019年5月31日(金)
提出:【自由応募】北九州市企画調整局政策部企画課
要項等:《ダウンロード》
大分県奨学金返還支援(芸術文化) 対象:平成32年3月に学部または大学院を卒業・修了し、4月に大分県内の中小企業の次のいずれかの職種に6年間継続して就業することが見込まれる方
業種:イラストレーター・グラフィックデザイナー・雑貨デザイナー・美術スタッフ・建築士・設計士・音楽講師・楽器インストラクター・調律師・楽器リペア
期限:2019年9月30日までに「おおいた学生登録」で補助金交付希望を届出した者が対象になります。
提出:【自由応募】大分県 企画振興部 まち・ひと・しごと創生推進室
要項等:《ダウンロード》

【手続】 必須!現在、貸与を受けている奨学生は、必ず手続きをしてください。
★は手続受付中(12月2日更新)

手続 手続内容
★在学届(毎年4月)

「在学届」は、在学中の奨学金返還を猶予する手続きです。大学院に進学した時、留年したとき等、在籍しているときはすぐに提出するようにしましょう。
※他大学出身者で貸与を受けていた方も必ず提出して下さい。
※最短修業年限を超えて在籍する学生は、休学中・在学中に関わらず、1年ごと毎年4月に提出してください。
提出窓口:学生課、各校地窓口
「在学届」はこちらから《ダウンロード》ができます。
記入例はこちら→《記入例》

スカラネット・パーソナル(ネット入力)により手続することもできます
スカラネット・パーソナル在学猶予マニュアル:https://docu.jasso.go.jp/z_yuuyo.pdf
スカラネット・パーソナルURL:https://scholar-ps.sas.jasso.go.jp/mypage/
※入力する際、大学指定の「学校番号」が必要になりますので、メール等でお問合せ下さい。

★異動届(随時) 休学、復学、退学等、学籍上の身分異動が生じたときは、学生課、教務係、各校地事務室に相談し「異動届」を提出するようにしてください。
提出窓口:学生課、各校地窓口
異動願(届)はこちらから《ダウンロード》ができます。

また、休学・復学の際の注意事項を読んでおいてください。→《ダウンロード》

貸与期間終了時の手続

2019年度の説明会は終了しました。

2019年度中に奨学金の貸与期間が終了する方に向けた説明会を以下のとおり実施します。
下記いずれか一回の返還説明会に、必ずご出席ください。
「特に優れた業績による返還免除制度」の概要説明もあわせて行います。

<上野校地>
開催日:2019年10月29日(火) ①15:00~ ②18:00~
※時間帯を変えて2回実施します。

場 所:音楽学部5号館1階 5-109講義室

 <取手校地>
開催日:2019年11月8日(金) 13:30~
場 所:メディア教育棟(2階) 第2講義室

※先端芸術表現科の学部2年生以上、先端芸術表現・壁画・ガラス造形・木工芸・グローバルアートプラクティス専攻の大学院生(修士・博士)を対象としています。それ以外の専攻で参加予定の方は、必ず事前に学生課に連絡すること。

<横浜校地>
開催日:2019年11月5日(火) 15:00~
場 所:馬車道校舎 小視聴覚室
※横浜校地は、映像研究科の学生のみ対象です。映像研究科の学生以外で参加予定の方は、必ず事前に学生課に連絡すること。

※返還に関する手続書類の提出期限は、11月25日(月)です。
必ず期限までにご提出ください。 

★奨学金継続手続

令和2年度への奨学金の継続貸与の手続受付を下記の通り行います。

次年度も継続して奨学金の貸与を受けるためには、「継続手続」が必要です。
この手続を行わないと、令和2年3月で奨学金の貸与が打ち切られ、4月以降は貸与を受けることができません。

継続手続は、「スカラネットパーソナル(以下スカラネットPS)」の画面を通じて行います。
 
スカラネットPSは事前登録が必要ですので、未登録の方は至急登録してください。
 ※詳細な説明、登録はこちらご覧ください。

【手続方法】

 今年度より書類の配布はありません。
 下記手順に従い手続きをお願い致します
(入力準備用紙は3のリンク先から各自印刷してください


 1.必ずお読みください→ 「奨学金継続願」及び適格認定について

2・スカラネットPSから「貸与額通知」の内容を確認
  
ログイン画面はこちら
 
3・「『奨学金継続願』入力準備用紙」を印刷し記入
  
・学部生はこちら→ 「学部生用」を印刷
  ・ 大学院はこちら→ 「大学院用」を印刷
   ※印刷できない方は、学生課及び各校地窓口に用意しておりますので受取りに来てください。
 
4・スカラネットPSから「奨学金継続願」を提出(入力) 

【提出(入力)期限】
  令和元年12月13日(金)令和2年1月15日(水)  8:00 ~ 25:00(厳守)

★奨学金の返還について                              令和元年8月

日本学生支援機構奨学金を返還する卒業生の皆様
および現在貸与中の在学生の皆様へ
                             東京藝術大学

           奨学金の返還延滞の防止について

 学生支援機構の奨学金は、在学中の皆さんの勉学の大きな支えになったことと思います。この奨学金は、滞りなく確実に返還することによって、次の奨学金の財源となり、皆さんの後輩の勉学を助けるものとなります。
 皆さんが奨学金によって得られた大きな支えを後輩にも受け渡すためにも、また、「借りたものは返す」という、社会人として当たり前のことをなすためにも、遅滞なく返還することが求められています。
 しかし、残念ながら、本学卒業・修了者の返還状況は良いとは言えません。延滞率は学部生が5.8%、大学院生が4.9%であり、それぞれ全国平均上回っており(学部生:4.8%、大学院生2.3%)、非常に憂慮されるところです。
 皆さんが今後アーティストや社会人として活躍していく上での信用を失わないためにも、是非とも一人一人が自覚をもって返還されますよう切にお願いします。

(返還について)
・平成31年3月の貸与終了者は、10月28日が第1回目の振替日です。以後、毎月27日前後に振替が行われます。
・平成31年3月以外の貸与終了者は、借用期間終了の翌月から数えて7ヶ月目の27日前後が第一回目の振替日です。以後、毎月27日前後に振替が行われます。

 なお、返還についてわからないことがあれば、日本学生支援機構までお問い合わせください。

・独立行政法人日本学生支援機構 
 0570-666-301(ナビダイヤル)または03-6743-6100