学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

建築科

◆学科・専攻概要

 東京藝術大学美術学部建築科は、本学の前身である東京美術学校(1887年創設)のもとに、「図案科建築教室」が設置されたことから始まりました(1902年)。その後1923年に「建築科」となり、今日まで日本の建築界を代表する多くの建築家を輩出してきました。

 本科が他大学の建築学科と大きく異なる点は、日本の多くが属する工学系ではなく美術系に属し、建築家の養成を目指す唯一の国立の教育機関であることです。

 もうひとつの特色は、教育の軸を建築設計に置いている点です。建築設計実技を通して建築の知識や技術を学び、建築家として必要な総合的能力を養います。専任教員9人に対し1学年の定員は学部15人・大学院修士16人という少人数の恵まれた教育環境によって、それらの方針は初めて可能になります。個性と創造力を伸ばすために、自由かつ緊密な教育が行なわれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

◆ポリシー

○カリキュラム・ポリシー

学部: 建築科の教育は「建築の設計」の修得に重点を置いていることに特徴がある。幅広く科学的知識や思考力を養うと共に、感受性の鋭さや表現の独自性を追求できる教育システムを編成している。
直接的な実技指導を通して、建築に対し強い情熱を持った人間を養成することを目指している。
カリキュラムは、専門実技科目(設計製図)と専門学科科目で構成され、その専門実技は学年に応じた設計課題によって段階的に進められる。なお、本カリキュラムは建築士試験指定科目に準拠している。
修士: 修士課程のカリキュラムは講義科目と実技科目で構成され、講義科目は学部で身に付けた教育内容を基本に、さらに高度かつ専門的な内容を学ぶ内容(建築史・環境計画・建築構造論・建築都市計画論・建築論など)となっている。実技科目は、所属する研究室で行われるゼミが中心で、教員の指導のもとに、自らの研究テーマを定め実施する。また、建築士試験の大学院における実務経験に係る単位の取得も可能である。
博士: 修士学位取得者がさらに専門研究を深める。博士後期課程は、所属する研究室を基盤として、博士学位の取得を目指して自らのテーマを深め、その成果を外部に向けて発信する。

○ディプロマ・ポリシー

学部: 上記カリキュラム・ポリシーを満たし、最終学年の卒業制作に於いて充分と評価された場合に学士の学位を授与する。
修士: 上記カリキュラム・ポリシーを満たし、当該研究分野担当教員及び関連分野担当教員で構成された学位審査会により修士作品または修士論文が充分と評価された場合に修士の学位を授与する。
博士: 上記カリキュラム・ポリシーを満たし、当該研究分野担当教員及び関連分野担当教員で構成された学位審査会により博士作品または博士論文が充分と評価された場合に博士の学位を授与する。

◆カリキュラム

○カリキュラム(学部教育)

 建築科の教育は「建築の設計」の修得に重点を置いていることに特徴があります。幅広く科学的知識や思考力を養うと共に、感受性の鋭さや表現の独自性を追求できる教育システムを編成しています。直接的な実技指導を通して、建築に対し強い情熱を持った人間を養成することを目指しています。 カリキュラムは専門実技(建築設計)と専門学科で構成され、前者は学年に応じた設計課題によって段階的に進められます。

■1年次 ― 建築の設計に向かう導入部として、課題は建築の構成やその表現方法などの基礎的な学習と、各自の創造性の探求を目標に構成したものです。また、「木」を素材とした椅子の課題は、その設計から実物の制作までを自ら行うことで、手や身体を通してデザインを学ぶ重要な課題です。 

■2年次 ― 課題は前期の「住宅」から後期の「学校」へ、個人の空間から集団の空間へと対象を広げていきます。各自の経験を起点とし、諸事例に学び想像力を広げながら新たな提案を試みます。また、空間やそのかたちの実在化を学ぶ「構造デザイン」の課題が後期に設定さています。さらに、夏期に実施する「実測」は、実際の建築に触れ、その構成を観察し、正確に記録し、表現する貴重な体験学習です。

■3年次 ― 建築の空間的な組織を学ぶために、集合的な建築や複合的な建築の課題に取り組みます。また、建築の社会性に広く目を向け、多様な価値観によって構築されている世界との関わりようを各自が見出すことを目指しています。また後期に実施する「古美術研究旅行」は、日本の伝統的な建築やその空間の仕組みを改めて見つめ、現代の創造性との関わりを考えます。

■4年次 ― 3年間で学んだこれまでの経験を駆使して都市的なスケールの空間に取り組みます。分析やリサーチからプログラムの立案、表現方法などを学びながらプロジェクトの提案を行います。
 その後、卒業制作へと繋がるプレディプロマ課題が設定され、夏期以降は卒業制作に取り組みます。卒業制作は、テーマや条件、プログラム設定等をすべて自らが行い、長い時間とエネルギーをかけて各人の集大成となる作品を制作していきます。

○カリキュラム(大学院教育研究)

■大学院修士課程
 修士課程のカリキュラムも大きくふたつに区分しています。ひとつは、学部で身に付けた教育内容を基本として、さらに高度かつ専門的な内容の学科科目(建築特論:建築史・構造・建築計画・建築論等)です。もうひとつは所属する研究室で行われるゼミで、教員の指導のもとに、自らの興味をもとに研究テーマを定め実施していきます。修了制作・修了論文はその集大成です。

■大学院博士後期課程
 所属する研究室を基盤としながら博士学位の取得を目指し、自らのテーマを深め、その成果を外部に向けて発信していきます。

○その他(国際交流、留学生の受入れ、卒業後の進路など)

【進路】
 卒業後の主な進路は、国内外の建築設計事務所あるいは大手建設会社の設計部です。また、自ら設計事務所を設立して独立する者も多くいます。
 最近10年の主要な就職先は以下(50音順)。

■設計事務所
青木淳建築計画事務所/新居千秋都市建築設計/安藤忠雄建築研究所/磯崎新アトリエ/伊東豊雄建築設計事務所/隈研吾建築都市設計事務所/久米設計/香山壽夫建築研究所/SANAA/ジェイアール東日本建築設計事務所/谷口建築設計研究所/内藤廣建築設計事務所/日建設計/日本設計/乃村工藝社/藤江和子アトリエ/槇総合計画事務所/三菱地所設計/山本理顕設計工場

■設計事務所(海外)
アラップ・アソシエイツ(イギリス)/ザハ・ハディッド・アーキテクツ(イギリス)/ドミニク・ペロー・アルシテクチュール(フランス)/ラペーニャ&トーレス・アーキテクツ(スペイン)

■建設業等
大林組/清水建設/竹中工務店/東日本旅客鉄道株式会社

■官公庁・自治体・大学
昭和女子大学/神奈川県/神戸芸術工科大学/大同工業大学/東京学芸大学/ムンバイ大学/横浜市

■その他
サンゲツ/電通/日本銀行/本田技研工業/森ビル/ワコール

【資格】
 学部卒業時に二級建築士の受験資格を得ることができます。また、卒業後2年以上の実務経験を経ることで、一級建築士の受験資格が得られます。

【国際交流・留学生の受け入れ】
 国際交流協定提携校を中心に活発な国際交流を行っています。現在も、海外の教育機関から本学の建築科に留学している大学院生、または本学から海外へ留学している大学院生が数名ずついます。
 現在、建築科が交流を実施している提携校は以下。
 中央美術学院(中国・北京)
 リヒテンシュタイン国立大学(リヒテンシュタイン・ファドゥーツ)
 シュトゥットガルト美術大学(ドイツ・シュトゥットガルト)
 中国美術学院(中国・杭州)
 ミマール・シナン美術大学(トルコ・イスタンブール)
 韓国芸術綜合学校(韓国・ソウル)
 ウィーン工科大学(オーストリア・ウィーン)
 ミラノ工科大学(イタリア・ミラノ、コモ)
 ウィーン応用芸術大学(オーストリア・ウィーン)
 トリノ工科大学(イタリア・トリノ)
 カタルーニャ工科大学(スペイン・バルセロナ)
 アアルト大学(フィンランド・ヘルシンキ)
 ウィーン美術アカデミー(オーストリア・ウィーン)

【設備】
 学究と制作のために、日本有数の充実した設備が整えられています。

■製図室(Studio)
 個人的な制作の場で、各人にスペースが与えられます。ここで仲間や教官と議論なども行われる、自由さと緊張感を合わせ持った空間です。

■FM(Factory Museum)
 建築科が自主運営するスタジオスペースです。科の行事が優先されますが、個人的に展示、プレゼンテーションなどに使用したい学生は教官室に申し出ることで使用できます。

■建築科図書室
 建築・都市・ランドスケープ分野の資料を所蔵する本科専門の図書室です。蔵書数は1万5千冊。現在、定期購読雑誌は18誌(和雑誌14誌、洋雑誌4誌)です。

■MS(Media Studio)
 プロッターや大型プリンター、コピー機などが整えられています。

■構造実験室
 木材、鋼材、コンクリートなどの建築材料について破壊実験を行うことができます。

また、キャンパス内には木工・金工などの専門設備があり、講習を受けることで高度な機器を使用することができます。
さらに、以下の学内施設も利用可能です。
■芸術情報センター(AMC)
■美術学部附属 写真センター

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

学部入試・大学院入試については本学の募集要項をご覧ください。

指導教員

教育科目