学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

共通工房

zentai 共通工房は、東京藝術大学取手キャンパスが設置された平成3年度より稼働を始めた教育・研究施設です。
上野キャンパスでは制作出来ない大型の作品制作、特殊な機械加工を必要とする制作、精密かつ高度な専門性と技術を必要とする研究制作等に対応する設備を備えた工房群です。
 設立の主旨は、共通工房という名称の通り、美術学部全科の学生と教員が利用するための施設で、現在、金工工房(金工機械室、鋳造室、金属表面処理室を含む)木材造形工房、塗装造形工房、石材工房の4工房が稼働しています。
共通工房は、今後も設備の向上を図りながら、将来にわたって有効に機能していくことに努め、”人間性と技術の調和”を教育理念として、制作現場の中で実践していきたいと考えています。
 また、主に学部1年生を対象に専門基礎科目、素材表現演習I~VI(前期)を実施し、小品の制作実習を通して各種表現素材の基礎的な知識と加工技術の習得を目的とする授業を行っています。

金工工房 金工機械室

 金工機械室では、各種工作機械による専門技術を駆使した精密加工から、溶接・溶断を含めた手作業による応用範囲の広い加工まで、様々な表現・コンセプトに基づいた各種金属加工を可能にすることを目標とし、多分野に渡り自己表現を探求する場として活用されることを望んでいます。

工房主要設備

kinkou-kikaisitu[第1機械室・大型工作機械作業場]
・大型/中型旋盤
・汎用縦横フライス盤
・大型ボール盤
・NC工作機器(NCワイヤー放電加工機 他)
・ブレーキプレス
・大型ベンディングローラー
・シャーリング
・メタルソー
・大型高速カッター
・大型/中型天井ホイストクレーン
・大型計測定盤 等

[第2機械室・一般金工作業場]
・TIG/MIG/スポット溶接機
・エアープラズマ溶断機
・汎用中型旋盤
・スピニングマシン
・中型ボール盤
・ベルトサンダー
・両頭グラインダー
・バンドソー
・高速カッター
・小型手動3本ローラー
・門型手動油圧プレス
・エアー/電動ハンド工具各種
・その他金工工具各種 等

指導教員

金工工房 鋳造室

 鋳造工房では、鉄、ステンレス、アルミニウム、およびブロンズ、真鍮などの溶解、鋳造による作品制作を行っており、鋳造方法としては、溶解金属や作品の形態、大きさに応じて、ロストワックス鋳造(石膏鋳型、セラミックシェル鋳型)、生型鋳造などを用いています。また、企画、原形制作から仕上げ加工、着色に至る全てのプロセスにおいて対応しているため、鋳造および石膏やシリコンなどによる型取り、ワックス成形に関しても適宜相談、指導にあたっています。

工房主要設備

kinkou-chuuzo・高周波るつぼ型誘導炉
(100kg金属溶解炉/鉄・ステンレス)
・ガス可傾炉
(150kg金属溶解炉/ブロンズ・真鍮、他)
・移動式ガス炉
(30kg金属溶解炉/ブロンズ・真鍮・アルミニウム、他)
・オートクレーブ(蒸気圧力による脱ロウプラント)
・ワックス回収装置(オートクレーブからのロウ回収装置)
・台車式ガス焼成炉(セラミック鋳型焼成炉)
・LPGバーナー(鋳型焼成用ガスバーナー)
・スラリータンク
(セラミック鋳型材デッピングプラント)
・流動床
(セラミック鋳型材サンディングプラント)
・ポットミル(セラミック鋳型材混練機械)
・サンドミル(石膏鋳造鋳型材粉砕機械)
・スパイラルミキサー(生型砂混練機械)
・ベーダーマシン(集じん装置付き金属研削機械)
・サンドブラスト(集じん装置付き金属研削・研掃機械)
・ホイストクレーン(最大吊り上げ2.8)
・TIG・アーク溶接機(300A)

橋本 明夫
森崎 靖徳
見目 未果

金工工房 金属表面処理室

 金属表面処理室では、金属表面の各種加工、着色等を施す設備を有しています。中でも金属に豊富な色彩、表情を与える事が出来る七宝技法、金属にガラスの粉末を焼き付けたものを中心に研究、指導を行っています。

工房主要設備

hyoumenn

・立体用電気炉
(七宝立体作品の焼成/最大300mm×300mm×400mm)
・平面用電気炉
(七宝平面作品の焼成/最大400mm×600mm)
・熱風乾燥機
(七宝作品の乾燥/最大500mm×900mm×500mm)
・釉薬製成機器一式
(透明・不透明、釉薬〔ガラス粉〕各色を製成)
・釉薬粉砕器機一式
(フリット状ガラスの粉砕)
・ガスバーナー及び火床
(金属各種の熱加工等/火床面積850mm×1100mm)
・電気溶解炉
・TIG溶接機
・バッファー
(金属研磨、鏡面仕上げ/バフサイズφ240mm×t30mm)
・サンドブラスター
(エアーと研磨剤の噴射による表面加工/最大750mm×500mm×500mm)
・エッチング液・用具一式(金属表面を腐食)
・彫金工具一式
・当工房の研究による製成釉薬各色

指導教員

前田 宏智
祝迫 義郎
井上 菜恵子

木材造形工房

 木材造形工房は、木質素材による高度な造形表現の探求を目的とし、多様な加工技法から的確な手段を選択し、専門知識と技術をもとに助
言、バックアップできるような環境づくりに努めています。そのような観点から、製材機による原木からの加工をスタートに、手道具による
制作のフィニッシングまで、一貫生産をも可能にする様々な設備を有している専門工房です。

工房主要設備

 mokuzai製材機(屋外別棟設置、最大加工寸法/Φ900mm×4000mm丸太まで切断可)
床内蔵式集塵装置
[機械加工室]
手押しカンナ盤(2台、最大切削幅/各500mm・600mm)
自動一面カンナ盤(2台、最大切削幅/各500mm・600mm)
超仕上げカンナ盤(最大切削幅/450mm)
昇降盤(2台)、横切り盤(2台)、木工旋盤(2台)
帯鋸盤、角鑿盤、ボール盤、ベルトサンダー、バンドソー

[工作室]
作業台(12台)
手道具(ノミ、鋸、カンナ類)
木工プレス機(4尺×8尺)

指導教員

薗部 秀徳
黒澤 潔
藤原 洋人

塗装造形工房

 塗装造形工房では、芸術分野における塗装表現の可能性を広げるための研究と指導を行っています。ウレタン・ラッカーなどの合成樹脂塗料や、
漆・カシューといった天然樹脂塗料を主に扱い、多様な表現形態に対応するための設備として、塗装ブース・大型乾燥設備・漆上塗り室などを
備えています。

工房主要設備

tosou[塗装用設備]
・塗装ブース・エアーガン各種・エアーブラシ各種・大型乾燥設備各種
・漆上塗り室・真空脱泡機・自動乳鉢 等

[研磨用設備]
・テーブル式大型ベルトサンダー・横型ベルトサンダー・注水ベルトサンダー
・研磨切削用具(電動・エアーツール)・磨きろくろ・研磨用流し台 等

[その他の設備]
・カッティングブロッター(マスキングシート作製用)塗装造形工房

指導教員

三田村 有純
青木 伸介
橋本 遥

石材工房

 石材工房は、彫刻、モザイク、レリーフ、作品の台座等、石材を用いた多様な作品の制作や石材の加工に対応する工房です。各種加工に必要な大型機
械や工具、屋外作業場、集塵機を備えており、制作にともなう粗取り加工から研削、研磨作業まで完成に至る全ての作業が行なえます。

工房主要設備

sekizai・丸ノコ①/丸ノコ②
(①は最大1.5t、②は最大3tまで、石材の切断、切り込み加工)
・回転ドラム
(ドラムの取り付けにより、上面の平面加工)
・コアドリル
(15mm~400mmまでの石材への穴あけ加工)
・ポリッシングマシーン
(50番~ツヤ出しまでの上面の研磨加工)
・ウォータージェット
(石材〔木、金属〕の板材を任意の線〔直線、曲線、円弧〕で切断加工)
・サンドブラスト
(素材への模様、文字等のサンドブラスト処理加工)
・ホイストクレーン(最大吊り上げ2.8t)
・フォークリフト
(共通工房6工房で使用でき、3tまでの作品、材料等の運搬可能)
・エアー工具 電動工具 各種

指導教員

工藤 晴也
武田 充生
市川 壮途

アクセスマップ

東京藝術大学取手校地 共通工房
〒332-0001
茨城県取手市小文間5000
Tel:050-5525-2543(取手校地事務室)

accessmap