学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング

デザイン科

◆学科・専攻概要

design_img200901 本学におけるデザイン教育は、東京藝術大学の前身である東京美術学校(1887年創設)に1896(明治29)年に設置された図按科から始まりました。今日まで1世紀余りの間、社会構造の変化や文化認識、生産システムの変化など、様々な時代変動のなかで本学科は常にその時代における生活文化をつくりあげてきた原動力としての一翼を担ってきました。
 創設以来、本学科の教育理念は一貫して伝統に培われた幅広い教養と高い造形力の追求、時代を創造する真摯な創造精神の育成にあります。この理念のもとに今日まで多くの優れた人材を世に送り続けてきました。
 今日では文化が多様化し、情報化の流れのなかで生活の原点に対して根源的な問いかけと答えが求められています。本学科では「生活の用と美」「伝統と革新」という教育理念を再確認し、その問いに答えていきます。

 

>>デザイン科 公式Webサイト

◆カリキュラム

 教育研究体制としては、10の研究室が専門領域として独立しつつ並列し、共通領域として「視覚]「空間]「機能」の3つのグループを構成しています。また、共通基盤として「環境・設計」「映像・画像」「描画・装飾」の3研究室を設置しています。学部教育、大学院教育とも各研究室、グループの特質を充分活かし、学生が既存の領域にとらわれることなく自由に資質が伸ばしていけるように配慮されカリキュラムが編成されています。

○カリキュラム(学部教育)

 学部教育は、総合的な視野をもったクリエーターを育成するため既存の専門領域の枠にとらわれず、各専門課題を共通して学び、学生が自分の可能性を発見し方向づけが行われるようなカリキュラムが編成されています。
 1、2年次では10研究室のすべてが課題を担当し、学年進行にしたがって「視覚」「空間」「機能」の課題を選択していくことにより、より専門性に近づいていけるようなシステムです。カリキュラムの進行によって専門講義、集中講義が適切に配置され、作品制作と専門知識が一体となるとなるよう配慮されています。卒業制作では、より制作の質を高めるために各研究室が個別指導にあたる体制となっています。

■1年次
デザイン基礎課程-観察と表現/自然と人間
 デッサン・塑造の基礎実技、4課題のデザイン実技、及びデザイン技法の3つの制作指導が行われます。教育指針は観察と表現で、共通テーマは人間・自然物などのモチーフを観照しながら、デザインの基礎として必要な表現力・造形力・観察力を育成することにあります。取手校地で展開されます。

■2年次
design_img200902専門基礎課程-発想と表現/生活・衣・食・住・遊
 6課題のデザイン実技を指導。課題の教育指針は発想と表現で、共通テーマは生活に関わる衣・食・住・遊を主題とし、発想力・計画力・造形力・伝達力を育成することにあります。また、各領域の教員の担当制により総合性に根ざした専門領域を全員が造形体験します。この他、基礎実技・必修講義でより専門性を涵養します。

■3年次
専門課程-構想と表現/社会・都市・情報
 10研究室が関わる5課題のデザイン実技を指導。課題の教育指針は構想と表現で、共通テーマは社会・都市・情報の問題点発見から概念構築のプロセスを造形体験することで、構想力・プレゼンテーション力・計画力を育成することにあります。学生がテーマに即した専門性により自己適性を確認できるよう、選択必修の専門科目が設けられています。また授業の一環として、古美術研究旅行が位置付けられています。

■4年次
専門課程-構想と表現/卒業制作
 学生の主体性に基づくデザインテーマによって専門性を重ねながら総合性をデザイン造形します。前期は共通テーマによる課題、プレ卒制で構成され、後期は卒業制作期間とし各研究室が学生のテーマに即して対応します。学部教育の集大成と位置付けられ、作品の大型化・外注作業など、デザインプロジェクトとして制作されるものも多く見られます。

○カリキュラム(大学院教育研究)

 修士課程においては、学生の研究テーマと研究室の専門性により、それぞれの研究室に分かれて各自の研究、制作にあたります。研究の内容に応じて他の研究室が共同して教育、指導を支援することもあります。2年間を通しては各自の研究、制作が主となりますが、共通課題として地域連携プログラムの共同研究が組まれ、複数の研究領域が複合し、学生、研究室が一体となった共同企画、制作指導が行われます。

 博士後期課程では、総合的な視野に立ち、専門性がより深化されたデザイン研究が行われます。各自のオリジナルのデザイン理論を研究するとともに、より高度な制作研究と作品制作を行います。科や研究室が企画する社会連携、国際交流などの研究活動に積極的に参加し、研究の幅を広げ、実務経験として役立てます。

指導教員

教育科目