学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

彫刻科

彫刻

◆学科・専攻概要

sculpture_img200902 彫刻科の歴史は、1887(明治20)年、専修科に彫刻科(木彫)が置かれたことに始まります。その後、1899(明治32)年に塑造科が増設され、1949(昭和24)年、学制改革により東京藝術大学となると改めて彫刻科として再出発しました。

 現在の上野校地の彫刻棟は1971(昭和46)年に施工され、1977(昭和52)年には博士後期課程を開設。現在、大学院生の一部は取手校地にて制作活動を展開しています。また、1997(平成9)年度より学部1年生も取手校地にて学習することとなりました。

 彫刻科では、幅広い造形の研究に重点をおき、過去の美術の歴史や日本美術の伝統を踏まえながら世界に視野を広げ将来の美術を展望できるような豊かな感性を持つ人材の養成が重要であると考えています。また、将来作家として独創性あふれる自由な創作活動が行え、美術にかかわる諸分野での指導的役割が果たせるような人材の養成に努めています。

◆ポリシー

○カリキュラム・ポリシー

学部: 基礎的な造形技術を習得し発展させながら、既成の領域にとらわれることなく、それぞれの学生の資質を生かす創作研究を行う。 
古美術研修や彫刻論などの講義を通し、豊かな教養を身につけ、現代における彫刻のありかたを探求する。
最終学年には彫刻作品を制作し、卒業制作展で公開する。
彫刻表現を通して、広く社会に貢献しようとする高い志を持つ人材を育成する。
修士: 学部で習得した基礎能力や技術を基に、広い視野から、より積極的、専門的な彫刻の表現、研究を行う。
最終学年の修了制作展で成果を公開する。
博士: 修士学位取得者がさらに専門生の高い研究を深める。
制作、研究、また学内外における発表や地域と連携したプロジェクト等、実践的な研究活動をもとに、彫刻作品、論文を作成する。
最終学年に博士審査展にて研究成果を発表する。

○ディプロマ・ポリシー

学部: 定められた履修単位を習得し、卒業制作で一定の評価を得られた場合に学士の学位を授与する。
修士: 定められた履修単位を習得し、修了制作が一定の評価を得られた場合に修士の学位を授与する。
博士: 作品指導と論文指導の教員で構成される審査会において、作品と論文の双方が一定の評価を得られた場合に博士の学位を授与する。

◆カリキュラム

 教育研究の体制としては、塑造・テラコッタ、石彫、木彫、金属の4素材領域が置かれ、7つの研究室がそれぞれ領域をクロスさせながら、基礎教育と専門教育研究が展開できる体制を構成しています。また学部教育、大学院教育とも既存の領域にとらわれることなく豊かな感性を持つ人材の養成が重要であると考え、学生の資質を充分に活かせる自由な創作研究ができるカリキュラムを編成しています。

○カリキュラム(学部教育)

 学部教育では、1年次、2年次を基礎教育として塑造、石彫、木彫、金属の実技実習を行います。3年次からは素材領域別に分かれ、個別指導体制のもと、素材や作品展開の方向性など、学生の資質を活かす特色のある創作研究が展開されます。また、2年次では古美術研究施設において奈良、京都に点在する仏像や建築を訪ねる約2週間の研修を行い、仏像の時代的表現や素材の展開などを専門的に学びます。4年次では研究の集大成ともいえる作品を制作し、卒業制作展に展示され一般に公開されます。

○カリキュラム(大学院教育研究)

 修士課程では、学生の研究目的に合わせ各研究室による特色のある教育体制で支援が行われます。
また、既存の領域にとらわれることなく学生の資質を充分に活かすために地域連携のプログラムが行われ、社会と結びついた芸術の可能性について研究する機会を設けています。

 博士後期課程では、学生の専門性の高い研究目的に合わせ作品と論文を作成します。1年次では、研究室(担当指導教員)による作品研究の指導とリサーチセンターによる論文指導の2つの支援が行われ、2年次では作品と論文指導の担当各教員によって、より高度に研究領域を深めます。さらに3年次では、研究作品と博士論文をまとめ、大学美術館における「博士審査展」によって展示公開されます。博士論文は、附属図書館にて閲覧することができます。

○その他

-国際交流-
 国際交流協定校を中心にアジア諸国、西欧諸国との交流を積極的に実施しています。学生の海外
留学に対して支援を行うと共に、毎年、数名の留学生、研究員を受け入れています。

-アドミッションポリシー(学部)-
 現代の新しい感性と彫刻の創造に資する多様な能力の人材確保のため、入学者選抜方針として造
形力、構成力、表現力など美術全般の基礎能力と立体表現基礎能力の考査を行い、学力試験の結果
も含め幅広く総合的に判断し、感性豊かな人材を求めている。

-アドミッションポリシー(大学院)-
 創造、表現、研究能力を養い、さらには自立して創作、研究活動を行うに必要な能力を備えた彫
刻家、研究者の育成を目指す。学部段階で修得した基礎能力や技術を基に、より専門的な彫刻への
追求を志す人材を求めている。

指導教員

教育科目

sculpture_img200901 sculpture_img200903