学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

学生の保険

学生教育研究災害傷害保険(略称:「学研災」)

 学生教育研究災害傷害保険(略称:「学研災」)は、学生が教育研究活動中に被った不慮の災害事故による学生の傷害(本人のケガ等)に対して必要な補償を行い、安心して学業に励むとともに充実した学生生活が過ごせるよう設けられた保険制度です。この制度の主旨を理解し、全員が加入することをお勧めします。
 なお、本保険の詳細については、学生課総務係にご相談ください。

 加入した学生はCampusPlanの実習管理ページから加入期間等を確認することができます。
 >> CampusPlanについてはこちらをご覧ください。

1.加入手続き

 本保険への加入手続きについて、本学では入学手続き時に入学料の納入に併せて「入学料等振込金受付証明書提出用紙」及び「入学料等振込依頼書」により加入をお願いしています。入学時に未加入で新たに加入を希望する学生は、学生課総務係までお問い合わせください。

2.保険金が支払われる場合

 本学の教育研究活動中(通学中等を含む)に生じた急激かつ偶然な外来の事故によって身体に傷害を被ったとき。

(1)教育研究活動中とは、「大学の授業等、学校行事または課外活動」の場合をいいます。
 「大学の授業等」とは、講義、実験、実習、演習または実技による授業のことで、指導教員の指示に基づき行う卒論研究、授業の準備もしくは後始末などを含みます。
 「学校行事」とは、大学の主催する入学式、オリエンテーション、卒業式等教育活動の一環としての各種学校行事をいいます。
 「課外活動」とは、大学の規則に則った所定の手続きにより大学の認めた学内学生団体の管理下で行う文化活動または体育活動をいいます。ただし山岳登はんやハンググライダー等の危険なスポーツは除きます。

(2)通学中等とは、次の場合をいいます。
①「合理的な経路及び方法」
 住居と学校の往復や学校施設間を移動するにあたって一般的に学生が用いるものと考えられる経路・方法のことです。「経路」については通学定期券に記載されている経路はもちろんですが、経路がいくつもあり、どれも一般的に用いられると想定される経路であれば、それらについても合理的な経路とします。また、やむを得ず迂回せざるを得ない場合には迂回路についても合理的な経路とします。
 「方法」については、一般的に用いられる方法のことで、鉄道、バス等公共交通機関を利用する場合や自転車、自動車、徒歩の場合等通常用いられる方法(大学が禁じた方法を除きます)であれば、日常使用しているか否かにかかわらず合理的な方法とします。

②「住居」及び「学校施設等」
 「住居」とは、学生が居住して日常生活の用に供している家屋などの場所で、就学の拠点となるところをいいます。ただし長期間通学や自然災害、交通事情などの不可抗力的な事情により一時的に通常の住居以外の場所に宿泊しなくてはならないような場合には、当該場所も住居とします。
 「学校施設等」とは、大学が教育研究のために所有、使用または管理している施設の他、授業等、学校行事または課外活動の行われる場所をいいます。

③逸脱・中断について
 原則として、経路を逸脱した場合(授業等への参加とは関係ない目的で合理的な経路を逸れる場合)や、往復・移動を中断した場合(往復・移動とは関係ない行為を途中で行う場合)には、その間やその後に被った傷害に対しては保険金を支払いません。ただし、逸脱・中断が授業等、学校行事もしくは課外活動に必要な物品の購入その他これに準ずる行為を行うためのものである場合、または日常生活上必要な行為をやむを得ない事由により行うための最小限度のものである場合には、合理的経路に復した後に被った傷害に対しては保険金を支払います。例えば以下のような行為です。
 ○ 授業に必要な教科書を購入する。
 ○ 惣菜等を購入する。
 ○ 独り暮しの学生が食堂に立ち寄る。
 ○ 選挙の投票をする。
 ○ 病院や診療所で診察を受ける。

3.保険金の種類と支払額

担保範囲 死亡保険金 後遺傷害
保険金
医療保険金 入院加算金
正課中、学校行事中 2,000万円 120万円〜
3,000万円
治療日数1日からが対象
3,000円〜300,000円
入院1日目から支給
1日につき4,000円
(180日を限度)
上記以外で学校施設内に
いる間、学校施設外で
大学に届出た課外活動中
1,000万円 45万円〜
1,500万円
治療日数14日以上が対象
30,000円〜300,000円
入院1日目から支給
1日につき4,000円
(180日を限度)
通学中、学校施設等間
移動中
1,000万円 60万円〜
1,500万円
治療日数4日以上が対象
6,000円〜300,000円
入院1日目から支給
1日につき4,000円
(180日を限度)

4.保険金が支払われない場合

 経路を逸脱した通学、故意、闘争行為、犯罪行為、疾病、地震、噴火、津波、戦争、暴動、放射線、放射能による傷害、無資格運転・酒酔い運転など。

5.保険期間と保険料

区分 保険期間 保険料
学部 4年 3,300円
修士 2年 1,750円
博士 3年 2,600円
別科 2年 1,750円
研究生 1年 1,000円
科目等履修生 1年 1,000円

 (注)保険期間は、所定の修業年限となっています。留年等により所定の修業年限を超える場合は、追加加入が必要となります。また、1年以上の保険期間があり、退学、休学等をする場合は、保険料の返還請求ができます。

6.事故の通知

 この保険の対象となる事故が生じたときは、遅滞なく事故の日時、場所、状況、傷害の程度等を学生支援課総務係へ通知してください。
(注1)上記の保険金は、生命保険、健康保険、他の傷害保険、加害者からの賠償金等と関係なく支払われます。
(注2)保険金は、上記金額に限定されているので2口以上の加入はできません。

学研災付帯賠償責任保険(略称:「付帯賠責」)

 学研災付帯賠償責任保険(略称:「付帯賠責」)は、日本国内外において学生が、正課中、学校行事中、課外活動中及びその往復で、他人にケガをさせたり、他人の財物を損壊したことにより被る法律上の損害賠償を補償するもので、施設賠償責任保険、生産物賠償責任保険、受託者賠償責任保険で構成されています。

1.保険金が支払われる場合

(1)正課中、学校行事中、課外活動中及びその往復に、次に掲げる事由により他人の身体に障害(障害に起因する死亡を含む。以下同様。)を負わせ、または他人の財物を損壊(減失、毀損もしくは汚損)させ、被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合。
 イ.活動に伴い発生した偶然な事故
 ロ.活動に伴って提供した飲食物に起因する偶然な事故

(2)正課中、学校行事中、課外活動中及びその往復に伴う占有、使用または管理する受託物を偶然な事由により損壊、紛失または盗取(詐取を含む)するなど、受託物に対し正当な権利を有する者に対し被保険者が法律上の損害賠償責任を負った場合。

【対象となるケース事例】
①正課で化学の実験中、間違って薬品を混ぜ、爆発事故を起こしてしまい、クラスメイトに火傷を負わせてしまった。
②学園祭で、焼鳥屋の模擬店を出店したが食中毒事故を出してしまい、5人が入院してしまった。
③インターンシップ活動中、派遣先の機械を使用し、誤って損壊してしまった。
④大学へ行く途中、駅の階段を駆け降りたとき、前にいた老人を突き飛ばしてしまい、大ケガをさせてしまった。

2.対象者

 学校教育法に定める大学のうち、日本国際教育支援協会の賛助会員である大学に在籍する学生で、学研災に加入している学生に限ります。

3.選択できるコース及び対象となる活動範囲

(正課、学校行事及び往復の捉え方は、学研災及び通学特約に準じます。)

Aコース
 正課、学校行事及びその往復
 ※ Bコースの対象範囲を含みます

Bコース
 ※ 本学では取り扱っていません

4.保険期間と保険料

区分 保険期間 保険料Aコース
学部 4年 1,360円
修士 2年 680円
博士 3年 1,020円
別科 2年 680円
研究生 1年 340円
科目等履修生 1年 340円

その他の保険について

 「学生教育研究災害傷害保険(学研災)」および「学研災付帯賠償責任保険(付帯賠責)」は、補償範囲が教育研究活動中のケガ・災害に起因する場合に限られており、病気やプライベート時間中の場合は一切補償されません。
 学生生活全般に補償範囲を広げた以下に記載する任意加入(オプション)の保険もありますので、加入を希望する場合は、それぞれの取扱い先にお問い合わせください。

○(財)日本国際教育支援協会 取扱い

『学研災付帯学生生活総合保険』(学研災保険の加入が条件)
  担当:学生生活総合保険相談デスク
  電話:0120(811)806

○東京芸術大学生活協同組合 取扱い

 『学生総合共済』『学生賠償責任保険』(生協組合員加入が条件)
  担当:山田(やまだ)
  電話:03(3828)5669