学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

社会連携・研究協力のご案内

社会連携・研究協力のご案内

社会連携課・社会連携センターホームページ
>> http://sharen.geidai.ac.jp/index.html

研究活動行動規範について

東京藝術大学では、本学において芸術研究活動を行うすべての者が遵守すべき
「東京藝術大学における芸術研究活動に係わる行動規範」を定めております。

>> 東京藝術大学における芸術研究活動に係わる行動規範

また、芸術研究活動の実践にあたっての指針として、行動規範に基づき、
「東京藝術大学研究者倫理に関するガイドライン」定め、研究者の倫理意識の向上
に取り組んでいます。

>> 東京藝術大学研究者倫理に関するガイドライン(PDF105KB)

研究活動の不正等への取り組み

 東京藝術大学では、文部科学大臣決定「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月)及び「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成26年2月改正)に対応し、本学における職員等の研究活動の不正行為及び研究費の不正使用を防止するとともに、不正行為等が行われ、又はその恐れがある場合に適切に対処するための見直しを行いましたのでお知らせします。

 本学では、今後とも研究活動の不正行為の防止、公的研究費の適生な管理・運営を行うための基盤となる環境整備をはじめとする具体的な取り組みを推進するとともに、教職員の一層のコンプライアンス向上に努めることとしています。

>> 東京藝術大学における公的研究費の管理・監査のガイドライン

>> 東京藝術大学における研究活動の不正行為等関する取扱規則

>> 東京藝術大学における物品購入等契約に関する取引停止等の取扱要項

研究活動及び研究資金等の管理・運営の責任体制について

東京藝術大学における研究活動及び研究資金等の管理・運営に係る責任体制について、以下のとおり公法します。

最高管理責任者
職名:学長
責務:本学における研究活動及び研究資金等の運営・管理に関する最高管理責任者として、研究活動の健全な発展のための不正行為等の防止に努めること
統括管理責任者
職名:理事(研究担当)
責務:本学における研究活動及び研究資金等の運営・管理に関し、大学全体を統括すること
研究コンプライアンス推進責任者・研究倫理教育責任者
職名:部局等の長
責務:当該部局等の研究活動及び研究資金等の運営・管理に関し責任を負うとともに、所属職員等に対し、不正行為等の防止及び研究者倫理向上のための啓発その他必要な措置を講じること

研究活動における不正行為等の通報・告発窓口について

東京藝術大学では、研究活動における不正行為等の通報・告発の受付窓口を、下記のとおり設置しています。

通報・告発の受付窓口
 東京藝術大学社会連携課 〒110-8714 台東区上野公園12-8
 TEL:050-5525-2345 FAX:050-5525-2485
 E-mail:tsuho@ml.geidai.ac.jp
 受付時間:9:00~17:00 (12:30~13:30を除く)

対象となる不正行為等
  研究活動における捏造、改ざん、盗用の「特定不正行為」及び「研究費の不正使用」が対象となります。

対象者
  本学において研究活動を行うすべての者(常勤、非常勤、招聘職員、学生等の身分及び客員教授、特任教員、客員研究員、リサーチ・アシスタント等の呼称を問わない。)が対象となります。

留意事項

  1. 原則として匿名による通報・告発はできません。
  2. 通報・告発は、不正行為等を行ったとする職員等及び職員等グループ、不正行為等の態様、事案の内容等が明示され、かつ研究活動の不正行為については不正とする科学的合理的理由を示した書面、電話、FAX、電子メール又は面談によるものとします。また、通報・告発者には、調査の協力を求める場合があります。
  3. 通報・告発を行った者は、それを理由として、不利益な取扱いを受けることはありません。また、通報・告発に係る業務関係者には、守秘義務がかせられています。
     ただし、調査の結果、その通報・告発が悪意に基づくものであることが判明した場合には、通報・告発を行った者の氏名の公表、懲戒処分、その他の処置をとることがあります。

相 談
 不正行為等に係る相談は、下記の部署で受け付けます。
 社会連携課 TEL:050-5525-2778

研究活動に係る各種制度やその取り扱いに関する相談窓口

 東京藝術大学では、研究活動に係る各種制度やその取扱いに関する相談を、下記により受け付けています。

◇産学官連携・競争的資金・助成団体等の研究制度関係
 社会連携課 TEL:050-5525-2778  FAX:03-5685-7761
 E-mail:kenkyo@ml.geidai.ac.jp

研究助成情報

◇研究費の使用・管理等の会計制度関係
 戦略企画課 TEL:050-5525-2040
 又は各部局会計係

平成28年度 研究推進プロジェクトの採択結果について

 東京藝術大学は、研究活動の活性化を図るため、平成22年度より毎年、大型の競争的研究資金獲得を目指した助走的研究を対象とした「研究推進プロジェクト」による助成を行っております。 
 今年度も公募に対して6件の応募があり、専門教員による第1次審査、研究推進室において第2次審査を行った結果、以下の3件の課題を選定しました。
 本学では、今後、このプロジェクトの研究成果により、大型科研費等の外部資金獲得につなげ、更なる研究展開ができることを期待しています。

採択結果

所属部局 職名 研究代表者 研究課題名
大学院美術研究科 教授 稲葉政満 和紙の耐久性に及ぼすヘミセルロースの役割の解明
-雁皮紙の超長寿命化をめざして-
音楽学部 教授 大角欣矢 20世紀前半のヴァイオリン演奏様式史研究
─野澤コレクションの調査を中心に
大学院映像研究科 教授 桂英史 映像アーカイヴスの基盤形成に関する総合的研究

安全保障輸出管理への対応について

東京藝術大学では、海外への研究資料等の提供・持出や、外国人研究者等の研究指導が大量破壊兵器の開発等へ転用されないように、安全保障輸出管理についての必要な手続きを経て教育研究を遂行しています。

>> 東京藝術大学における安全保障輸出管理手続き(PDF857KB)

>> 安全保障輸出管理事前確認シート(外国人研究者等)【学内専用ページへ】
>> 安全保障輸出管理事前確認シート(海外出張)【学内専用ページへ】

※大学における安全保障輸出管理とは
大学の教員(研究者)等が教育研究活動を行う際に、相手方の用途等によっては、提供される技術や輸出される貨物が不本意に大量破壊兵器の開発等、武器や軍事目的に転用されるおそれがあります。それらを未然に防止する為に必要な輸出管理の手続きが必要な場合があります。