学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

カリキュラムポリシー

修士

 大学院美術研究科修士課程では、幅広い視野から芸術を理解し、高度な専門性を備えた人材育成
を目的としている。このために専攻ごとの特性を最大限に尊重したカリキュラムを編成している
が、全専攻に共通する要項は以下のとおりである。

1. 修士課程の学生は、各専攻に応じてより高度な知識、理論、技法等を学ぶ(必修科目、選択科目、特殊講義、演習等)。
2. 上記における創作・研究活動を集大成し、修士作品、修士論文、もしくは双方を発表する。

博士

 大学院美術研究科博士後期課程では、芸術について高度な創作・研究活動を行い、専門分野のみならず、社会に豊かな実りをもたらす人材育成を目的としている。このために研究領域ごとの特性を最大限に尊重したカリキュラムを編成しているが、全研究領域に共通する要項は以下のとおりである。

1. 博士後期課程の学生は、研究領域に応じて、各自の研究の幅を広げ、高度かつ独創的な内容とするための知識、理論、技法等を学ぶ(創作総合研究、造形計画特別演習、文化財保存学総合研究)。
2. 博士後期課程の学生は、主任研究領域特別指導教員及び関連指導教員のもとで高度な専門性を身につける。
3. 上記における創作・研究活動を集大成し、博士論文、もしくは博士作品の双方を発表する。