学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 古本募金 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 早期教育 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻

藝大21 藝大アーツ・スペシャル2015 障がいとアーツ

 藝大21 藝大アーツ・スペシャル2015 障がいとアーツ
お申込方法はこちら(チラシPDF572kB)

日時 2015年12月5日(土)・6日(日) ※開始時間の詳細は、両日とも下記をご参照ください。
会場 東京藝術大学奏楽堂、第6ホール、Arts & Science LAB. 1F(大学構内)
入場料

無料(要 整理券)

※メール・ファックス、または 往復ハガキでお申し込みください。
  整理券を送信・送付いたします。

お申
込方法

●メール・ファックスの場合
①希望人数(2名様まで)②郵便番号とご住所③お名前
④電話番号・FAX番号(ご連絡の取れる番号)⑤ご参加希望日(12月5日、6日、両日)を、
  メール : arts.special@ml.geidai.ac.jp    または
  FAX  : 03-5685-7728
 にお送りください。送付いただいたご連絡先に返信致します。

●往復ハガキの場合
往信側の文面に①希望人数(2名様まで)②郵便番号とご住所③お名前
④電話番号・FAX番号(ご連絡の取れる番号)⑤ご参加希望日(12月5日、6日、両日)
返信側の宛名面に送り先をご記入のうえ、往信側の宛名面に下記の送り先をご記入下さい。
返信ハガキを整理券としてお送りします。
 〒110-8714 
 東京都台東区上野公園12-8
 東京藝術大学演奏藝術センター「藝大アーツ・スペシャル」係


※コンサートの入場は当日先着順、自由席ですので、整理券をお持ちの上、
  お時間に余裕を持って会場にお越しください。

お申込方法はこちら

お申込締切

2015年11月27日(金)必着

主催

東京藝術大学、東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学COI拠点

協賛

株式会社青山メインランド、株式会社アライヴン、株式会社井上総合印刷、エスエイ・ロジテム株式会社、株式会社協和、株式会社シセイプラント、株式会社スタートトゥデイ、東京浅草中央ロータリークラブ、トヨタ自動車株式会社、中川特殊鋼株式会社、日本国土開発株式会社、花木工業株式会社、東日本遊技機商業共同組合、藤掛株式会社

技術協力

ヤマハ株式会社

楽器提供

株式会社ヤマハミュージックリテイリング銀座店

協力

社会福祉法人愛成会、青山学院大学 総合文化政策学部 音楽マネジメント・ラボ、新生紙パルプ商事株式会社、台東区手話通訳者の会、筑波大学附属桐が丘特別支援学校、筑波大学附属視覚特別支援学校音楽科、東京大学大学院理学系研究科天文学教育研究センター、東京都視覚障害者生活支援センター、横浜市教育委員会、横浜市立盲特別支援学校

後援

国際交流基金アジアセンター、在日本カンボジア王国大使館、一般社団法人障がい者自立推進機構、台東区、台東区教育委員会、一般社団法人日本車椅子バスケットボール連盟、公益財団法人日本ダウン症協会、日本財団パラリンピックサポートセンター

企画・運営

東京藝術大学演奏藝術センター、東京藝術大学COI拠点
お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2465

藝大21 藝大アーツ・スペシャル2015
障がいとアーツ
 東京藝術大学主催「藝大アーツ・スペシャル」では、障がいを持つ方々と分け隔てなく美術や音楽を楽しめる空間を提供し、現代社会に適合した芸術の可能性を探求しています。5回目となる今回はカンボジアを代表する視覚障がいの音楽家を招き、また世界的ヴァイオリニスト和波孝禧のもと視覚障がいの演奏家と東京藝術大学学生による室内合奏団を結成します。同時に特別支援学校と共同制作を行った成果を奏楽堂の舞台で発表し、コンサート、シンポジウム、ワークショップのほか、藝大に新設されたArts & Science LAB.において展覧会も開催します。
 メイン・コンサートでは、映像と音楽のコラボレーションのほか、障がい者にオーケストラの中に座っていただき、「共に生きる」力を体感します。障がいを持つ芸術家から受ける感動は、すべての人々に生きる力と勇気を与えてくれます。

 

≪ コンサート・ワークショップ ≫

12月5日(土) 奏楽堂ホワイエ 12:00―13:30 ※11:30より奏楽堂入口にて受付開始 ※定員:先着20名
ワークショップ「 ヒカリアツメ」
舞台セットづくり。参加者みんなで作った作品が、音楽劇「星がひかるとき」の舞台を彩ります。

 

12月5日(土) 奏楽堂 14:00―16:45 ※13:30開場
音楽劇「 星がひかるとき」~ボーダレス・パフォーマンス~
音楽、映像、美術など様々な表現方法を駆使して、特別支援学校生と藝大生が共に創る、オリジナル音楽劇。

企画:
東京藝術大学演奏藝術センター開設授業 「障がいとアーツ」受講生

出演:
筑波大学附属桐が丘特別支援学校生徒
筑波大学附属視覚特別支援学校生徒
東京藝術大学学生

プログラム:
ショパン 《ノクターン第2番》
エルガー 《ため息》  
ほか

 

アーツ・スペシャル コンサート
◇ カンボジアから障がい者アーティストを迎えて
出演:
ダンヴェン・コン・ナイ (カンボジア)

◇ 障がいを超えるダンス ~Integrated Dance Company響-Kyoを迎えて~
障がいの有無を問わず、多様な身体性を活かして新しい舞踊表現を開拓するダンス・カンパニー公演。

出演:
Integrated Dance Company響-Kyo

◇ ミュージック・イン・ザ・ダーク ~ヴァイオリニスト和波孝禧アンサンブル~
視覚障がいの演奏家と藝大教員・学生によるチェンバー・オーケストラ公演。舞台上を真っ暗闇にし、五感を研ぎ澄ませてお互いの音楽を聴き合いながら、全員が暗譜でアンサンブルします。

指導・出演:
和波 孝禧

プログラム:
ヴィヴァルディ《 四季》より〈秋〉〈冬〉
J.S. バッハ《 G線上のアリア》
ほか

 

司会:
新井 鷗子(本学COI特任准教授)

 

12月6日(日) 第6ホール 12:15―14:00  ※12:00開場 ※定員:先着200名
ミニ・コンサート&シンポジウム「障がいと表現」
最先端技術を使用した演奏を聴き共生社会の未来について、各方面で活躍する専門家と共に考察します。

演奏:
筑波大学附属桐が丘特別支援学校生徒

パネリスト:
水野 正明(名古屋大学医学部附属病院教授・総長補佐)
北島 郷美(パラリンピアン/日本車椅子バスケットボール連盟副会長)
川畠 成道(ヴァイオリニスト)

司会:
宮廻 正明(日本画家/本学社会連携センター長)

 

12月6日(日) 奏楽堂  14:30―16:15  ※14:00開場
メイン・コンサート「聞こえる色、見える音」
音を映像化し、音楽を肌で体感するコンサート。

出演:
書            :金澤 翔子
チャバイ:ダンヴェン・コン・ナイ (カンボジア)
歌            :メンケオ・ピチダ( カンボジア)
ピ  ア  ノ :青柳 晋(本学音楽学部准教授)
指      揮  :田中 祐子
管 弦 楽  :藝大フィル・ハーモニア
映      像  :桐山孝司(本学大学院映像研究科教授)

プログラム:
サム・アン・サム  チャパイと歌の協奏曲 《 カンサイン・クラハム(赤いハンカチーフ)》
ラヴェル  《 左手のためのピアノ協奏曲》
スメタナ  連作交響詩 《 わが祖国》より〈モルダウ〉 ほか

司会:
松下 功(本学副学長)

 

≪ 障がいとアーツ展覧会 ≫

会場1 Arts & Science LAB.1F  ※会場1のご観覧には、整理券は不要です。
12月1日(火)-12月6日(日)

13:00 -17:00( 最終日16:30まで)
開催内容
◇ アール・ブリュット展

会場2
 奏楽堂 
※演奏時間外のみご観覧いただけます
12月5日(土) 13:30 -17:30
12月6日(日) 14:00 -17:00
開催内容
◇ アトリエぱんげあによる作品
◇ 台東区特別支援学級、 横浜市立盲特別支援学校による作品
◇ ダウン症書家・金澤 翔子の作品
◇ パラリンアートによる作品 

ほか

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がございますので、ご了承ください。

 

 

交通案内

奏楽堂(6ホール、ラボ入り) 地図

JR上野駅(公園口)・JR鶯谷駅(南口)、
東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分

京成線上野駅、
東京メトロ日比谷線上野駅、
東京メトロ銀座線上野駅より徒歩15分

台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園から(東京芸術大学経由)【5-1】東京芸術大学 下車[30分間隔]

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。

所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8