学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング

大学院映像研究科 各種証明書等の申請について

電話・メール等での申し込みは受け付けません。

※ 問い合わせ先 
  大学院映像研究科教務係 Tel.050-5525-2671/2689または045-650-5200

証明書の種類

修了証明書 
成績証明書 
その他(単位修得証明書等)

申請方法

<直接窓口で申請する場合>

大学院映像研究科教務係
受付時間: 9:00~12:30/13:30~17:00
(土・日・祝祭日・年末年始・大学で決められた休日を除く)

<FAX又は郵送で申請する場合>

次の申請書を大学院映像研究科教務係宛にFAX又は郵送してください。
 証明書交付申請書 (PDF) (EXCEL
  
〒231-0005 神奈川県横浜市中区本町4-44 東京藝術大学大学院映像研究科教務係宛 
FAX 050-5525-2711または045-650-6202 
(FAXは24時間受け付けていますが、17:00以降に送られてきたものは翌日処理となります。)

受け取りを郵送にする場合は、申請書とともに、こちらを郵送してください。

受取方法

<直接窓口で受け取る場合>

大学院映像研究科教務係
受付時間: 9:00~12:30/13:30~17:00
(土・日・祝祭日・年末年始・大学で決められた休日を除く)

持参するもの(必須)
 ・ご自身の身分を証明できるもの(運転免許証等の公的な身分証明書)

代理人が受け取る場合に持参するもの(必須)
 ・証明書を発行する本人の身分を証明できるものの写し(運転免許証等の公的な身分証明書)
 ・証明書を発行する本人の委任状(任意の様式で結構ですが署名・捺印が必要です)
 ・代理の方自身の公的な身分証明書(運転免許証等の公的な身分証明書)

<郵送により受け取る場合>

大学院映像研究科教務係に次のものを郵送してください。
 ・証明書を発行する本人の身分を証明できるものの写し(運転免許証等の公的な身分証明書)
 (※確認後、作成した証明書と一緒に返信用封筒に同封して返却いたします。)
 ・返信用封筒(角型3号以上の定形外封筒に受け取り先の住所・氏名を記入し、切手を貼付してください。目安として証明書2通分で120円位の切手をお貼りください。)
 ・返信用封筒には、未納不足郵便料金受取人払いのスタンプを押印させていただく場合があります、ご了承下さい。(料金不足によるトラブルを防止するため)

代理人が受け取る場合、大学院映像研究科教務係に次のものを郵送してください。
 ・証明書を発行する本人の身分を証明できるものの写し(運転免許証等の公的な身分証明書)
 ・証明書を発行する本人の委任状(任意の書式で結構ですが署名・捺印が必要です。)
 ・代理の方自身の公的な身分証明書(運転免許証等の公的な身分証明書)
 ・返信用封筒(角型3号以上の定形外封筒に受け取り先の住所・氏名を記入し、切手を貼付した封筒をご用意ください。目安として証明書2通分で120円位の切手をお貼りください。)
 (※送っていただいた身分証明書の写しは、確認後作成した証明書と一緒に返信用封筒に同封して返却いたします。)

また、こちらから海外への郵送は承っておりません。海外在住の方は、必ず日本国内の代理の方を通して受け取ってください。

発行にかかる日数

証明書の即日発行はできません。
日数は以下のとおりです。(時期によってはこれ以上かかる場合がありますので余裕を持って申請してください。)

申請書受理後発行までには土・日・祝祭日・大学で決められた休日を除く和文3日間、英文7日間を要します。(1月~4月は繁忙期により通常の倍の日数をいただきます。)

※ FAXによる申請の場合、受付時間以降に届いたものは、翌日以降の申請書受理となります。

留意事項

1. 発行手数料は無料です。 
2. 証明書は必要枚数しか発行できません。
3. 提出先・申請枚数を必ず明記してください。 
4. 証明書の氏名は、原則として本学在籍時のもので発行します。改姓等は(提出先にお問い合わせのうえ)ご自身で証明してください。
5. 証明書の封入方法に希望がある場合は申請書欄外にご記入ください。(1枚ずつ別々にして欲しい等)
6. 証明書は、和文・英文のみになります。
7. 記入漏れがあると発行できない場合がありますので、必ず記入漏れがないか確認してから申請するようにしてください。