NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

リスト音楽院交流演奏会

| TOPページに表示

リスト音楽院交流演奏会

詳細はこちら

日時 2016年10月25日(火)
19:00開演 (18:30開場)
会場 東京藝術大学 第6ホール(音楽学部構内)
入場料

無料(全席自由)
※就学前のお子様の同伴・入場はご遠慮いただいております。 

主催 東京藝術大学音楽学部
お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 

文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト」
リスト音楽院交流演奏会

 

ごあいさつ
 ハンガリーのリスト音楽院は、19 世紀を代表する文化人の一人であった大ピアニスト・作曲家リストによって、彼の母国であるハンガリー政府の要請により、1875 年にブダペストに創設された音楽大学です。
 リスト以来の伝統を脈々と伝えるリスト音楽院では、多くの日本人学生が学び、又、ペーテル・コムローシュ、エステル・ペレーニ、ラースロー・ティハニ、アンドラーシュ・ケメネシュ、カールマーン・ドラーフィ、ヨージェフ・カトナ、ジョルジュ・パウク等の教授陣が本学でも教鞭をとっています。
 又、リスト音楽院には、バルトークやコダーイを始めとするハンガリー民族音楽研究の伝統も息づいています。
 今回の交流演奏会は、気鋭のハンガリー民族音楽の演奏家であるラースロー・スラマ氏とリスト以来の伝統を受け継ぐピアニストであるカールマーン・ドラーフィ氏を迎え、ハンガリー民族音楽とリストのピアノ演奏技法がバルトーク作品にどの様に現れているかを探るものです。
 コスモポリタンとして活躍したリストから影響を受けながらも、芸術の源を自国の伝統に置いたバルトークが求めたものを、様々なハンガリー民族音楽の実例と、バルトークの民族音楽のユニークな活用例であるコントラスツを中心としてお届けします。
 多くの方々のご来聴をお待ち申し上げております。

          東京藝術大学音楽学部教授 渡邊 健二( ピアノ、1978年~83年リスト音楽院留学)

 

【第1部】ハンガリーの民族音楽及び民族舞踊について
    講演者:ラースロー・スラマ(リスト音楽院 民族音楽学科講師)
         László SZLAMA
    対談・通訳:横井 雅子(国立音楽大学・大学院教授 大学楽器学資料館 館長)

【第2部】リスト的ピアノテクニックのバルトーク作品への影響
    講演者:カールマーン・ドラーフィ(リスト音楽院 ピアノ科主任教授)
         Kálmán DRÁFI

■演奏曲目
B バルトーク:15 のハンガリー農民の歌 Sz.71(BB79)
    ピアノ:渡邊 健二(東京藝術大学音楽学部教授)
         Kenji WATANABE
B.バルトーク:コントラスツ Sz.111(BB116)
    クラリネット:照沼 夢輝(東京藝術大学音楽学部4年)
         Yumeki TERUNUMA
    ヴァイオリン:小林 壱成(東京藝術大学音楽学部4年)
         Issei KOBAYASHI
    ピアノ:カールマーン・ドラーフィ
         Kálmán DRÁFI

 

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がございますので、ご了承ください。

交通案内

2014.4.4-6h
 
JR上野駅(公園口)・JR鶯谷駅(南口)、
東京メトロ千代田線根津駅より        徒歩10分

京成線上野駅、
東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より    徒歩15分

台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園から(東京芸術大学経由)【5-1】東京芸術大学 下車[30分間隔]

駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8