学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

藝大フィルハーモニア管弦楽団定期演奏会 (藝大定期第383回)

| TOPページに表示

藝大フィルハーモニア管弦楽団定期演奏会 (藝大定期第383回)

詳しくはこちら(チラシ PDF 1MB)

日時

2017年10月14日(土)
15:00開演(14:00開場)

会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

3,000円 全席自由
※就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。

主催

東京藝術大学音楽学部
東京藝術大学演奏藝術センター

協賛

駐日ハンガリー大使館

チケット取り扱い

東京芸術大学生活協同組合
TEL:03-3828-5669(店頭販売のみ)

ヴォートル・チケットセンター
TEL:03-5355-1280    http://ticket.votre.co.jp

チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 http://t.pia.jp
《Pコード:339-191》

東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5685-0650  http://www.t-bunka.jp/ticket

イープラス(e+) http://eplus.jp

お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

プレコンサート 14:15より
ツィムバロム独奏:ダーニエル・サボー

 

東京藝術大学 130 周年記念( 公式プログラム)
文部科学省国立大学機能強化事業「国際共同プロジェクト(ハンガリー リスト音楽院)」
藝大定期第383回 
藝大フィルハーモニア管弦楽団定期演奏会
 

 東京藝術大学では2011年のリスト生誕200年記念コンサートを皮切りに、ハンガリーのリスト音楽院との国際共同プロジェクトを何度か開催してきました。今年は20世紀ハンガリーが生んだ偉大な作曲家・教育者コダーイ(1882-1967)の没後50年にちなんで、リスト音楽院のラースロー・ティハニ教授の指揮で、コダーイの代表作《ガラーンタ舞曲》と組曲《ハーリ・ヤーノシュ》、そしてストラヴィンスキーのバレエ組曲《火の鳥》をお届けいたします。
 ティハニ氏の活動は作曲家・指揮者として多岐にわたっていますが、特に現代音楽の指揮者として多くの録音があり、藝大フィルハーモニア管弦楽団によるリゲティの《ピアノ協奏曲》の指揮など、藝大にとってもなじみの深い芸術家です。 
 コダーイは、「コダーイ・システム」と呼ばれる音楽教育の創始者として、また合唱曲の作曲家として非常に有名ですが、《ガラーンタ舞曲》と組曲《ハーリ・ヤーノシュ》も、ハンガリーの薫り高い20世紀の民族主義的な名曲です。是非、多くの方々に楽しんで頂きたいと思います。ご来聴をお待ち申し上げております。

 渡邊 健二 (東京藝術大学音楽学部教授 1978~83年リスト音楽院留学)

 

▊曲目

コダーイ(1882-1967) 没後50年
The 50th anniversary of the death of KODÁLY Zoltán
 《 ガラーンタ舞曲》
 Galántai táncok

 組曲《 ハーリ・ヤーノシュ》
 Háry János-Suite
   ツィムバロム:ダーニエル・サボー Cimbalom : SZABÓ Dániel

ストラヴィンスキー: バレエ組曲《 火の鳥》(1945年版)
Igor Stravinsky : Firebird Ballet Suite for Orchestra 1945

 

▊出演

指揮:ラースロー・ティハニ Conductor:TIHANYI László

1956年ブダペスト生まれのハンガリーの指揮者・作曲家。ブダペストのリスト音楽院で作曲と指揮を学び、1979年より母校の教授として後進の指導にあたり、2000-05年同副院長を務めた。指揮者としては、国内外で20世紀の古典から現代音楽の指揮を務め、ハンガリー国内のすべての主要オーケストラに加え、アンサンブル・モデルンのようなヨーロッパの重要な現代音楽アンサンブルや、「パリの秋音楽祭」「ウィーン芸術週間」などヨーロッパの音楽祭で自身のオペラを含む指揮を行っている。1985年には20~21世紀の音楽に焦点を当てた器楽アンサンブル“インターモデュレーション”を創設し、芸術監督としてエルケル賞、バルトーク・パストリー賞を受賞。東京藝術大学音楽学部卓越教授。

 

藝大フィルハーモニア管弦楽団

藝大フィルハーモニア管弦楽団(2016年秋、藝大フィルハーモニアから改称)は東京藝術大学に所属するプロフェッショナル・オーケストラで、年2回の定期演奏会、声楽科との合唱定期、オペラ研究部との共演、新卒業生(各科最優秀者)の紹介演奏のほか、年末恒例の「メサイア演奏会」、「第九公演」などを行っている。教育面では、器楽科・声楽科学生との協奏曲等の共演および作曲科学生の作品演奏(モーニング・コンサート)、指揮科学生による演奏会・試験・演習など、学生の演奏経験の拡充に資している。前身である旧東京音楽学校管弦楽団は、我が国初の本格的なオーケストラで、ベートーヴェンの《交響曲第5番「運命」》、
《交響曲第9番「合唱付き」》、チャイコフスキーの《交響曲第6番「悲愴」》などに加え、ブルックナーの《交響曲第7番》と《交響曲第9番》を本邦初演し、日本の音楽会の礎石としての活動を果たしてきた。2017年4月に(公財)日本オーケストラ連盟に準会員として加盟し、同年6月には「日本・チリ修好120周年」を記念して初の海外公演としてチリ公演(4公演)を行い、聴衆を魅了した。

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

■JR上野駅(公園口)・鶯谷駅(南口)、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
■京成線京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分
■台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園 から(東京芸術大学経由)⇒【5-1】東京芸術大学下車[30分間隔]

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。