NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

日智修好120周年記念 藝大フィルハーモニア管弦楽団演奏会

| TOPページに表示

日智修好120周年記念 藝大フィルハーモニア管弦楽団演奏会 

詳しくはこちら(チラシ PDF 2MB)

日時

2017年11月7日(火)
19:00開演(18:30開場)

会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

無料(入場整理券事前申込制)
※就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。

主催

チリ大使館

共催

東京大学TAOプロジェクト 東京藝術大学

応募要領

以下のURLからお申し込みください。

当日17:30より座席指定券とお引き換えになります。
お申し込み数が規定数に達しましたら、締め切らせていただきます。
第1次受付 10月6日(金)~
第2次受付 11月1日(水)~(若干枚数)

受付フォームはこちらから

【URL】 https://goo.gl/35K77a  QRコード 

 

お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 

 

東京藝術大学130周年記念(応援プログラム)
日智修好120周年記念 
藝大フィルハーモニア管弦楽団演奏会
 

 日本チリ修好120週年を迎えた本年、記念事業として東京藝大フィルによる演奏会が6月にサンチアゴにて開催され、満員の観客から大きな喝采で迎えられました。その日の感動を日本の皆様と共有したいとの思いから、この度、チリ大使館主催で演奏会が再び開催されることになりました。日本での再演は両国の友好を願う者としてこの上ない大きな喜びです。
 藝大フィルと私どもの関係は2年前の2015年12月に遡ります。藝大奏楽堂で開催された「障がいとアーツ」演奏会において、藝大フィルがスメタナの《モルダウ》演奏時に、東京大学アタカマ天文台(TAO)で撮影した映像を大スクリーンに投影したことが始まりでした。
 現在、東大はチリ北部アタカマの標高5640メートルのチャナントール山頂に、6.5メートルという大口径の赤外線  望遠鏡を建設中で、2018年の完成を目指しています。《モルダウ》演奏時に使用した映像はそれに先行して設置された 口径1メートルのミニTAO 望遠鏡で撮られたものです。映像と音楽を組み合わせることで得られる臨場感と高揚感を宇宙を想像しながら感じていただけたら幸いです。 今回の演奏会によって藝術の分野での両国の友好の絆が一層強くなることを心から願っています。

吉井 讓 (TAOプロジェクト代表・東京大学名誉教授・東京藝術大学客員教授)

 本年6月のチリ公演は、チリ大統領府青年オーケストラ基金(FOJI)、サンチアゴ市立劇場、チリ大学からの招待を受け実現に至りました。
 6月24日、25日のサンチアゴ市立劇場での2公演に加え、27日にチリ大学のホールでも演奏会が開催されました。  また、これに先立ち23日には大統領府FOJI楽団員の指導とモネダ文化センターでの合同演奏会を行いました。演奏会  では、ヨーロッパのクラシック作品を始め、日本音楽、また、チリの誇る作曲家の作品を演奏することで、両国の音楽交流を図るとともに、日本の音楽や日本の楽器をチリの皆様にご紹介する貴重な機会となりました。
 チリ公演の実現に際しては、文化庁、東京大学TAOプロジェクトを始めとして、日本大使館、チリ大使館、日本チリ友好議員連盟、サンチアゴ市立劇場、在チリ日本人会、日智商工会議所(カマラ)、日本・東京商工会議所、日智経済委員会、ラテンアメリカ協会、日本チリー協会、野村財団、東京藝術大学同声会など、多くの方々からご支援とご協力を受け、またチリ大学からは練習の場を、チリ大学に所属するチリ国立交響楽団からは楽器のご提供をいただき、全行程を成功裡に終えることができました。ご協力いただいた全ての方々に心から御礼申し上げます。

藝大フィルハーモニア管弦楽団

▊曲目

スメタナ: 連作交響詩「わが祖国」から 〈モルダウ〉(天体映像付き)

松下 功
: 和太鼓協奏曲「飛天遊」*

ドヴォルジャーク
: 交響曲 第8番 ト長調 作品88

▊出演

指揮:迫 昭嘉  松下 功* 

和太鼓:林 英哲*

管弦楽:藝大フィルハーモニア管弦楽団

 

藝大フィルハーモニア管弦楽団

藝大フィルハーモニア管弦楽団(2016年秋、藝大フィルハーモニアから改称)は東京藝術大学に所属するプロフェッショナル・オーケストラで、年2回の定期演奏会、声楽科との合唱定期、オペラ研究部との共演、新卒業生(各科最優秀者)の紹介演奏のほか、年末恒例の「メサイア演奏会」、「第九公演」などを行っている。教育面では、器楽科・声楽科学生との協奏曲等の共演および作曲科学生の作品演奏(モーニング・コンサート)、指揮科学生による演奏会・試験・演習など、学生の演奏経験の拡充に資している。前身である旧東京音楽学校管弦楽団は、我が国初の本格的なオーケストラで、ベートーヴェンの《交響曲第5番「運命」》、
《交響曲第9番「合唱付き」》、チャイコフスキーの《交響曲第6番「悲愴」》などに加え、ブルックナーの《交響曲第7番》と《交響曲第9番》を本邦初演し、日本の音楽会の礎石としての活動を果たしてきた。2017年4月に(公財)日本オーケストラ連盟に準会員として加盟し、同年6月には「日本・チリ修好120周年」を記念して初の海外公演としてチリ公演(4公演)を行い、聴衆を魅了した。

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

■JR上野駅(公園口)・鶯谷駅(南口)、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
■京成線京成上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分
■台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園 から(東京芸術大学経由)⇒【5-1】東京芸術大学下車[30分間隔]

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。