学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

学校における感染症

「学校において予防すべき感染症」は、学校保健安全法施行規則第18条において以下のとおり分類され、罹患した場合は、同規則第19条において感染拡大防止のため「出席停止期間」が定められています。
本学もこれに基づき、以下に記す感染症に罹患又は罹患した疑いのある場合は、学内感染及び感染拡大防止のために出席停止とします。
なお、上記理由により授業を欠席した学生については、不利益とならないよう所定の手続きにより配慮いたします。

学校において予防すべき感染症(学校保健安全法施行規則第18条・第19条)

分類 対象疾病 出席停止の期間
第1種 エボラ出血熱 治癒するまで
クリミア・コンゴ熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群
(ベータコロナウィルス属SARSコロナウイルス)
中東呼吸器症候群
(ベータコロナウィルス属MERSコロナウイルス)
特定鳥インフルエンザ
第2種 インフルエンザ
(特定鳥インフルエンザを除く)
発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するで
百日咳 特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤
による治療が終了するまで
麻しん(はしか) 解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎
(おたふくかぜ)
耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が発現した後5日を経過し、
かつ、全身状態が良好になるまで
風疹 発しんが消失するまで
水痘(みずぼうそう) すべての発疹が痂皮化するまで
咽頭結膜熱 主要症状が消退した後2日を経過するまで
結核 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
第3種 コレラ 病状により医師において感染のおそれがないと認めるまで
細菌性赤痢
腸管出血性大腸菌感染症
腸チフス
パラチフス
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
その他の感染症

感染症に罹患又は罹患の疑いがあると診断された場合の諸手続

手続1 様式①「感染症罹患届」の提出
(1)医療機関を受診して、「学校において予防すべき感染症」に罹患又は罹患の疑いがあると診断された場合は、直ちに所属する教務係へ「様式①」を提出(郵送、FAX又は電話連絡)してください。
(2)治癒・安全が確認される(主治医の登校許可が出る)までは医師の指示に従い、外出せず自宅で安静にしてください。
《連絡先》
美術学部教務係     TEL:050-5525-2123 FAX:03-5685-7767
音楽学部教務係     TEL:050-5525-2310 FAX:03-5685-7784
大学院映像研究科教務係 TEL:050-5525-2671 FAX:045-650-6202
手続2 様式②「登校許可書」又は「診断書」の提出
(1)治癒後、登校を開始する場合は「様式②」又は登校許可日が証明されている「診断書」を所属する教務係へ提出してください。
(2)感染症に罹患した疑いで医療機関を受診したが、診断結果が上記の感染症でなかった場合も、初診日からその疾患名が判明するまでの期間は配慮の対象となります。
※ 事前に「手続1」がなされていることが前提となります。
手続3 「出席停止期間証明書」の交付・提出
所属する教務係で「出席停止期間証明書」の交付を受け、本人が担当教員へ提出してください。
※ 事前に「手続1」「手続2」がなされていることが前提となります。

様式① 感染症罹患届(WordExcelPDF
様式② 登校許可書(WordExcelPDF