東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ SDGs ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン 動画で見る東京藝術大学

藝大フィルハーモニア管弦楽団 定期演奏会(藝大定期第409回)

| TOPページに表示


【重 要】東京藝術大学奏楽堂における新型コロナウイルス感染拡大防止対策とご来場されるお客様へのお願い(R4.1.4 更新)

奏楽堂における演奏会等の開催につきまして、お客様に安心してご来場いただけるよう、新型コロナウイルス感染拡大防止へ取り組んで参ります。
感染予防及び拡大防止のため、みなさまのご理解、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

 

                       

   ※詳細はこちら

日時

2022年4月21日(木) 19:00開演(18:15開場)

会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

全席指定
4,000円

当日券販売なし

※就学前のお子様の同伴・入場はできませんのでご了承ください。

チケット取り扱い

 

チケット発売開始:2022年3月9日(水)~

ヴォートル・チケットセンター
http://ticket.votre.co.jp/
TEL:03-5355-1280/平日 10:00~18:00

チケットぴあ
https://t.pia.jp/ 《Pコード 211-839》

東京文化会館チケットサービス
https://www.t-bunka.jp/tickets/ 
TEL:03-5685-0650/ 10:00~18:00 休館日を除く
店頭販売:10:00~19:00 休館日を除く

イープラス(e+)
https://eplus.jp/ 

藝大アートプラザ (店頭販売のみ)
TEL:050-5525-2102/11:00~18:00 月曜休、他不定休日を除く

※チケットご購入の際にかかる手数料など詳細は各店舗へお問合わせください。

学生・教職員券
申込フォーム

【申込フォーム】
申込受付期間 4月7日(木)10:00  ~  4月13日(水)12:00

【対象】
学生(非正規生を除く)
教職員(職員証をお持ちの方)

主催 東京藝術大学音楽学部
東京藝術大学演奏藝術センター
お問い合せ

東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 


藝大フィルハーモニア管弦楽団 定期演奏会(藝大定期第409回)

 

▊ご挨拶

 数年コロナウイルスに翻弄されて参りましたが、「音楽」が皆様の心の安らぐひとときを繋ぐ藝術であることには変わりありません。心から安心で満たされた毎日を願うばかりです。
 さて、今回はプログラムの前半に日本を代表する作曲科である武満徹の作品をとりあげました。ストラヴィンスキーによって世に広められた《弦楽のためのレクイエム》、邦人によって演奏される機会が少ない《ファンタズマ/カントス》を、三界秀実本学准教授のクラリネット独奏にてお届けします。繊細で甘美な武満の世界を存分にお楽しみください。
 後半のリムスキー=コルサコフの作品は管弦楽法の大家といわれた氏のオーケストレーションが聴きどころです。様々な楽器によって繰り広げられる表現描写は一体どのような「お話し」になるでしょうか!各奏者によるソロだけでなくオーケストラ全体が紡ぎ出す響きも聴きどころです。これから我々人類にはどのような未来が待っているかまだまだ不透明ですが、藝大フィルと一緒に幸運に満ち溢れた船旅にでかけませんか?
                                  日髙 剛(藝大フィルハーモニア管弦楽団運営委員長/音楽学部音楽学部器楽科准教授 )

 

▊曲目

武満 徹:《弦楽のためのレクイエム》

 

武満 徹:クラリネットとオーケストラのための《ファンタズマ/カントス》

 

N. リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェエラザード》 op.35

 

 

▊出演

指揮:山下一史 
Conductor:Kazufumi YAMASHITA

桐朋学園大学を卒業後、ベルリン芸術大学に留学、ニコライ・マルコ国際指揮者コンクールで優勝。カラヤンが亡くなるまで彼のアシスタントを務める。NHK交響楽団を指揮してデビュー、以後主要オーケストラに定期的に出演し、オーケストラ・アンサンブル金沢プリンシパル・ゲスト・コンダクター、九州交響楽団常任指揮者、仙台フィルハーモニー管弦楽団正指揮者等を歴任。シューマン作曲歌劇「ゲノフェーファ」日本舞台初演など、オペラ、オーケストラの両面においてますます注目を浴びている。千葉交響楽団音楽監督、東京藝術大学音楽学部指揮科教授。2022年4月より愛知室内オーケストラ音楽監督、大阪交響楽団常任指揮者に就任。

 

クラリネット : 三界秀実 
Clarinet : Hidemi Mikai

1991年東京藝術大学大学院を修了、新日本フィルハーモニー交響楽団に入団。東京都交響楽団首席奏者を経て、現在東京藝術大学音楽学部器楽科准教授。桐朋学園大学非常勤講師を兼任。東京クライス・アンサンブルのメンバー、アール・レスピラン同人等室内楽での活動も活発に行う。2002年より宮崎国際音楽祭に、06年より霧島国際音楽祭に参加。また日本音楽コンクールを始めとする数々のクラリネット部門のコンクール審査員も務める。13年にはCD『スパーン・ポイント』を、19年には『アーベントリート』をリリースし、共にレコード藝術誌において特選盤選ばれる等、好評を博す。
  

 

管弦楽 : 藝大フィルハーモニア管弦楽団 
Orchestra : The Geidai Philharmonia Orchestra, Tokyo

藝大フィルハーモニア管弦楽団(2016年秋、藝大フィルハーモニアから改称)は東京藝術大学に所属するプロフェッショナル・オーケストラで、年2回の定期演奏会、声楽科との合唱定期、オペラ研究部との共演、新卒業生(各科最優秀者)の紹介演奏のほか、年末恒例の「メサイア演奏会」、「第九公演」などを行っている。教育面では、器楽科・声楽科学生との協奏曲等の共演および作曲科学生の作品演奏(モーニング・コンサート)、指揮科学生による演奏会・試験・演習など、学生の演奏経験の拡充に資している。前身である東京音楽学校管弦楽団は、我が国初の本格的なオーケストラで、ベートーヴェンの《交響曲第5番「運命」》、《交響曲第9番「合唱付き」》、チャイコフスキーの《交響曲第6番「悲愴」》などに加え、ブルックナーの《交響曲第7番》と《交響曲第9番》を本邦初演し、日本の音楽界の礎石としての活動を果たしてきた。2017年6月には「日本・チリ修好120周年」を記念して、チリ公演(4公演)を行い、聴衆を魅了した。(公社)日本オーケストラ連盟準会員。

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください

 

交通案内

 

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110- 8714  東京都台東区上野公園12- 8

交通のご案内
■JR 上野駅( 公園口)・鶯谷駅( 南口)
   東京メトロ千代田線根津駅 より 徒歩10 分

■京成線京成上野駅
   東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅 より 徒歩15 分

 

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。