東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン AMS 藝大Twitter 動画で見る東京藝術大学

藝大21 JAZZ in 藝大 2019

| TOPページに表示

藝大21 JAZZ in 藝大 2019

詳しくはこちら(チラシ PDF 1.0MB)

日時 2019年7月28日(日)
15:00開演(14:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 【全席完売いたしました】
全席指定
S席 5,000円  バルコニー席 4,000円

※就学前のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。

主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部

チケット取り扱い

 

ヴォートル・チケットセンター
(電話受付のみ 平日10:00-18:00)
 TEL:03-5355-1280

※他のチケットセンターでの販売は終了しました。

7/26(金) 18時現在をもって全席完売となりました。

お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

 

藝大21
JAZZ in 藝大 2019 

 夏の午後、東京藝大・奏楽堂でスイングしませんか?
 人気企画「JAZZ in 藝大」が、装いも新たに復活! 人気サックス奏者・本多俊之をホストに、須川展也はじめ強力な名手たちと共演。本多俊之オリジナル曲をはじめ、今回はスペシャルゲストとして名女優・宮本信子を迎え、「As Time Goes By」など珠玉のスタンダードナンバー、「マルサの女」をはじめ、伊丹十三監督作品の映画音楽メドレー、さらには昭和歌謡まで、 ジャズと音楽の魅力に溢れた、ちょっと贅沢で楽しいコンサート!

 

 

▊曲目

本多俊之オリジナル曲「Cretaceous Wind」 

「As Time Goes By」他  ジャズスタンダード より

「マルサの女」他 伊丹十三監督作品 映画音楽メドレー

 

 

▊出演

本多 俊之 (Saxophone・MC)
宮本 信子 (Vocal) *スペシャルゲスト
グレッグ・リー(Bass)
本多 尚美 (Piano)
須川 展也 (Saxophone)
藝大学生によるアンサンブル

 

 

▊主な出演者プロフィール

本多 俊之(Saxophone)   Toshiyuki Honda 
サックス奏者。作・編曲家、プロデューサー、東京藝術大学非常勤講師。東京生まれ。日本を代表するプレイヤーとして、チック・コリア、フレディー・ハバード等、内外の著名ミュージシャンと共演して人気を博す一方、作・編曲家としても、日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞した映画「マルサの女」(伊丹十三監督)をはじめとする伊丹作品の他、映画、TVドラマ、アニメ、舞台など幅広い分野の楽曲、さらにCMや、クラシックの新作委嘱作品まで多彩で精力的な活躍を続け、いずれも高い評価を得ている。また後進の育成や、吹奏楽の指導などにも心血を注ぐ。最新作は「BEST ANSWER/ 本多俊之 Burning Wave Quartet meets 渡辺香津美 Live at Shinjuku PIT INN」。映画「おいしい家族」が今秋公開予定。

 

宮本 信子(Vocal)  Nobuko Miyamoto  
北海道生まれ。1963年文学座研究所、1964年「三日月の影」で初舞台。1984年の映画「お葬式」以降全伊丹十三作品に出演。1987年年「マルサの女」ではシカゴ国際映画祭最優秀主演女優賞、日本アカデミー賞最優秀主演女優賞、キネマ旬報主演女優賞など多数受賞。2007年「眉山」、2011年「阪急電車~片道15分の奇跡~」で日本アカデミー賞優秀助演女優賞受賞。2013年NHK連続テレビ小説「あまちゃん」にヒロインの祖母役で出演し話題に。2014年には、第65回NHK放送文化賞受賞、紫綬褒章受章。2017年NHK連続テレビ小説「ひよっこ」、2018年TBS「この世界の片隅に」に出演。現在、映画「いちごの唄」が公開中。ジャズライブ活動も行っており、本多俊之との共演も多い。

 

グレッグ・リー (Bass)  Gregg Lee
アメリカ合衆国、カリフォルニア州出身。1972年高校入学と同時に音楽を専攻、卒業後プロ活動を開始。’77年から伝説のフュージョングループ『カルデラ』のメンバーとなり、 レコーディング、全米ツアーを行う。80年同グループ解散後、日本のプログレッシブロックバンド『タキオン』のメンバーとなり来日。以来、日本の第一線ジャズミュージシャンと数々のレコーディング、コンサートを共演。ネィティブサン、渡辺香津美「MOBO」などミュージックシーンを騒がせた一流バンドを多数経験する。近年はジャンルを超越したスーパーベーシストとして広範多岐に渡り演奏活動を展開、不動の人気を欲しいままにしている。 その存在感はあまりにも大きく、他の追従を許さない。

 

本多 尚美( Piano)   Naomi Honda
ピアノ奏者。高校時代よりジャズピアノを本田竹曠氏に師事。在学中フュージョンバンド「フィフス・アベニュー」に参加。国立音大時代は仙波八重子、近藤孝子、各氏に師事。ヤマハパルフェスタに優秀賞受賞。1991年、創作日本舞踊「夕鶴」の 作曲担当。1998年、須川展也による「メイド・イン・ジャパン」の中の作品ジャズエチュードを本多俊之と共に作曲。2004年よりハイパー室内楽ユニット「SMILE !」、2014年「GREETINGS~アドルフ・サックスに捧ぐ~」および2017年「DINOSAX」に参加。2007年、本多俊之作曲「Concerto du vent ~風のコンチェルト~」ピアノスクリプト版作成。

 

須川 展也( Saxophone)   Nobuya Sugawa
佐賀県に生まれ、浜松市で育つ。東京藝術大学卒業。中学時代にサム・テイラーを聴いて衝撃を受け、フルートからサックスに転向。サクソフォーンを大室勇一に師事。1988年~2010年の間、22年にわたり東京佼成ウインドオーケストラのコンサートマスターを務めた。 現在は、ソリストとしての活動のほかに、東京芸術大学招聘教授、京都市立芸術大学客員教授、ヤマハ吹奏楽団浜松常任指揮者として活躍を続けながら、後進の育成にも力を入れている。また多くの作曲家が須川の委嘱により作曲を行っている。トルヴェール・クヮルテットのメンバーとしても知られる。

 

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110- 8714  東京都台東区上野公園12- 8

交通のご案内
■JR 上野駅( 公園口)・鶯谷駅( 南口)
   東京メトロ千代田線根津駅 より 徒歩10 分

■京成線京成上野駅
   東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅 より 徒歩15 分

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください。