東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン 藝大Twitter 動画で見る東京藝術大学

早期教育プロジェクト2019 in 和歌山(ヴァイオリン・チェロ)を開催します

早期教育プロジェクト2019 in 和歌山

※2019年度より、Web申込時に受講希望曲(第3希望まで)の入力も必要となりました。
  詳細は下記「応募方法」をご参照ください。

日時 2019年8月24日(土)
11:00〜藝大生によるランチタイム・コンサート
11:50〜チェロ部門 公開レッスン
14:15〜ヴァイオリン部門 公開レッスン
場所 和歌山県立図書館・文化情報センター
和歌山県西高松一丁目7番38号 
和歌山県立図書館・文化情報センター内 メディア・アート・ホール

>>地図(和歌山県立図書館HP
講師

ヴァイオリン:松原勝也(教授)

〈プロフィール〉
東京藝術大学在学中に安宅賞受賞。ティヴォール・ヴァルガ国際コンクール、クライスラー国際コンクール等で上位入賞。 新日本フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター等を歴任。バッハから現代までを俯瞰的視野でとらえた無伴奏リサイタル・シリーズやベートーヴェン弦楽四重奏曲全曲演奏、ジャズ・ミュージシャンとのコラボレーションなど多彩な活動を展開。2007年にはロンドンの音楽の殿堂ウィグモア・ホールでリサイタルを行い絶賛を博した。また第一生命ホールで若い演奏家のための「アドヴェント・セミナー」などのプロデュースも行う。第17回中島健蔵音楽賞、第55回文化庁芸術祭新人賞受賞。 現在、静岡AOIレジデンスクヮルテットメンバー、長崎OMURA室内合奏団アーティスティック・アドバイザー、霧島国際音楽祭講師、東京藝術大学音楽学部教授。

 

チェロ:河野文昭(教授)

〈プロフィール〉
京都市立芸術大学音楽学部卒業。京都音楽協会賞、京都市芸術新人賞、京都府文化賞、京都音楽賞、大阪府文化祭賞など受賞多数。1981年第50回日本音楽コンクール第1位。82年文化庁在外派遣研修員として米国ロサンゼルスへ留学。83~84年、ウィーン国立音楽大学にて学ぶ。83年ガスパール・カサド国際チェロコンクール・ファイナリスト。帰国後オーケストラ共演、独奏や室内楽に幅広く精力的な演奏活動を行う。アンサンブルofトウキョウおよび紀尾井ホール室内管弦楽団の創立メンバー。2004年「ルチアーノ・ベリオ:セクエンツァ全曲演奏会」に出演し《セクエンツァXIV》を日本初演。現在、東京藝術大学音楽学部教授、東京藝術大学演奏藝術センター長。

受講内容 1人あたり約40分の公開レッスン。
受講生のレベルにあわせた実技指導を行います。
 応募資格 小学4年~中学2年生
※師事している先生の許可を事前に得ること
募集定員 チェロ部門:2名
ヴァイオリン部門:4名
※動画・書類審査により選抜されます。
受講曲 自由曲:10分程度(協奏曲等の一部可)
※伴奏者はこちらで用意いたします。
応募方法

2018年度から応募方法は2段階方式となっています。
まずは下記申込フォームの画面に従って、申込者IDとYouTube動画のURLを登録してください。

受講生となった場合の受講希望曲もあらかじめご検討の上、お手続きを開始してください。

[主な登録内容]
・申込書ID(受講するご本人のイニシャル+生年月日)
・学年
・審査音源の曲目(1曲・自由曲)およびURL
・受講希望曲(第3希望まで)

次に、必要事項の入力後に表示される「受講申込書」をダウンロード・記入し、申込書に記載された提出先に送付してください。

 

申込フォームはこちら≫  募集は締め切りました

申込期限 2019年7月19日(金)
審査結果 発表は受講可否通知の発送をもって代えさせていただきます。
※開催日の1ヶ月〜3週間前までに郵送にて通知予定
参加費 無料(交通費等は自己負担。レッスンは一般公開となります。聴講無料)

お問合せ

東京藝術大学音楽学部 早期教育リサーチセンター
〒110-8714  東京都台東区上野公園12-8
電話 050-5525-2588(平日11:00‐17:00)
FAX 03-6863-7515
主催 東京藝術大学音楽学部・和歌山県立図書館
注意事項

※事前にYouTubeへの動画アップロードが必要です。
※YouTubeへのアップロードは必ず「限定公開」に設定してください。
2018年度より新しくなったアップロードの手順と注意事項はこちらを必ずご参照のうえお申し込みください。
※動画は、スマートフォンや家庭用のビデオで撮影したもので応募できます。
※動画は、開催日よりさかのぼって1年以内に録画したものに限ります。上記の条件を満たしたものであれば、既存の動画(発表会やコンクールなど)でも応募できます。
※審査音源に登録できるURLは原則的に1件です。
※受講希望曲は、動画の演奏曲と異なる曲でも構いません。

※申込フォーム内でメールアドレスをご入力いただきますが、docomo、ezweb、softbankなどの各キャリアのメールアドレスは、迷惑メール対策などで申込完了の通知が弾かれ、届いていないとのご報告を頂いております。「※※※@ml.geidai.ac.jp」および「※※※@ms.geidai.ac.jp」からのメールを受信できるよう予め設定してください。