東京藝術大学 東京藝術大学入試情報サイト SDGs 共創の場 ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大フレンズ 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ

「TURN in HAVANA 2024」参加アーティスト募集/Exciting opportunities for artists. Apply now for “TURN in HAVANA 2024”

2024年07月11日 | 全て, 大学全般, 学生生活

English

東京藝術大学 学生、卒業生・修了生の皆様

芸術未来研究場より、ハバナビエンナーレで展開するTURNプロジェクトのアーティストを募集しています。
応募締切は、2024年7月15日(月)です。
以下のURLより、プログラムの解説動画もご覧いただけます。
奮ってご応募ください!

【TURNに関する動画・藝大公式Youtubeチャンネル】
TURNプロジェクトとは ※出演:日比野学長 ほか
ハバナビエンナーレ2019参加アーティストのインタビュー ※ゲスト:林奈緒子

募集要項PDF
(「日本の伝統的な技術や作法」は、まだ習得していなくても、ハバナ渡航前までにできるようになるプランであれば、応募可能です。)

◆TURNとは
TURNは、障害の有無、世代、性、国籍、住環境などの背景や習慣による違いや共通することと向き合い、一人ひとりのその人らしさを見出していくアートプロジェクトです。様々な国のルーツを背景にもつアーティストが、各国特有の文化を生かして地域
の人と交流を行い、色々な気付きを通して、互いに認め合う社会を築いていきます。

◆ハバナ・ビエンナーレについて
今年40周年を迎えるハバナ・ビエンナーレは、設立当初の思いや植民地解放の意志に基づきながら、移りゆく時代に合わせ、その視野を広げ続けています。第15 回目の開催となる今回のビエンナーレは、これまでの軌跡を見つめ直し、対話と協働を重ねながら、新しい関係性を築いていきます。
お問い合わせ:
turn.info@ml.geidai.ac.jp

Exciting opportunities for artists. Apply now for “TURN in HAVANA 2024”

Dear students and graduates of Geidai

Geidai PARK is pleased to announce an open call for artists to participate in the TURN Project in Havana Biennial. The deadline for applications is Monday, July 15, 2024. Please click on the link below to view a video explaining the program. 

【Video・Geidai YouTube】
About “TURN Project” 
※Speaker : Katsuhiko Hibino (President of Tokyo University of the Arts) and others

Interviews with artist participating in Havana Biennial 2019
※Guest : Naoko Hayashi

Application Guidelines PDF
(If you have not yet mastered “Japanese traditional techniques and manners,” you may still apply as long as you are able to do so by the time you travel to Havana.)

◆About TURN
TURN is an art project that seeks to discover each person's individuality by confronting differences and similarities due to backgrounds and customs such as disability, generation, gender, nationality, and living environment. Artists with roots in various countries will interact with local people by utilizing the unique culture of each country, and through various realizations, build a society that recognizes each other.

◆Havana Biennial
The Havana Biennial, since the maturity of its four decades, faithful to its founding assumptions and its decolonizing will, continues to reformulate its discursive assumptions and broaden its vision. In 2024 the Biennial will reach its 40th anniversary, which they will celebrate with the realization of its fifteenth edition. They propose to analyze its trajectory, return to and rethink some of the issues that have characterized it, and create new networks of communication and collaboration.
Contact:
turn.info@ml.geidai.ac.jp