学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年

藝大オペラ第61回定期公演 W.A.モーツァルト フィガロの結婚

| TOPページに表示

藝大オペラ第61回定期公演 W.A.モーツァルト フィガロの結婚 

詳しくはこちら(チラシPDF 0.92MB)

日時 2015年(平成27年)10月3日(土)・4日(日)
14:00開演(13:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

全席指定
S席 5,000円、バルコニー席 4,000円

※就学前のお子様の同伴、入場はご遠慮いただいております。

チケット取り扱

東京芸術大学生活協同組合(店頭販売のみ)
TEL : 03-3828-5669

ヴォートル・チケットセンター
TEL:03-5355-1280 http://ticket.votre.co.jp/

東京文化会館チケットサービス
TEL:03-5685-0650  http://www.t-bunka.jp/ticket/

チケットぴあ TEL:0570-02-9999  http://t.pia.jp/
《Pコード:268-641 *2日間共通》
(一部携帯電話・PHS・IP電話はご利用いただくことができません)

イープラス(e+)  http://eplus.jp/

主催

東京藝術大学音楽学部
藝大オペラプロジェクト実行委員会
東京藝術大学演奏藝術センター

助成

公益財団法人 青山財団
藝大フレンズ
東京藝術大学音楽学部同声会
東京藝術大学音楽教育振興会

特別協賛

カルビー株式会社

お問い合せ 東京藝術大学演奏藝術センター
TEL:050-5525-2300

藝大オペラ 第61回定期公演
W.A.モーツァルト   フィガロの結婚

台本/L.ダ・ポンテ

4幕のオペラ・ブッファ  原語上演・字幕付き

指揮/ステーファノ・マストランジェロ
演出/直井 研二

 

◆第1日 2015年10月3日(土)
Cast
アルマヴィーヴァ伯爵:青木 海斗
伯爵夫人:髙品 綾野
スザンナ:横森 由衣
フィガロ:白石 陽大
ケルビーノ:山下 裕賀
マルチェッリーナ:吉田 貞美
バルトロ:長谷川 顯
バジリオ:川上 晴央
ドン・クルツィオ:持齋 寛匡
バルバリーナ:藤井 冴
アントニオ:谷 友博
二人の娘(花娘):吉田 早奈恵・大森 彩加

 

◆第2日 2015年10月4日(日)
Cast
アルマヴィーヴァ伯爵:堤 智洋
伯爵夫人:徳山 奈奈
スザンナ:竹田 舞音
フィガロ:髙崎 翔平
ケルビーノ:野間 愛
マルチェッリーナ:中島 郁子
バルトロ:清水 那由太
バジリオ:持齋 寛匡
ドン・クルツィオ:川上 晴央
バルバリーナ:佐々木 美歌
アントニオ:萩原 潤
二人の娘(花娘):鈴木 美郷・前島 眞奈美

 

合唱:東京藝術大学音楽学部声楽科3年生
管弦楽:藝大フィルハーモニア(東京藝術大学管弦楽研究部)

 

 

◆ご挨拶
「藝大オペラ定期公演」は今年61回を迎えます。1956年に開催した第1 回公演
G.ヴェルディの《椿姫》から現在に至るまで、多くの方の厚いご理解によって支えられ、一度として途切れることなく継続して参りました。今回も皆様への深い感謝と共に、学生の夢や希望が将来現実のものとなるよう、総力を結集して準備を進めております。素晴らしい音楽の魅力と時空を超えて繰り広げられる社会構造、男女の機微、そして赦しの美などをこの秋藝大奏楽堂で奏でられる《フィガロの結婚》で、どうぞご堪能ください。

 

STAFF
♢装置 川口 直次 ♢照明 奥畑 康夫
♢衣裳 西原 梨恵 ♢振付 安達 悦子
♢音響 岩崎 真  ♢舞台監督 佐藤 公紀 
♢演出助手 小野寺 東子 
♢字幕 とよしま 洋
♢合唱指揮・副指揮 千葉 芳裕
♢副指揮 佐藤 宏充
♢コーチ 
 田中 梢(チェンバロ) 大藤 玲子  山口 佳代
♢コレペティートル 三ツ石 潤司
♢原語指導 エルマンノ・アリエンティ

 

STORY
18世紀の後半、セビリャ近郊の領主アルマヴィーヴァ伯爵邸での一日の出来事。

第一幕 伯爵邸の一室
 早朝。小間使いのスザンナとの結婚を今夕に控えたフィガロは、主人である伯爵がスザンナを自分のものにしようとしていることを知り、彼女を守る決意をする。フィガロとの結婚を夢見る女中頭のマルチェッリーナ、伯爵お気に入りの娘にまで手をつけた小姓ケルビーノ、スザンナを手に入れたい伯爵らが次々と現れ、混乱。ついに伯爵は、自由奔放に振る舞うケルビーノに罰として軍隊行きを命じる。

第二幕 伯爵夫人の部屋
 伯爵夫人は夫の愛がさめたことを嘆く。伯爵をこらしめるため、フィガロは女装させたケルビーノと伯爵とを密会させ、その現場を夫人が取り押さえる、という計画を思いつく。これなら伯爵の邪悪な心を押さえ込み、スザンナと自分の結婚式も無事執り行われるはずだと自信満々。だが、ケルビーノの女装の最中にまさかの伯爵の登場。事態は混乱の極みへ。

第三幕 大広間
 伯爵夫人はフィガロの計画を変更し、自らスザンナに変装して伯爵と密会することを決断する。一方フィガロは借金裁判に負け、マルチェッリーナとの結婚が避けられない状況に、と誰もが思った瞬間、予想外の展開が。やがて結婚式が始まり、厳かな踊りの中、スザンナは夫人の言いつけ通り密会の場所を書き記した手紙を伯爵にそっと手渡す。

第四幕 伯爵邸の夜の庭園
 伯爵が受け取った手紙がスザンナからのものだと知ったフィガロは、愕然とする。彼はスザンナに裏切られたと思い込み、仕返しをするため密会の場所に隠れる。そこに衣裳を取り替えたスザンナと伯爵夫人が現れ、女たちの一世一代の芝居が幕を開ける。はてさて、この長い一日どのような幕切れとなることやら。

 

 

※スケジュール・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

交通案内

奏楽堂 地図

東京藝術大学奏楽堂 [大学構内]
〒110-8714 東京都台東区上野公園12-8

■JR上野駅(公園口)・鶯谷駅(南口)、東京メトロ千代田線根津駅より徒歩10分
■京成線上野駅、東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より徒歩15分
■台東区循環バス「東西めぐりん」
 【2】上野駅・上野公園 から(東京芸術大学経由)⇒【5-1】東京芸術大学下車[30分間隔]

※駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください