NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

宇津木安来 第二回博士リサイタル・研究報告(日本舞踊)

| TOPページに表示

宇津木安来 第二回博士リサイタル(日本舞踊)

詳細はこちら

日時 平成29年2月6日(月)
19:00開演(18:30開場)
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料 無料
研究協力 ナックイメージテクノロジー
運動科学総合研究所
お問い合せ geidai.nichibu@gmail.com 
TEL:050-5317-7309

宇津木安来 Annla Utsugi
東京藝術大学大学院音楽研究科 博士後期課程(日本舞踊)
第二回 日本舞踊リサイタル

◆実技発表
長唄 娘道成寺

◇助演
唄   今藤龍之右、杵屋勝四寿、杵屋正則
三味線 杵屋勝十朗、松永直矢、東音山内美穂
お囃子 打物:藤舎呂凰、望月左太寿郎、梅屋喜三郎
       望月左喜十郎、住田福十郎、山口晃太朗
    笛:藤舎推峰

◆研究報告
日本舞踊における「体幹部」の技法分析
~モーションキャプチャーを用いて~

◇研究内容
これまで日本舞踊では、「手足頭」の動きから構成される「ふり」の技法が研究・伝承の中心となってきた。これに対し、本研究ではこれまで注目されてこなかった「体幹部」の技法を日本舞踊の基盤となる重要な技法として捉え、その具体的な運動構造を明らかにすることを目的としている。本報告では、昨年に続き、博士課程二年目の研究成果の経過報告を、実技を交えつつ行う。

◆プロフィール
宇津木 安来(うつぎ あんら)
平成2年生まれ。11歳より日本舞踊を始め、宗家藤間流 藤間洋子氏に師事。
16歳で藤間勘洋舞の名を許され、19歳で宗家藤間流師範修得。
平成20年、東京藝術大学音楽学部邦楽科日本舞踊専攻に入学。
同大学大学院音楽研究科邦楽専攻修士課程、研究員を経て、現在、博士課程2年に在籍中。
運動科学総合研究所芸術研究員。
博士課程の研究テーマは、日本舞踊における「体幹部」の技法分析~モーションキャプチャーを用いて~。

 

 

※スケジュール等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください

 

交通案内

奏楽堂 地図

JR上野駅(公園口)・JR鶯谷駅(南口)、
東京メトロ千代田線根津駅より        徒歩10分

京成線上野駅、
東京メトロ日比谷線・銀座線上野駅より    徒歩15分

台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園から(東京芸術大学経由)【5-1】東京芸術大学 下車[30分間隔]

駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8