NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

弦楽シリーズ 2017 ショスタコーヴィチの肖像

| TOPページに表示

弦楽シリーズ 2017 ショスタコーヴィチの肖像 

詳細はこちら(チラシPDF 2.0MB)

日時 2017年5月21日(日)15:00開演(14:15開場)
14:30~プレトーク
会場 東京藝術大学奏楽堂(大学構内)
入場料

2,000円(全席自由)
※未就学のお子様の同伴・入場はできませんので、ご了承ください。

主催 東京藝術大学演奏藝術センター
東京藝術大学音楽学部
チケット取り扱い

東京芸術大学生活協同組合 (店頭販売のみ)
TEL:03-3828-5669

ヴォートル・チケットセンター
TEL:03-5355-1280 http://ticket.votre.co.jp

チケットぴあ
TEL:0570-02-9999 http://t.pia.jp
《Pコード:327-288》

イープラス(e+) http://eplus.jp

 

*東京文化会館チケットサービス では、現在販売しておりません。

 

 

東京藝術大学 130 周年記念(公式プログラム)
弦楽シリーズ2017
ショスタコーヴィチの肖像
2017年―1917年 ロシア革命から100年

 

 「東京藝術大学弦楽シリーズ2017」は、オール・ショスタコーヴィチ・プログラムです。戦争と革命の20世紀、2度の大戦とともに、音楽・芸術に多大な影響を与えたのが、ロシア革命(1917)とその後の共産主義ソ連(1922-1991)の成立でした。その体制下で権力への奉仕、イデオロギーの賛美を求められ、粛清の恐怖と葛藤の中で作曲を続けたドミートリイ・ショスタコーヴィチ(1906-1975)。外向きの装いの顔、暴力、諧謔、暗号のように潜ませた内なる声、言葉にならない感情、素朴な人びとの悲喜、そして変わらない自然。音楽という表現の重層のなかに込められた、人間の、世界のありさまは、時代を超えて私たちに多くのメッセージをなげかけているように思います。世界の空を見上げると、分断と不寛容の雲がたれこめる今日、ショスタコーヴィチの音楽は皆様の心にどのように届くでしょうか。じっくりとお聴き頂ければ幸いです。

東京藝術大学音楽学部器楽科弦楽専攻主任・准教授 玉井 菜採

 

█ 曲目 ショスタコーヴィチ:

*Viola 出演者変更のお知らせ(5/1掲載)
 都合により、川﨑 和憲氏から大野 かおる氏に変更となりました。

《弦楽八重奏のための2つの小品》 作品11
Violin:玉井 菜採    漆原 朝子
     野口 千代光    山﨑 貴子
Viola :大野 かおる   市坪 俊彦 
Cello :河野 文昭    中木 健二

《弦楽四重奏曲第8番》 ハ短調 作品110
Violin:漆原 朝子     山﨑 貴子
Viola :大野 かおる
Cello :河野 文昭

《ピアノ五重奏曲》 ト短調 作品57
Violin:野口 千代光 玉井 菜採 
Viola :市坪 俊彦
Cello :中木 健二
Piano:秋場 敬浩

 

 

█ 出演者

漆原 朝子 ヴァイオリン 
Asako URUSHIHARA Violin                     
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校在学中に日本国際音楽コンクールに最年少で優勝。同大学在学中に文化庁派遣芸術家在外研修員としてジュリアード音楽院を卒業。1987年アリオン賞、モービル音楽賞奨励賞受賞。巨匠R.ゼルキンの生前最後の共演者となったマールボロ音楽祭をはじめ、ザルツブルク音楽祭などで国際的に活躍。東京藝術大学音楽学部教授。

 

玉井 菜採 ヴァイオリン 
Natsumi TAMAI Violin                     
桐朋学園大学音楽学部在学中にプラハの春国際音楽コンクール第1位。スヴェーリンク音楽院、ミュンヘン音楽大学マイスタークラスにて研鑽を積む。J. S. バッハ国際コンクール最高位、エリザベート王妃国際音楽コンクール、シベリウス国際Vnコンクールに入賞。文化庁芸術祭新人賞ほか。紀尾井ホール室内管弦楽団コンサートマスター。使用楽器は東京藝術大学所蔵のA.Stradivariusの”Ex Park”(1717)。東京藝術大学音楽学部准教授。

 

野口 千代光 ヴァイオリン 
Chiyoko NOGUCHI Violin                     
ジュリアード音楽院を卒業。ニューヨーク・カーネギー・ホール・ワイル・リサイタル・ホールでデビュー後、東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。ヴィエニャフスキ国際Vnコンクール特別賞受賞。アンサンブル・コルディエのコンサートマスター、紀尾井ホール室内管弦楽団ほかのメンバー。東京藝術大学音楽学部准教授。桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。

 

山﨑 貴子 ヴァイオリン 
Takako YAMASAKI Violin                     
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部卒業、同大学院修了。ヴィンタートゥーア音楽院でゾリステン・ディプロム取得後、文化庁派遣芸術家在外研修員としてロンドンで学ぶ。ティボール・ヴァルガ国際Vnコンクール第1位、パガニーニ国際Vnコンクール第3位受賞ほか。紀尾井ホール室内管弦楽団、アーニマ四重奏団メンバー。東京藝術大学音楽学部非常勤講師。

 

市坪 俊彦 ヴィオラ 
Toshihiko ICHITSUBO Viola                     
東京藝術大学音楽学部卒業、安宅賞受賞。同大学院修了。1992-1994年新星日本交響楽団首席ヴィオラ奏者。澤クヮルテット、紀尾井ホール室内管弦楽団、東京クライス・アンサンブルのメンバー。北西ドイツ・フィルハーモニー管との共演やクープラ音楽祭などに出演。東京藝術大学音楽学部准教授。桐朋学園芸術短期大学・沖縄県立芸術大学非常勤講師。

 

大野 かおる ヴィオラ
Kaoru OHNO    Viola
東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て東京藝術大学音楽学部を卒業。同大学院修了。ターティス国際ヴィオラ・コンクールで2つの特別賞、東京国際音楽コンクール「室内楽」部門第1位・2つの特別賞受賞。在学中よりソロと室内楽を中心に内外で幅広く活躍。アンサンブルofトウキョウ、カルテット・プラチナムなどのメンバー。大阪芸術大学大学院客員教授。東京藝術大学音楽学部・東京音楽大学・洗足学園音楽大学非常勤講師。

 

河野 文昭 チェロ 
Fumiaki KONO Cello                    
京都市立芸術大学音楽学部卒業時に京都音楽協会賞・安部賞受賞。文化庁派遣芸術家在外研修員としてロスアンジェルスに留学。さらにウィーン国立音楽大学に学ぶ。1981年日本音楽コンクール第1位、1983年G. カサド国際Vcコンクール、ファイナリスト。紀尾井ホール室内管弦楽団と東京クライス・アンサンブルのメンバー。使用楽器はN.リュポーの“Ex Mercadier(” 1822)。東京藝術大学音楽学部教授。

 

中木 健二 チェロ 
Kenji NAKAGI Cello                    
東京藝術大学音楽学部を経てパリ国立高等音楽舞踊院とベルン高等音楽院を首席で卒業。2010-2014年仏国立ボルドー・アキテーヌ管弦楽団首席奏者。第5回ルトスワフスキ国際Vcコンクール第1位、FLAME音楽コンクール第1位ほかを受賞。紀尾井ホール室内管弦楽団メンバー。使用楽器はNPO法人イエロー・エンジェルより貸与されている1700年製のG.グァルネリ。東京藝術大学音楽学部准教授。

 

秋場 敬浩 ピアノ 
Takahiro AKIBA Piano                    
東京藝術大学音楽学部を首席で卒業。アリアドネ・ムジカ賞、安宅賞、アカンサス音楽賞受賞。同大学院に進み、博士後期課程修了。博士号取得。ロシア国立チャイコフスキー記念モスクワ音楽院研究科修了。東京のオペラの森2008、エイヴェレ国際ピアノ音楽祭(エストニア)、コミタス国際音楽祭(アルメニア)などにリサイタル出演。東京藝術大学音楽学部非常勤講師。

 

 

※スケジュール・曲目・出演者等は都合により変更となる場合がありますので、ご了承ください。

 

 

 

交通案内

奏楽堂 地図

 

 

JR 上野駅(公園口)・J 鶯谷駅(南口)、
東京メトロ千代田線 根津駅より徒歩10分

京成線 京成上野駅、
東京メトロ日比谷線 上野駅、
東京メトロ銀座線 上野駅より徒歩15分

台東区循環バス「東西めぐりん」
【2】上野駅・上野公園から(東京芸術大学経由)【5-1】東京芸術大学 下車[30分間隔]

駐車場はございませんので、お車でのご来場はご遠慮ください

所在地:〒110-8714東京都台東区上野公園12-8