学長宣言2016 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ クリストファ・N・野澤氏旧蔵のSPレコードコレクションを救え 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミー新設2017年4月開校 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ

カリキュラムポリシー

学部

 美術学部では、美術に関する各分野において本校の長い伝統のなかで培われた創造性を身につけ、新たなる時代に対応し、優れたオリジナリティを発揮できる人材の育成を目的としている。そのために美術学部では科・専攻ごとの特性を最大限に尊重したカリキュラムを編成しているが、全科・専攻に共通する要項は以下のとおりである。

1. 美術に直接関連のある基礎知識や理論、技法等を学び、専門教育の糧とする(専門基礎科目)。
2. 専攻分野について、専門家となるために必要な知識、理論、技法等を学び、創造性を磨く(専門科目)。
3. 芸術感覚、歴史感覚、国際感覚、社会感覚を培い、人間と文化を総合的にとらえる眼を育てる
(教養科目)。
4. 創造・研究活動を行ううえで必要とされる健やかな心身を養う(保健体育科目)。
5. 国際的な人的、知的交流を図るために必要な言語能力を養う(外国語科目)。
6. 近畿地方等の古美術を実地に見学、研究することにより、美術・工芸に関する基礎的視野を広げ、各自の研究に資する(古美術研究旅行)。
7. 上記における学習を集大成し、成果を発表する(卒業制作・卒業論文)。