NEXT 10 Vision 東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ 国際芸術創造研究科アートプロデュース専攻 大学院美術研究科グローバルアートプラクティス専攻 上野「文化の杜」新構想推進会議 ワーキンググループ 東京藝大クラウドファンディング 東京藝術大学130周年 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan

カリキュラム・ポリシー

美術学部(学士課程)

 美術学部では、ディプロマ・ポリシーを実現し、優秀な人材を育成するために、実技科目や演習等に重点を置いた実践的な少人数教育を行うことが最大の特徴となっています。カリキュラムは以下の分類に従っていますが、各科および専攻の特性を最大限に尊重して編成を行い、卒業要件等も定めています。なお、教職や学芸員等の資格についても、別途カリキュラムを設定しています。

1. 各美術分野において専門家となるために必要な科目(専門科目)
2. 芸術の諸分野において共有される創造性の基盤となる科目(専門基礎科目)
3. 近畿地方等の古美術を実地に見学研究する科目(古美術研究旅行)
4. 社会や文化を総合的に捉えるための科目(教養科目・外国語科目)
5. 創造や研究活動を行う上で必要な身体を養う科目(保健体育科目)
6. 上記を集大成し、成果を発表する科目(卒業制作・卒業論文)

 各科目の評価方法についてはシラバスに明記していますが、実技科目では複数の教員が参加する講評会における判断を重視し、さらに卒業制作については外部に開かれた展覧会を実施して、教育成果を広く公開・発信しています。

(平成29年度から)

平成28年度までのカリキュラム・ポリシー