東京藝術大学入試情報サイト http://admissions.geidai.ac.jp/ NEXT 10 Vision ily 藝大アートプラザ 東京藝大クラウドファンディング 藝大レーベル / GEIDAI LABEL supported by Warner Music Japan グローバル 藝大基金 藝大フレンズ 古本募金 早期教育 東京藝術大学ジュニア・アカデミ JOBANアートライン AMS 藝大Twitter 藝大instagram 藝大Facebook 動画で見る東京藝術大学

「藝大アーツイン丸の内2020」開催のお知らせ

2020年10月16日 | イベント, プレスリリース, 全て, 大学全般

三菱地所株式会社および東京藝術大学は、10月24日(土)〜31日(土)までの期間、丸ビルにおいて「藝大アーツ イン 丸の内 2020」を開催します。

本年で第14回目の開催となる「藝大アーツイン丸の内」は、テーマをアートワクチンと題して、ポストコロナの社会を強く支える次世代のアーティストとそのプロジェクトの発掘を試みます。東京藝術大学が放つ若い芸術の力を丸の内から広く社会へ発信するとともに、日本の文化発信への更なる貢献を目指します。

本年度の新しい試みとして、マルキューブで行われるパフォーマンスをYouTubeでライブ配信いたします。ご来場できない方もライブ配信でお楽しみください。
>> チラシPDF
>> YouTubeライブ配信

アートワクチン

今、この時、この瞬間にもコロナで苦しみ、命を奪われる人々が世界中で後を立たない。それを行きすぎた人間の文明活動への警鐘だという人もいるだろうが、恢復する確実な方法も見つからぬまま人々が長い間かけて築き上げてきた地球のつながりそして日々の営み、明日への希望の多くを奪っていることは事実である。その現実を前にして、私たちを別の病が蝕もうとしている。絶望である。世界規模の危機を前にして自らの力の無さばかりに目を留め可能性を信じる力を時として人は忘れてしまう。

歴史を振り返っても、このようなパンデミックの時代に私たちを未来へと再び奮い立たせたのは決して萎えることのない心の力であり、芸術はいつもその瞬間に寄り添うワクチンであり続けた。音楽を奏でる一つ一つの音、イメージを作る線や色彩、人々に問いかける言葉の塊、それらは危機に跪こうとする私たちにもう一度立ち上がる力を与えてきた。

今年の藝大アーツイン丸の内は、心のワクチンとしてのアートの力を力強く発信していきたい。

伊東順二(東京藝術大学社会連携センター特任教授、総合プロデューサー)

開催期間

2020年10月24日~31日(8日間)

テーマ

アートワクチン

会場 メイン会場:丸ビル(Marunouchi Building)
〒100−6390 東京都千代田区丸の内2-4-1
1階 マルキューブ/3階 回廊/7階丸ビルホール
プログラム >> 丸の内ドットコム
ライブ配信 >> YouTubeライブ配信
入場料 無料
主催 三菱地所株式会社、東京藝術大学
共催 東京藝術大学COI拠点 文化外交・アートビジネスグループ
協賛 アップリカ育児研究所
協力 スタインウェイ・ジャパン株式会社、株式会社ハコスコ、株式会社AGホールディングズ
問い合せ
社会連携センター
TEL 050-5525-2403